『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

銘バイオリニストNavi

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

ヤッシャハイフェッツをはじめてする名バイオリニストと彼らの残した貴重な録音媒体・contentの話題を集めたカテコリーのTop menu tableです。

スポンサード リンク

 

若林暢《 Virtuoso Navi 》"神童"から" 名演奏家 "になれた数少ない" 努力の人 !"
《要約》「音楽は悲しみから芽生える」彼女が直弟子などに語った言葉らしいが、彼女の演奏は「決して悲痛な魂の叫び」などではない、「伸びやかで千変万化の音色」とロマンチシズムにあふれた演奏であり「希望・愛」と言った生命力に満ちた「生き生きとした音楽」である。人には何かしらの「自己顕示欲や名誉欲」があるものだが...彼女にとってはそんな事はどうでもよかった!
ギドン・クレーメル《 Virtuoso Navi 》
今世紀の巨匠。若手の後継者育成にも熱心で、自らクレメラータ・バルティカを結成し、ヨーロッパのみならずアメリカでもツアーを行っている。
リチャード・リン《 Virtuoso Navi 》
2013年の前々回第5回仙台国際音楽コンクール(コンクールナビはこちら)で優勝および聴衆賞を受賞。2011年マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール第2位および"ニュージーランドコミッションワークベストパフォーマンス"賞、NTDTV(New Tang Dynasty Television)国際中国ヴァイオリンコンクール第2位、ブラム弦コンクール第1位および全体賞、また、ナショナル台湾音楽コンクール第1位を受賞。
大谷康子《 Virtuoso Navi 》
何十年来変わらぬお姿で「TV」から微笑みかけてこられた、銘ヴァイオリニスト。彼女のファンはTV電波の届く?全国津々浦々にいる。




▲プロアーティストNaviへ戻る

 

ページ先頭に戻る