旅するタヌキ

京都コンサートホール 《 ホール 音響 ナビ 》

,

Official Website http://kyotoconcerthall.org/

京都コンサートホールのあらまし

平安京建都1200年記念事業の一環として京都市が建設したコンサート専用ホール。

京都市左京区に位置する市立のクラシックコンサート専用のコンサートホール。

開館以来京都市交響楽団が京都会館からお引っ越しし、フランチャイズホールとしている。

京都コンサートホールのロケーション

所在地  京都市左京区下鴨半木町1-26

京都府立植物園、京都府立京都学・歴彩館、京都府立大学下鴨キャンパスがある、洛北の文京エリアにある。

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

京都コンサートホールへのアクセス

JRの場合
京都駅にて地下鉄烏丸線に乗換え、国際会館行で北山駅下車。
乗車時間約15分。
阪急の場合
烏丸駅にて地下鉄烏丸線四条駅に接続、国際会館行で北山駅下車。
乗車時間約11分。
京阪の場合
丹波橋駅にて近鉄に乗換え、竹田駅にて地下鉄烏丸線に乗換え、国際会館行で北山駅下車。
乗車時間約24分。(丹波橋駅からの直通電車。)

京都コンサートホールが得意のジャンル

京都市交響楽団のフランチャイズホールとなっている。

年間を通じ数多くのオーケストラ・コンサートやソリストのリサイタルが開催されている。

京都コンサートホールの公式サイト&公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見た京都コンサートホールの特色

公式施設ガイドはこちら

大ホール

(公式施設ガイドはこちら)

1スロープ前後2バルコニー2層テラスの3層構造のシューボックスコンサートホール

舞台背面にもバルコニー席を設けたシューボックス型

ネオロマネスク調とでも言うか、モダンと古典が融合したデザイン。

メインフロアーは4列目までが平土間で、5列目からが定在波障害回避の定番「ハノ字段床」(※1)を用いたスロープになっており、2階前後バルコニー席も同様にハノ字段床上に配置されホール横断定在波(※2)の影響を回避している。

但し平土間部分1・2・3列全席はミステリーゾーン(※3)に入っており中央部3席と両側1/4巾の6席は定在波障害顕著席となっている。また2階サイドテラスの後列席の大部分(片側52席)も定在波の節にさらされている。

軒の無い2層目サイドテラス席

2階テラス席はステージ背後バルコニー席同様に軒の無い高床式で、後部大ホール1Fホワイエから続くサイドホワイエが床下に伸び床周辺の床囲いがホール側壁となっており、メインフロアーへ覆いかぶさることなくメインフロアー音響的影響を最小限にとどめている。

同様にホール後方バルコニー席も、1階後方ホワイエの上部に大きく張り出し、階下に対する軒(1階天井)の影響が最小となるように配慮されている。

特徴ある3層目

3層目サイドテラス席周辺は、「オープン廊下」になっており側壁はがいへきと共通となっており客席背後に"内廊下"が設けらえており3階ホワイエとの出入口は後方の扉のみとなっている。

つまり一層目から最上層に向かってホール巾が階段状に広がっている。

露出タイプの梁台座のついた立派な円柱

2・3階テラス席には片側4本、都合8本の立派な梁台座のついた"装飾"円柱が音響拡散体(※)としてホール内に露出している。

1・2階の垂直並行側壁

1・2階フロアー周囲は、縦格子で表装した2重内壁になっており初期反響の緩和に配慮しているが、両側壁共に垂直で「完全に並行」している。

3階側壁はプレーンな木質パネルとなっており、1・2階同様に完全に並行している。

3階の後背?付き座席配置

3階サイドテラス席には各列ごとに対抗するテラスと平行にならないように、「ハノ字」に広がった頭の高さ程度の後背が設えられており対抗面の定在波が発生しないように配慮されている。

前後バルコニー席

後部バルコニー大向う席背後にも同様の後背が設えられている。更に背後ホール壁面は垂直ではあるがアンギュレーションを持った波状壁になっている

前方バルコニー席背後には後背はないが、背後壁ハノ字型に湾曲し同じくっ前後軸の定在波発生に対処している。

最上層部壁面

最上層部は、露出した円柱間に設けられた1階メインフロアーよりやや広がった巾の全周を取り巻くプレーンなプラスターボードの反響板になっている。

丁寧に折り上げた天井

側壁から折上げた天井は中央部が照明器具を配したヴォールトになっており(※4)音響拡散効果を狙った複雑な表面形状に成形されている。

更にこの処理は両側壁間際の「折り上げ部」にも施され、コーナーで発生する籠り音に対処している。

プレーな面で構成されたモダニズム建築ではあるが、要所要所に丁寧な設えがされた銘ホールであるといえる。

ホール音響評価点:得点61点/100点満点中
§1 定在波」対策評価;得点20点/配点50点
  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※客席側壁が ホール床面積(or総客席数)の1/3以上に及ぶ範囲を「完全平行な垂直平面壁」で挟まれているときは 基礎点25点に減ずる。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§2 残響その1 「初期反射」軽減対策評価;得点21点/配点25点
  • 木質パネル等の素材2基礎点25点から硬質壁材基礎点12点の間5段階で素材基礎点を与える。
  • 障害箇所1点/1箇所で基礎素材点から減じて基礎点とする。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§3 「音響障害と客席配置」に対する配慮評価;得点15点/配点20点
  • ※壁際通路&大向こう通路の有無、天井高さ&バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で配点から減じて基礎点とする。
  • ※基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§4 残響その2「後期残響」への配慮評価得点5点/配点上限5
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。
  • ※上限5点の範囲内で上記1点/1アイテムで加算評価。

総評

ウ~ン...。

対抗する並行面をもう少し何とかしないとネ...。

算出に用いた値;

※関連記事 「ホール音響評価法についての提案」はこちら。

定在波評価

※ホールほぼ全長に渡り垂直設置の完全並行壁なので基礎点25点とした。

基礎点B1=基礎点25点ー障害発生エリア数3=22点

定在波障害顕著席数;116席(6席/1階ステージ平土間中央部座席1~3列16番17番、6席/1階ステージ平土間両側壁から1/4部分の座席、104席/2階サイドテラス席L・R後列9番~後方全席、)

初期反射対策評価

※障害発生エリア壁面材質が木質縦格子なので素材基礎点25点とした。

基礎点B2=素材基礎点25点ー障害発生エリア数2=23点

初期反射障害1 壁面障害席 ;104席/2階サイドテラス席L・R後列9番~後方全席、

初期反射障害2 天井高さ不足席;0?席

重複カウント ;ー0席

音響障害席総計;104席

客席配置評価

基礎点B3=基礎点20点ー障害発生エリア数3=17点

眺望不良席数;48席/1階平土間中央部座席1~4列11番~22番

音響不良席その1 定在波障害顕著席 ;116席

音響不良席その2 初期反射障害1壁面障害席 ;104席

音響不良席その3 初期反射障害2 天井高さ不足席;0?席

重複カウント ;ー110席

音響障害席総計;158席

算定式 

評価点V=基礎点X(総席数ー障害座席数)/総席数

アンサンブルホールムラタ(小ホール)

(公式施設ガイドはこちら)

出た~正真正銘の正6角堂!

1階フロアーを取り囲むようにテラス席をもつ6角型の、「京都のサーカス小屋」?

ハノ字段床配置のスロープを持つメインフロアー

ステージ前の1・2列の平土間から平土間に近い緩やかな「ハノ字配列の段床」上の座席が2階周囲5面を囲むテラス席迄続く1スロープ2フロアーのコンサートホール。

ステージ客席周囲を囲むテラス囲い5面は木製の正目格子で表装された垂直壁、したがって客席をクロスする2対の完全並行壁面が存在することになり個々のエリアで盛大に定在波(※2)が発生している。

但し、客席スロープのおかげで実被害はない(ハズ?)。

中2階高床テラス背後壁

ステージ背後壁も含め2上層部周囲壁面は外反スラント設置した音響スクリーンで表装された吸音壁になっている。

ホール音響評価点:得点66点/100点満点中
§1 定在波」対策評価;得点25点/配点50点
  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※客席側壁が ホール床面積(or総客席数)の1/3以上に及ぶ範囲を「完全平行な垂直平面壁」で挟まれているときは 基礎点25点に減ずる。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§2 残響その1 「初期反射」軽減対策評価;得点20点/配点25点
  • 木質パネル等の素材基礎点25点から硬質壁材基礎点12点の間5段階で素材基礎点を与える。
  • 障害箇所1点/1箇所で基礎素材点から減じて基礎点とする。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§3 「音響障害と客席配置」に対する配慮評価;得点18点/配点20点
  • ※壁際通路&大向こう通路の有無、天井高さ&バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で配点から減じて基礎点とする。
  • ※基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§4 残響その2「後期残響」への配慮評価得点3点/配点上限5
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。
  • ※上限5点の範囲内で上記1点/1アイテムで加算評価。

総評

上層部壁面を外傾スラントさせても意味ないでしょう!

ステージ背後反響板に当たる3面は垂直壁面で、客席スロープが緩やかなこともあり、ステージの高さ分だけ持ち上がった大部分の奏者の耳元は定在波発生層すなわちミステリーゾーン(※3)に入ることになり、他の奏者の音が聞き取れない等の実障害が発生していると推測できる。

さらに小生のアシスタント・レポーターの演奏会体験によると、中央部平土間席では「障害」が発生しているようである!

算出に用いた値;

※関連記事 「ホール音響評価法についての提案」はこちら。

定在波評価

※完全平行面がメインフロアーに周辺に2対4面存在するので基礎点25点とした。

基礎点B1=基礎点25点ー障害発生エリア数0=25点

定在波障害顕著席数;0?席

初期反射対策評価

※メインスロープ周辺垂直壁が木製正目格子で表装された打ち放しコンクリート壁なので4素材基礎点20点とした。

基礎点B2=素材基礎点20点ー障害発生エリア数0=20点

初期反射障害1 壁面障害席 ;0?席

初期反射障害2 天井高さ不足席;0席

重複カウント ;ー0席

音響障害席総計;0席

客席配置評価

基礎点B3=基礎点20点ー障害発生エリア数1=19点

眺望不良席数;32席/1階平土間中央部座席1~2列13番~28番

音響不良席その1 定在波障害顕著席 ;0?席

音響不良席その2 初期反射障害1壁面障害席 ;0席

音響不良席その3 初期反射障害2 天井高さ不足席;0席

重複カウント ;ー0席

音響障害席総計;32席

算定式 

評価点V=基礎点X(総席数ー障害座席数)/総席数

京都コンサートホールの施設データ

  1. 所属施設/所有者 京都コンサートホール/京都市
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)京都市音楽芸術文化振興財団/京都市
  3. 開館   1995年竣工
  4. 設計  磯崎新
  5. 内装(音響マジック) (音響設計 By Nagata Acoustics Design)/大ホール

大ホール

  1. ホール様式 『シューボックスタイプ』音楽専用ホール。
  2. 客席 2フロアー(1階3階バルコニー)1階高床桟敷、3階テラス、総席数 1833席

1階 980席、2階 453席、ハイバック席 279席 ポディウム席 174席、3階 400席、

  1. 舞台設備 オープンステージ、可動迫り上がりオーケストラひな壇
  2. その他の設備 、パイプオルガン、楽屋11室、控え室1室。

アンサンブルホールムラタ(小ホール)

  1. ホール様式 『6角堂タイプ』音楽専用ホール?。
  2. 収容人員 510席 1スロープ+1階桟敷席
  3. 舞台設備 オープンステージ
  4. その他の設備 2階桟敷席、楽屋4室、アーティストラウンジ。

付属施設・その他

    1. 付属施設 地下駐車場。
    2. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

デジタヌの独り言

大ホールは Nagata Acoustics Designの快心の作品?だが...。

小ホールは手の施しようが無く音響設計を辞退?

やってしまったセオリー無視の小ホール

(※「失敗しない・ホール計画の手引き」参照)

小ホールがどうしてこんな形になってしまったの?。

対抗面(並行面)だらけの6角堂!しかもアルミ鍋を逆さにしたような浅い(低い)天井。

ホールデザインの鉄則「並行面を作らない」を何故失念したのか?

設計者の先生、偶数角型はいけませんよ!

ホール設計で並行する対抗面を作らないのは鉄則でしょう!

ホール軸断面の鉄則も無視?

ありふれた扇形ホールにせよ、シューボックス紛いにしろ、ホリゾント後方反響板を基点として、客席後方に向かって、ホーン形状(拡散)断面を取るのがセオリーの1つ(※5)でもあるのに...。

東京文化会館小ホール(※ホールNaviはこちら)を模したのなら、もっと天井を高くすべきであったし、その上で舞台上から客席後部にかけて大胆に傾斜(30°程度)させるべきだったのかも。

数々の6角堂対策は昂じてみたが?

平土間周辺の桟敷席より上部の壁面は天井に向かって拡がるように僅かにスラントさせて、対抗面と並行にならないように工夫し「初期反響」(※6)の軽減には配慮してある...。

舞台・客席周囲の1階部分の壁面は直立!

何とか反響の集中を避けるために、周囲の壁は、反響コントロールの吸音壁だらけ!

僅かに凸出した逆ドームで、音の散乱(残響)を狙ってもいるようだが...

これで、中心部で発生する「反響音の集中」を避けようとしているらしいが果たして...。

この天井高さでは!

天井との接合部に生じた鋭角コーナー

結果、壁と天井との接合部に鋭角コーナーが発生してしまい、ホーン効果で特定周波数が(主に低周波)が共振していまい、肝心の客席では、軽い音になってしまっているのではなかろうか。

せめてコーナー部分は飾りアングル付きのラウンド形状にし、、4周(6周?)に飾り柱、飾りアングル、飾り梁(空調ダクト)で組み上げ天井にした上で、天井反響版をカブトガニ(orスターウォーズ)風?セグメント構造にして、初期反響波同志を干渉させて軽減し、ついでに散乱波(残響)を創出するあの手...。

そう、ミューザ川崎シンフォニーホール(2004年竣工※ホールNaviはこちら)の手法は...。

せめて、大賀ホール(7角型2005年竣工※ホールNaviはこちら)のように、1階スロープの傾斜を穏やかに設定し、平土間風にし2階テラスと完全に分離し、周りに桟敷を設け対抗面反射の影響を抑えるべきではなかったか?

いずれにしても、こちらが10年先だから無理ですよね!

京都市特有の「景観地区の高さ制限」が仇となり...

それにしても「天井を高くしなかった(出来なかった?)」理由とは!

理景観地区の高さ制限は理解出来ますが、必要のない2フロアーもある駐車場ををどこかに追いやりエントランスホールを中地階に作るとか何とかして、せめて大ホール同様の2・3・4の3フロアー吹き抜けだったら...。何か手立てはあったと思うのですが?!

これでは、定在波のトリガーになる1次反響(エコー)対策(※6)が精一杯で、音響設計どころでは「ナガッタ」でしょう?

何よりどうして奇数角型(5角型・9角型)を採用しなかったのか?

全く訳がわからない!

このホールのおかげで、全国に「6角堂病」が再燃し出したのでは...?

1993年竣工倉敷市芸文館はもしかして先生の作品では?

1998年竣工リュートピアコンサートホール(※紹介記事はこちら)はひょっとして、お弟子さんの作品では?

鼾(いびき)のような空調音?

<ある女性音楽愛好家の実体験インタビューでは...。>

空調音だけは至急何とか対処いただきたいです。ppでゴ~グ'~...、思わず後ろを振り返ってしまいまし!それに、ffでの大反響音、ピアノが壊れたのかと...。ピアニストの方がお気の毒で...。

更に、彼女は「かぶりつきマニア」でさいぜんれつの中央部に座席が確保できないとコンサートに出かけない人でもあるが、当日京都在住のクラシック愛好家でもある某有名人(文筆家)が訪れていたそうで、彼は、

ズバリこのホールの音響をよく心得ている人らしく最後列の18番に陣取っていたとのことであった。

そうこのホールでは通常の常識とは違い、意外や2階テラス席が定在波の恐れの無い「有効なリスニングエリア」になっているのである!

デジタヌの知っておきたい豆知識

京都コンサートホールこれまでの歩み

1995年竣工。

開館以来旧京都会館大ホールに変わり、京都のオーケストラ・コンサートのメッカと成る.。

京都コンサートホールのある京都市とこれ迄の歩み

京都府の府庁所在地で1000年の都として有名な古都。

歴史におんぶされ、歴史にしがみついている、町であると同時に、一方では日本初の「水力発電所」日本初の「チンチン電車」「近畿初の地下鉄道」など数多くの時代の最先端をゆく事業も興している。

又1966年日本で最初の国立の会議施設として国立京都国際会館をいち早く完成させ、国際会議を定着させ近年1997年には第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)を開催し「京都議定書」を採択するなど、国際都市としての活動も活発。

2016年に 左京区と右京区の一部が京都丹波高原国定公園に指定され、都道府県庁所在地にある国定公園は珍しい存在となっている。


推計人口、1,466,937人/2018年4月1日

京都-品川 2時間11分/13,910円/新幹線/506.8km

※参照覧

※1、定在波対策については『ホールデザインのセオリー その1 定在波対策 』こちらをご覧ください

※2-1、定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※2-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※3、関連記事『ホールに潜む ミステリー ゾーン (スポット)とは?』はこちら。

※4、音響工学の基礎2応用編ー「ヴォールト天井とパラボラ収束音場クロス拡散法について」はこちら。

※5、『藝術ホールデザインの セオリー その5 ホール設計における禁じ手・御法度集』はこちら

※6、直接音、初期反射音、残響音についての(株)エー・アール・アイさんの解説はこちら。

公開:2017年9月10日
更新:2018年10月12日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP京都四条南座 《 劇場 ナビ 》 1000年の都・京都にある400年の伝統を持つ「京都四条南座」




▲このページのトップに戻る
▲京都府 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る