旅するタヌキ

まつもと市民芸術館 《 ホール 音響 ナビ 》 

,

Official Website https://www.mpac.jp/

「オペラへの誘い」シリーズ「日本のオペラハウス」第4回

まつもと市民芸術館のあらまし

長野市に次ぎ県内2番目の教育・文化都市松本市ご自慢の「本格的オペラハウス」。

「信州のカラクリ小屋」の異名を持つ1800名収容のオペラハウスと

288席のワンボックス型多目的小ホール、リハーサル室などを持つ舞台総合芸術センター。

もちろんオペラ公演も行われ

セイジ・オザワ 松本フェスティバルの一貫として小澤征爾音楽塾オーケストラによるOMFオペラ の上演など本格的オペラハウスに相応しい公演も行っている。

まつもと市民芸術館のロケーション

所在地  長野県松本市

松本市周辺にある観光スポットのトリップアドバイザー くちこみ情報 はこちら。

まつもと市民芸術館へのアクセス

最寄りの駅 JR中央線・篠ノ井線 松本駅より徒歩10分

まつもと市民芸術館がお得意のジャンル

主ホール

オペラは勿論、オーケストラコンサート、バレエ、Jポップ関係のコンサートやミュージカル、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席までジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

またプロ団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

小ホール

主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、プロの小編成バンドのコンサートや落語・演芸寄席などジャンルに拘らないバラエティーに富んだ催しが行われている。

まつもと市民芸術館の公演チケット情報

主ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

小ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

まつもと市民芸術館以外の長野県のホール

『長野県のホール』まとめ ナビ のメニューテーブルはこちら

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

大ホール

(公式施設ガイドはこちら)

「信州のカラクリ小屋」の異名を持つオペラハウス。

とにかく思いつく限り?の趣向を凝らした施設。

演劇用中ホール仕様

天井全体が上下する昇降天井装置(※1)により3・4層未使用の中ホール(1,367席)として利用出来る。、

重量級の可動反響隔壁(バルクヘッド)を用いオープンステージタイプ・コンサートホールに

重量級の可動隔壁、とエプロンステージ(昇降式オーケストラピット床)を用いて、1633席のオープンステージコンサートホールとして使用可能。

実験演劇対応

後方舞台にロールバック式客席(360席)設備がありm3面ステージを持つ実験劇場として運用可能

小ホール

公式施設ガイドはこちら

を持つ3階吹き抜け相当の高い天井と、穏やかなスロープの1階フロアーと2階両側壁部に張り巡らせたテラス席を持つボックス型オープンステージのホール。

1階フロアーの両側・背面の壁は染色ハードメープル板に不等間隔には位置した立て方向桟で表装してある。

ステージと2階テラス周辺は塗装した打放しコンクリート壁+吸音カーテンの設え。

天井はホール本体天井をそのままむき出しにし、照明設備台を兼ねた「作業簀の子」を目の字型に巡らせて、「音響拡散体」も兼ねてある。

壁面をスラントさせて有るわけでもないが、2階テラスは高床式の桟敷構造なので、下層部に当たる1階周辺の台座部分が壁面となっており、桟敷のある上層部と間口が異なる事を利用して、定在波対策(※2)としてある。

音響的には「多少の癖のある響き」のホールではあるが、演劇・演芸公演が主目的なので、その限りにおいては問題は無い音響である。

オープンスタジオ

公式施設ガイドはこちら

384m2(18.6m×19.5m約232畳)有効天井高 4.8m2階吹き抜け相当の天井高さをもつ本格的リハーサル室。

主ホールの舞台とほぼ同サイズのリハーサルスタジオです。集会や大会のための会議室、公演後のレセプションルームなどにも利用できます。<公式サイトより引用>

スタジオ2

公式施設ガイドはこちら

185m2(10.8m×14.3~16.3m約110畳)天井有効高さ3.7mの中規模リハーサルスタジオ。

施設データ

  1. 所属施設/所有者 まつもと市民芸術館/松本市。
  2. 指定管理者/運営団体 一般財団法人松本市芸術文化振興財団/松本市。
  3. 開館   2004年

大ホール

  1. ホール様式 『馬蹄形』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   4フロアー 1800名/1,633席(エプロンステージorオーケストラピット使用時)(2層フロアーとして使用時(1,367席)親子室、1・2・3・4階テラス席、可動床、
  3. 舞台設備 

    すのこ高さ舞台面より27m
    主舞台(プロセニアム)間口16.2m、主舞台奥行23.5m、プロセニアム高さ15m

    可動反響版、オーケストラ迫、道具迫、移動子迫、後舞台ロールバック観客席(360席)
  4. その他の設備 、楽屋x13、ビュッフェ、ラウンジ、

小ホール

  1. ホール様式 オープンステージ多目的ホール。
  2. 客席   162.3m2(客席部)、1フロアー 288席(うちバルコニー席 48席)
  3. 舞台設備 オープンステージ形式 ブドウ棚(すのこ)114.4m2(舞台部)、8.25m(すのこ高)、
  4. その他の設備 、楽屋x4、スタッフ室

付属施設・その他

  • 付属施設 スタジオ(リハーサル室)x4、会議室x、研修室x、レストラン、メインロビー。
  1. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら

※参照覧

※1、現代の3大迷発明!「珍妙からくり(残響調整装置、可変段床設備、可変吊り天井)」に関する記事はこちら。

※2-1 定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※2-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※関連記事ミステリースポットに関する解説はこちら。

※関連記事「音の良いホールの条件」はこちら

公開:2017年8月 9日
更新:2018年11月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPキッセイ文化ホール 《 ホール 音響 ナビ 》 長野県松本文化会館




▲このページのトップに戻る
▲長野県 の ホールナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る