音楽便利帳

《 演奏家に贈る ホール選びのコツ 》第2回 " コンサートホール 品定 めの着耳点"  

,

コンサートホールを予約する前に、ご自分の"目"と耳"で「ホールの品定め」をなさって見てはいかがでしょうか?

アーティスト&オーディエンス双方にとって、満足のいく銘ホールを「見極める」」ポイントをまとめてみました。

序曲 奏者・聴衆を定在波から守る備えは十分か?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Top"にジャンプ出来ます!

過大な 初期反響 (※00)は諸悪の根源です、初期反響の緩和・回避策がしっかりなされているか、品定めしてください。

※00、ホールでの過大な初期反射による音響障害 はこちら。

※ここをクリックするとこのページの" 目次Top"にジャンプ出来ます!

《 演奏家に贈る ホール選びのコツ 》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

第1回 音の良いホールとは!  

「H・V・カラヤン」さんが誉めたホールだからと言って優れたホールとは限りません! 来日有名団体の公演が無くても、素晴らしいホールは幾つもあります!

第3回 欧風シューボックスホールに見掛け倒しが多い理由!とは... 

コンサートホールを予約する前に、ご自分の"目"と耳"で「ホールの品定め」をなさって見てはいかがでしょうか?

《 演奏家に贈る ホール選びのコツ 》ー シリーズその2 ー

ディティール処理の見分け処

左右の壁が平行していて「ツンツルテンで垂直」のホールは避けましょう!

平行壁は重大な健康障害を生じる「定在波」の引き金となります。

側壁どうしが並行していなければ定在波は発生しません!

音も光と同じようにマジックミラーの部屋で「鏡に映った自分」を見ているのと同じように、平行した壁の間では、何度も反射を繰り返しいつまでも無くなりません!

※クリックすると階大画像が見られます。

standing_wave.jpg

なので壁面間では両端にゼロクロスポイント(節目)がある定在波(※01)が生まれます。

定在波が発生していなくても壁面では常に音圧が"0"となる点つまり音が全くしない「ミステリーピット・心霊スポット、?」(※02)が生じています!

片耳を壁面に耳近ず僅かに(数mm)離してみれば音が極端に小さくなっていることを実感できます。

※画像をクリックすると拡大できます。

echo_sound.jpg

更に護岸工事された公園の池の畔やプールなどで水打ち際では「さざ波」が消える事でも確認できます。

参※01)当サイト関連記事 第2節 平行する壁面間で起こるエコーが原因 はこちら。

参※02)当サイト関連記事 『第2節 定在波音響障害とよく似た釣鐘現象 はこちら。

床面から人の背丈位の1.8m以下の壁面が次のようになっていれば問題はありません!

壁面が僅かにスラント(傾き)処理されているか?

壁面が「外反」か「内傾」スラント処理されていれば、左右の両壁間の平行はキャンセルされ、定在波は生まれません!

大きなアンギュレーション(屈曲)が施されているか?

1間(約1.8m)幅以上のパネルがアンギュレーション(屈曲)設置されていれば100Hz以上の可聴音域(20~20kHz)内の殆どの低音域では定在波は生じませんが...

100Hz以下の、ピアノの最低音域やダブルベース、バスドラム等の低音楽器の音(重低音)には効果がありません。

だから、アンギュレーション壁面でも「スラント処理は必須条件」となります。

※特に、背後が狭まった「台形ステージ」ではない、平行壁に囲まれた「長形ステージ」では必須です!

壁面処理は適切か?

壁面の素材・形状などの壁面処理は重要な要素です。

強い壁面反射(初期反響)は、「耳障り」なだけでなく、エコーとなって方向感覚を狂わせ「ホール酔い 現象 (※03)」を引き起こし更には「何時までも無くならないエコー」は"定在波傷害?"の引き金ともなってしまいます。

参※03)当サイト関連記事 『第2章 過剰なエコーが引き起こす音響障害「恐怖感」と「ホール酔い」 はこちら。

過剰な壁面反響を防止するには

以下の手法が初期反射軽減(※04)に効果的です。

参※04)当サイト関連記事 『第2節 側壁からの反響の影響と対策 はこちら。

a)木壁かどうか?

木質パネルの使用は可聴音全帯域 20~20KHzに有効に働き、壁からの反射音を和らげてくれます。

b)アクースティック・グルービング(音響・溝加工)材

ひらたく言えば、深さの異なった、「沢山の溝」を切ってあるパネルで通常3KHz以上程度の高い音(波長の短い)高域音に特に効果的に働きます。

c)縦桟で表装された木質プレート

最近流行りの手法で、平らな木質パネル(合板)に細かい数㎝の縦桟(さん)を間隔を変化させて張り付けて、(b)と同じような効果を狙った表装材です。

d)縦格子を用いた2重壁

ホール内壁から少し浮かせて縦格子の内壁をあしらった2重壁。

※4. 直接音、初期反射音、残響音についての(株)エー・アール・アイさんの解説はこちら。

低い天井からの反響音の影響

2.5m以下の天井では、天井の反響音(特設音のディレー音;リバーブ音)が強く、「直接音」の「音像」がボヤケ「定位」が悪い「声の通り」の悪いホールとなってしまいます!

階下に対する「オーバーラップ」の小さい軒先の浅いバルコニーとテラス席

階下のフロアーに覆い被さった「テラスの軒先(軒下)」は屋外なら雨宿りに利用出来ますが?ホールの中では階下の客席に「無用な反響!」を降らせるだけです。

軒(奥行き)の短い、軒の高~いテラス

せいぜい2列程度で奥行きが浅くて、天井まで十二分な高さがある1層テラスか高床桟敷が理想です。

2重3重のテラスは要注意

2重3重のテラスは余程天井が高い、各層の軒高さに余裕のあるホールでないとテラス席が悲惨なエリアとなります。

1階フロアー周囲に「高床桟敷」を巡らせたホール

優れたホールでは、高床にしテラスの軒下は壁で囲って階下に影響しないような作りになっています。

大向こうは通路でしかも高い軒下を持つホールが良いホール

大向こう(最後列・客席背後の壁際)と客席周辺の壁際は通路でなければなりません!

さらに大向こうでは十分な天井高さが必要です、天井が迫っていると音も「息苦しく」なります。

屋根(天蓋)の付いたワインヤードなど持っての他!

2階以上のバルコニーフロアーも、階下の「ホワイエ」の上部にはみ出す様にして出来るだけホール内の階下のフロアーに覆い被さらない様に配慮してあるホールが良いホールです。

ましてや、「日当たりの良い段々畑」であるハズの「ワインヤードタイプ」のホールで頭上に大きく覆い被さる「シェルター型のテラス」など「冗談(上段)」にも成りません!

第1幕 心地よい余韻とは?

残響はホールにとっては「ほんのお化粧程度」の要素でさほど重要ではなく、化粧品(音響拡散体)をたっぷり使用ぢた厚化粧(残凶?過多)のホール(※10)ではかえって不快感が伴います。

参※10)当サイト関連記事 序章 都市伝説「音の良いホール の条件 残響時間2秒以上 」 は本当か?はこちら。

ホールの上部空間デザインが寛容

心地よい適度な後期残響はホール上層部空間(最上層部壁面&天井)での「音の散乱」によて生じます。

所謂、上空から降り注ぐシャワーのような「心地よい余韻」です。

音響拡散体としての調度

壁面の表装

ビクトリア調度の壁面の縁取りやホール内に凸出した装飾柱・装飾梁、格子で覆った2重壁、異形のオブジェなどの「音響拡散体(※11)」がある「丁寧な設え」が心地よい余韻を生みます。

参※11)当サイト関連記事 第3節 音響拡散に用いられる壁面装飾オブジェ"音響拡散体" はこちら。

壁面に「飾り梁」がある「折上がった天井」を持つホールは響きが心地よい

多層階のテラス、そして最上部の空調ダクトなどを利用した「飾り梁」があり、そこから折れ上がって天井に繋がったデザインが良い響きを生みます。

暖かい感触の木で内装されたホールを選びましょう

打ち放しコンクリート壁や煉瓦積み、タイル壁、大理石のような「石材で内装」された壁面のホールは避けましょう!

参※12)当サイト関連記事 『第1節 基本則(禁則)天井や壁面は木材等の軟質・軽量素材で、内壁面に硬質重量材は禁物! はこちら。

重要な「間」と「静寂」

演劇では「間」、音楽では「休符」つまり「静寂」があって初めて「声や音色」が活きてきます。

音がいつまでも鳴り止まないのでは「お間抜け」としか言いようがありません!

木材壁で「装飾だらけのケバい内装」のホールほど良い響きが得られます

飾り立てたロマネスク調やビクトリア調度の「装飾を施した内装」のホールはまず安心です。

大阪・いずみホール(※ホールNaviはこちら)、三井住友海上しらかわホール(※ホールNaviはこちら)、紀尾井ホール(※ホールNaviはこちら)、リリア音楽ホール(※ホールNaviはこちら)等。

流行の剥き出しの照明コラム

最近は、60年代70年代のオールドファッションの「xx市民会館・公民館」の様に、「壁やフード」で覆われていない「剥き出しの照明コラム」設備が流行っていますが、これも立派な音響拡散体として機能しています。

天井の働き

天井から吊るされた、豪華なシャンデリアも単なる調度ではなく「音響拡散体」として有効に働いています。

お寺の様な『組格子天井』に成っているか?

格天井(※13)と言って「格子状の桝目」のある天井が良い響きを生みます。

日本の仏教寺院の本堂・金堂などが意外と心地よい響なのはこのためです。

但し、最近は流行りの隙間を空けたセグメント(分割)天井は「エッジ部分が少なく」あまり効果が期待できません。(※14)

参※13)当サイト関連記事 第4節 伝統的手法『格天井』 はこちら。

※14、セグメント(分割)反響板について。音波は1/2波長より長い対辺長さを持つ反射面からは全反射する為、高い音(音色にかかわってくる波長が17~23mm程度の高調波域15~20KHZ)では、凸部が無いと乱反射(散乱波)は起こらず、逆に55Hz以下の重低音(波長6.2mから17m!)ではセグメント面を無視して天井全体が1つの反射面として働き、散乱するどころか、床面との間で定在波を発生し易くなります。

曲面ないしはスラントした「木で縁取られたバルコニー軒先」を持つホール

テラス・バルコニーは重要な「音響拡散体」でもあり、その先端から豊かな響きに通じる、散乱波が生まれます、だから「真っ平らで垂直で」な軒先は意味がなく、軒先はスラントさせるか「ラウンド加工」し上部に転落防止?を兼ねて「立て格子」のテラスガード(柵)がついているデザインが効果的です。

第2幕 偶数・正多角形のホールは避けましょう!

平土間の正方形・偶数多角堂・長方形ホールは、スロープを利用した「対抗平行面のキャンセル」(※20)が出来ず最悪の状況となります。

真四角や、6角型、8角型、10角型、12角型などの平土間の偶数多角堂は「並行する壁面が多いので初期反射(エコー)がいつまでも鳴り止まず、「銭湯の洗い場」の様なワンワン鳴り響くエコールーム(※21)状態になりやすく、しかもそれがきっかけで定在波も発生し易く、「ミステリーホール(穴)続出」の最悪の形状です。(※22)

参※20)当サイト関連記事  第2節 基本則 ホール内壁から「対抗する並行面」は完全に無す! はこちら。

※21、エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら。※本物のエコールームでは定在波対策(平行壁面対策)はしっかり施されています。

参※22)当サイト関連記事 『建築音響工学総覧 』第8巻 奇妙奇天烈 奇怪 面妖 摩訶不思議 な "迷ホール!"はこちら。

カーテンコール ステージに上がる日曜楽師?の方へ

見栄を張らずに、「上質の小規模ホール」を利用しましょう!

800人前後の小規模音楽専用ホールが狙い目

最近全国に増えた、800人程度の小規模音楽専用ホールが狙い目です。

東京などの大都市にある「有名大ホール」に憧れるより、地元の良質な小規模ホールで「日曜楽師」と、「聴衆」双方が、「心地良い響きで、充実した一時を共有できるホール」を選ぶ事が大切なのでは無いでしょうか?

参※)当サイト関連記事 後世に残したい真の"銘コンサートホール"74選はこちら。

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます >

公開:2017年10月15日
更新:2021年1月 2日

投稿者:デジタヌ


音の良いホールとは! 《 演奏家に贈る ホール選びのコツ 》第1回  TOP首都圏 在住の プロ演奏家 が使う コンサート会場 まとめ


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲音楽練習場 小規模ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る