旅するタヌキ 

ミュージカルの殿堂「東急シアターオーブ」のガイド

,

東急シアターオーブ

渋谷の新しい顔「渋谷ヒカリエ」の大型ホール。

「オーチャードホール」の東急文化村が運営する「ミュージカルの殿堂」。

国内外の定番トラッドミュージカルから「最新作」までブロードウェイ大作ミュージカルの国内の拠点と成っている。

東急シアターオーブのあらまし

「東急シアターオーブ」では、「日本一訪れたい街・渋谷」のシンボルとして、音楽で展開する物語性のある舞台作品、すなわちミュージカルや音楽劇をラインナップの中心に据えます。またターミナル駅直結という利便性を活かした、親しみやすい作品を上演することで、観劇文化のすそ野を広げて参ります。<公式サイトより引用>

渋谷駅に面した34階建ての高層ビル「渋谷ヒカリエ」にある。

低層部には「ShinQs(シンクス)」やカフェ・レストランフロア「dining6」等の商業施設、高層部にはディー・エヌ・エー等の業務施設が入居するそして中層部11から16階にあるのが「東急シアターオーブ」

東急シアターオーブのロケーション

所在地   東京都渋谷区渋谷二丁目 21-1

東急東横線・東京メトロ副都心線と直結。

地下3 - 4階で東急東横線・東京メトロ副都心線と高架橋でJR渋谷駅と直結している。

JR渋谷駅を挟んで、京王井の頭線渋谷駅のある渋谷マークシティへと繋がる東京メトロ銀座線渋谷駅のある東急東横店そしてSHIBUYA109、渋谷東急本店、BUNKAMURAへと東急村が続いている。

JR西口まえのハチ公広場は若者達であふれ、ビッグカメラ、TOHOシネマズ等が立ち並ぶ「道玄坂」は渋谷を象徴する一大「インタラクティブ・.アミューズメントゾーン」でもある。

東急シアターオーブこれまでの歩み

2003年に閉館した東急文化会館の跡地に2009年に着工。

2012年3月に竣工。

2012年7月18日に開館。

東急シアターオーブが得意のジャンル

年間を通じ数多くのニュージカル公演が催されている。

東急シアターオーブの公式Webサイト&公演チケット情報

http://theatre-orb.com/

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

東急シアターオーブへのアクセス

東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結。
JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結。

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色(詳しくはこちら公式ページ

34階建て「渋谷ヒカリエ」の中層部11~16階に位置する、総客席数1,972席(1~3階席)の劇場。

3スロープ3層フロアの2・3階両翼が1階客席周辺にまで伸びたテラス席と成っている。

高層ビルの中にあるメリットを活かし12階から16階部分5階吹き抜けの高いホール高さで、オーチャードホール以来の「無理の無いゆったりとした客席配置」伝統として受け継がれ、「音の良さ」に繋がっている。

2面舞台

奥行きの十分な2面舞台相当のステージ

分割天井反響板

2・3階バルコニー下面軒部分客席天井部分にまで配置された天井反響板と大型分割天井反響板でホール全体隅々にまでステージからの音楽が「豊かな響きと共に」行き渡る様に配慮。

豊かな響きへの配慮

豊かな響きに配慮した音響拡散効果を狙ったテラス形状と段付きパネル壁。

詳細データ

(詳しくはこちら(株)日建設計のレポートを)

  1. 所属施設/所有者 渋谷ヒカリエ 東京急行電鉄他。
  2. 指定管理者/運営団体 東急文化村。
  3. 竣工   2012年3月に竣工。
  4. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席   3フロアー(3スロープ)、2・3階テラス、

  • 客席:1 階席 1 186 席

   2 階席 521 席
   3 階席 265 席
   合計席数 1 972 席
    1 階幅員 26m,天井高約 21m(浮雲まで約17m)、1階平土間中央部千鳥配列、可動床、

  1. 舞台設備 、プロセニアムアーチ;間口:

    プロセニアム開口幅 16.2~19.8m
       プロセニアム開口高 9~14m
       舞台奥行 16.2m,一部奥舞台+8.5m
       舞台高 すのこ 24m,奥舞台 6.4m,奈落 3m

    大迫り(道具迫り)&全面に架設小迫り転換可能なセグメント床(1 818mmx909mm)の本舞台、オーケストラピット(可動床)。
  2. その他の設備 
  3. 付属施設 楽屋x10、ホワイエ、エントランスロビー、リハーサルルーム、
  4. 設計  :㈱日建設計・㈱東急設計コンサルタント共同企業体
  5. ゼネコン 東急・大成建設共同企業体
  6. 舞台装置(音響マジック) 

    三精輸送機㈱,森平舞台機構
    ㈱,㈱松村電機製作所,ヤマ
    ハサウンドシステム㈱

デジタヌの独り言

同じ様な高層ビル「朝日ビルディング」にあっても、欲張って2700席を詰め込んだシミッタレタ「フェスティバルホール」と大違い。(※関連記事はこちら)

27才の若かりし頃から小生が長年通った町、心の古里・「ごった煮の渋谷」バンザ~イ!

公開:2017年11月28日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

181三鷹市公会堂・光のホール のガイドTOP100帝国劇場のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る