旅するタヌキ 

市川市文化会館 のガイド記事。

,

市川市文化会館

http://www.tekona.net/bunkakaikan/index.php

江戸川を挟んで東京都江戸川区と堺を接する千葉県の面玄関「市川市」の誇る大型施設。

県下有数の収容人員1945人!を誇る大演芸場、448人収容の小演芸場、大小2つの劇場と、多くの施設を有する「市川市の総合伝統文化センター」

市川市文化会館のあらまし。

市川市文化会館は大・小のホールをはじめ、展示室、茶室、華道室、会議室などを備えた芸術文化の拠点です。
近郊でも有数の施設と設備を持つ会館として、同時に、趣向を凝らした魅力ある企画事業を主催する会館として多方面から評価をいただいております。<公式サイトより引用>

千葉県の面玄関「市川市」の誇る県下有数の規模を誇る「伝統芸能文化センター」

市川市文化会館のロケーション。

  • 所在地   千葉県市川市大和田1-1-5

県堺の江戸川と総武本線のほぼ真ん中、本八幡駅に通じる千葉県道6号線に面した施設。

近くには、千葉県市川市役所、千葉県警察本部市川警察署、千葉県立現代産業科学館、千葉家庭裁判所市川出張所、等の公共施設、ニッケコルトンプラザ等の大型商業施設があり、千葉県の面玄関と成っている。

市川市文化会館これまでの歩み。

1985年11月3日に開館

市川市文化会館がお得意のジャンル。

大ホール

ポップス関係のコンサートやミュージカル、エンタテイナーのワンマンショウ、懐メロ歌手の歌謡ショー、までジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

プロ以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

小ホール。

伝統芸能・演芸以外にも、中国曲技団など幅白く利用されている。

市川市文化会館の公演チケット情報。

大ホールで催されるコンサート情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

ローチケHMV該当ページへのリンクはこちら。

小ホールで催されるコンサート情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

ローチケHMV該当ページへのリンクはこちら

市川市文化会館へのアクセス。

JR東日本総武緩行線本八幡駅南口より徒歩約10分。
都営地下鉄新宿線本八幡駅A3出口より徒歩約10分。
京成電鉄京成八幡駅より徒歩約15分

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色。

(詳しくはこちら公式ページ)

両ホールとも、脇花道を設備し、伝統芸能を強く意識した「ショウビジネス」用劇場。

大ホール(詳しくはこちら)

さらには196.34平方メートル(約119畳!)という立派な「天井の高いホール本体より立派」な音響設備のリハーサル室を持ち、脇花道部分の平土間部分には可動床設備を持つ立派なオーケストラピットがあったり、コンサートホールというよりはむしろミュージカルなどの「ショウビジネス」を強く意識したデザインのホールである

トータルではエコールーム(※1)に通ずるデザインの多目的ホールだが、この音響?で可変プロセニアム+脇花道、スライディングステージを持つ二面舞台相当の広いステージ、や大迫り・小迫り等という立派な舞台設備をもち、伝統芸能もやる気満々の妙なホールである。

客席最後列「大向こう」に当たる部分は「大きな開口部を持つブロック材」で表装された「全面吸音壁」でエコーの嵐を緩和し、伝統芸能にも対応しようとはしているが...。

小ホール(詳しくはこちら)

こちらも、61.2㎡(37畳)の広さを持つ立派な専用リハーサル室を持つ、小劇場?

大ホール同様に、「大向こう席」の背後の壁は吸音壁仕様、脇花道や一間立派に見える?能舞台セットを常備して伝統芸能に対応する姿勢は見せているが...。

本来反響のない野外で催される「能狂言」のこと、この「エコールーム仕様」では、演者の観衆もゆったり「霊元の世界」等に慕ってはおられ無いだろう!

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 市川市文化会館/市川市。
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)市川市文化振興財団/市川市。
  3. 開館   1985年11月3日に開館
  4. 設計  
  5. ゼネコン 
  6. 内装(音響マジック) 

大ホール

  1. ホール様式 、。『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   2フロアー 固定席1,945席、車イス10席1・2階テラス席(桟敷席)、可動床、1階平土間中央部千鳥配列、あゆみ板、
  3. 舞台設備 二面舞台、相当幅46.5m 奥行19.4m プロセニアムアーチ:幅20m 高さ10~6m(可変)脇花道、ブドウ棚(すのこ)、可動プロセニアム、可動反響版、

    オーケストラピット迫り 96.73平方メートル(席数158席)
    スライディングステージ 幅3.6m 長さ37.2m
    大迫り 幅3.6m 長さ10.8m
    小迫り 幅1.2m 長さ2.7m

  4. その他の設備、楽屋x6、リハーサル室
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

小ホール

  1. ホール様式 『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   1フロアー 収容人員 448人(車椅子席6、難聴者席9含)
  3. 舞台設備 幅22.3m 奥行13.2m 、プロセニアムアーチ:幅13m 高さ6m、脇花道、迫り 幅1.8m 長さ4.5m、ブドウ棚(すのこ)、可動反響版、
  4. その他の設備 、楽屋x4、リハーサルルーム、
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

付属施設・その他(詳しくはこちらとこちら)

  • 付属施設 、展示室、練習室x3、会議室x6、和室、茶華道室、井上ひさし記念室。

デジタヌの独り言。

市川の誇る、大・小2つの巨大エコースタジヲ?

※1,エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら。。

公開:2017年12月14日
更新:2018年2月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

京葉銀行文化プラザ・音楽ホール ー財政改革の名の下に「無残にも切り捨てられ」断罪(廃館)に処せられた文化施設の哀れな顛末とはTOP浦安市文化会館 のガイド記事。




▲このページのトップに戻る
▲千葉県へ戻る