旅するタヌキ 

草津音楽の森国際コンサートホール のガイド記事

,

草津音楽の森国際コンサートホール

http://www.town.kusatsu.gunma.jp/www/contents/1497599612423/index.html

草津音楽の森国際コンサートホールのあらまし。

草津の湯で有名な草津温泉の草津高原ゴルフ場のすぐ近くにあるホール

「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のメイン会場


このホールにおいて、毎年8月中旬~下旬にかけて「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」(※ガイド記事はこちら)が開催されている。

草津音楽の森国際コンサートホールの公演チケット情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。(来年2018年の草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルまで予定はありません)

ローチケHMV該当ページへのリンクはこちら。(来年2018年の草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルまで予定はありません)

草津音楽の森国際コンサートホールへのアクセス。

  • 所在地  群馬県吾妻郡草津町
  • 最寄りの駅 申し訳ありません1962年に草軽電気鉄道が廃止されて以来近くに最寄り駅はありません!ご不便でも以下のアクセス手段でお越し下さい?
  • 鉄道 - JR東日本吾妻線:長野原草津口駅
  • 路線バス - JRバス関東:長野原草津口駅~草津温泉 - 草軽交通:軽井沢駅~草津温泉
  • 高速バス - 上州ゆめぐり号:東京駅・バスタ新宿~草津温泉、渋谷駅~草津温泉
  • 自動車 - 関越自動車道:渋川伊香保IC - 上信越自動車道:上田菅平ICロマンチック街道利用 - 上信越自動車道:信州中野IC国道292利用。積雪期通行不可

後は草津温泉町内巡回バスをご利用下さい。

この施設のポイント

変形六角形のホール

変形六角形のホールを包むようにテラス席が設けられている。

ホールにはテラス席のほかにステージ後方にコーラス用ベンチがある。

調光型の背面反響板

ステージ後方のコーラスベンチの背面壁(六角形の一辺)は硝子窓になっており、ブラインドを開放すると明かり取りの窓となる。

パイプオルガン

小型のパイプオルガンが設備されている。

ホール音響評価点:51点

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:15点/40点満点(※客席周辺平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:10点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:10点/20点満点

客席配置 16点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、この壁で壁際は地獄?)

詳細情報

  1. 所属施設 草津音楽の森国際コンサートホール。
  2. 運営団体 群馬県吾妻郡草津町
  3. 開館   1991年7月
  4. ホール様式 『有りーなタイプ』音楽専用ホール。
  5. 収容人員 608
  6. 舞台設備 、迫り完備
  7. その他の設備 パイプオルガン
  8. 付属施設 草津町愛町部観光課に直接お問い合わせ下さい。電話番号:0279-88-7188
  9. 設計 吉村順三設計事務所
  10. 音響設計 YAMAHA?!
  11. 施工 清水建設

狸穴総研・音響研究室 しゅかん(酒燗?)微酔狸の独り言。

コンサートホールというよりはアリーナに近い造りなので、、床には絨毯が敷き詰められて入るが 「響くというよりは胴鳴りする若しくは「唸る」といった方が良いかもしれない、いわゆる典型的な「ワンワン・風呂場ホール」である。

他の一般ブロガーのレポート記事からもその様子が察せられる。

録音から察っするところ、特定周波数の定在波も発生しているようで、壁際、客席中央、舞台上に関わらず、草津温泉だけに正しく巨大ローマ風呂的反響渦巻くホールのようで有る。

相当の安普請のようで、天井の構造体も弱そうなので、ストラクチュアー自体から見直さないと、カラヤンのサーカス小屋同様改善は難しそうだが...。

今後大改修が必要。

この建物の最大の欠点。

とにかく「対向する並行面が多すぎる」!

定在波及び残響(初期反射と後期残響)に対する配慮が皆無である!

基本的な「音楽ホール設計セオリー」(※関連解説記事はこちら)を全く無視した、破天荒な基本デザイン(設計)である。

以下に改築提案を列挙すると。

その1)客席フロアーの平戸間化。

一度、全ての客席を撤去し、現在のスロープ形状を改め、平土間に改修し、2階テラス席を完全に分離する。

その2)ホール内壁平行面対策。

ステージ際直前ぎりぎりまで、2階テラス同様の「2列程度の1階高床桟敷席」を巡らす。

その3)1階内壁の木質化。

1階の対向面の反響対策、として1階壁面全体は木質化する。

その4)壁面形状の工夫。

1階は僅かに天井に向かって拡がるテーパー、2階テラス席部は逆に窄まるテーパー又は対抗面を「ハの字」に設え直し、並行する対抗面を無くし定在波のきっかけとなる初期反響音を制御する。

その5)7角形に改修する。

最後部の壁面は、山形に変更しホール形状を7角形に改修する。

その6)天井反響板の改修。

現状天井はホール中心に頂点を持つドーム形状に近い形状で有るため、「パラボラ効果」を生じ、舞台前縁、客席最前列当たりに反響が集中し、ワンワン、騒々しい、締まりの無い、反響渦巻くアリーナ(円形体育館)になってしまっている。

そこで、一般的安普請に多いアクリルエマルションペイント仕上げのプラスターボードでも良いので、少なくとも、ホール後半、1/3当たりにホール頂点が来るように、客席後部に向かって拡がる船底型の吊り天井に改修する必要があるだろう

その7)内壁材の形状に対する工夫

更に2階も含め壁面(内装)はランダム形状の木材に変更し、それぞれの対向面との間の、定在波&初期反射波の発生を極力抑えるような形状に工夫する。

但し鋭角コーナーはホーン効果を生んでしまい、100Hz 程度のこもり音が発生するので、鋭角コーナーが生じないように、床と壁と天井のそれぞれの接合ヶ所の形状には段付きにし配慮する。

何億かかるかわからない大改修。

何億かかるかわからない大改修ではあるが、以上の改修によって、平行対抗面が少なくなり、定在波と初期エコーの重乗による現在の「ホール鳴き」現象はかなり改善できるであろう。

現状のホールなら以前のスキー場のロッジ(食堂ホール?)の方が断然マシではなかったか?

安普請アリーナ設計の失敗例。

この手のドーム型アリーナ形式は、低予算で安直に挑戦する代物では無い!

一見「アイデアは良さそうだが、実態が悪い」典型例だろうと思う。

はっきり言って、安普請アリーナ設計の失敗例であろう。

同じ低予算ならば、八ヶ岳やまびこホール(※照会記事はこちら)のような

「セオリーに忠実」な「木造ホール」を建設した方が良かったのではないか?

微酔い狸のお節介情報。

福音「救世主ではないが『予言者YAMAHA』現る!

YAMAHAさんは岡崎市の不良息子 「おおいホール」(※ガイド記事はこちら)を立派に更正させ2016年生まれ変わらせました!

お金が無ければ京都会館の様に「向こう50年間のネーミングライツ」と交換に無償で改修していただくとか?

諦める前に1度YAMAHAさんにもう一度御相談になってみて下さい。

公開:2017年9月11日
更新:2018年3月 9日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お取り寄せガイド】下仁田こんにゃくTOP376ながめ余興場 ー伝統的芝居小屋ガイドー




▲このページのトップに戻る
▲群馬県へ戻る