『音動楽人(みゅーたんと)』狸穴ジャーナル別冊

作曲もする3人の指揮者の残した全集《 G・マーラー 交響曲全集 Navi》第2章

,

作曲家兼業組?の指揮者の振るマーラーは少し毛色が異なっている...

前書き 3人の作曲家兼業組

※ここをクリックするとこのページの"目次 Top"にジャンプ出来ます!

マーラーといえばjuseppe Sinopoli!、そしてL.バーンスタインを思い浮かべる団塊の世代の方が多いでしょうが、小生が愛聴しているのは隠れたスペシャリスト"P・ブーレーズ"先生の盤!

※ここをクリックするとこのページの" 目次Top"にジャンプ出来ます!

《 G・マーラー 交響曲全集 Navi》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

前章 レーベル対決

小生に限らず日本には多くのマーラーファンがいて全てのファンが「一過言」を持った立派な音楽評論家!ですが...

第1章 レーベル対決

小生に限らず日本には多くのマーラーファンがいて全てのファンが「一過言」を持った立派な音楽評論家!ですが...

第2章 G・マーラー交響曲全集作曲もする3人の指揮者の残した全集 目次

第3章 最新録音?盤対決

今回はディジタル録音の開祖・老舗DENONレーベルとハイファイ録音の老舗DECCAから発売されている最新版について取り上げてみました。

第4章 レニーの残した2つの全集

レニーは第2回で案内したCBSに残した全集とDG移籍後にライブ公演に基ずいたあらたな全集の2つのマーラー交響曲全集を残していますが...

第1節 Giuseppe Sinopoli

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

マーラーといえば惜しまれながら世を去ったこの人Giuseppe Sinopoli!

マーラー:交響曲全集 限定版
フィルハーモニア管弦楽団 2001年 deutshe Grammophon 新譜

マーラーの交響曲全集といえばこの人Giuseppe Sinopoli(1946年11月2日 生- 2001年4月20日没)を忘れるわけにはいかない。

はっきり言って、別記したG・ショルティー、B・ワルター(※2)などとは異なり、R・バーンスタイン同様にかなり「強烈で個性的」な解釈で好き嫌いの分かれる演奏ではないでしょうか?

スコアに書かれた譜号に拘らない?極端に変化のあるテンポ設定で個性的ではありますが「オペラ」を得意としていた「シノーポリ」はレニーのような「独特な節回し(フレージング)」はなく「あくは少ない」とも言えます?

ともに作曲家としても活動していた3人(シノーポリ、ブーレーズ、バーンスタイン)に共通している作曲家としてのマーラーに対する"共感"が譜号ではなく「注記」に重点を置いて「深読み」した結果ではないでしょうか?

特に心理学を収めた「シノーポリ」は「注記重視」(※3)の姿勢が顕著に表れているような気がします。

参※2)当サイト関連記事 "復活?"した"巨人"!と...《Clasicical MusicコンテンツNavi》温故知新シリーズ  B・ワルターの名盤はこちら。

参※3)マーラーのスコアは通常の作曲家には見られないpppp、やffff、表記は当たり前に多く!さらに「ドイツ語による感覚重視のト書き?」がめったやたらに多い事で有名です。

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます !

第2節 バーンスタインの再録音全集

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

スペシャリスト?バーンスタインのコンピレーションアルバム。

Mahler: The Complete Symphonies & Orchestral Songs / Bernstein CD, ボックスセット, インポート

  • 1987年10月コンセルトヘボウ大ホール(ライヴ録音) 交響曲 第1番 ニ長調《巨人》ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 
  • 1990年2月 録音 さすらう若人の歌 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1989年録音 交響曲 第3番 ニ短調 ニューヨーク・フィルハーモニック
  • 1987年4月 ニューヨーク,エヴリー・フィッシャー・ホール(ライヴ) 交響曲 第2番 ハ短調《復活》ニューヨーク・フィルハーモニック
  • 1987年6月 アムステルダム,コンセルトヘボウ大ホール((ライヴ録音)交響曲 第4番 ト長調 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
  • 1987年9月 フランクフルト ((ライヴ録音) 交響曲 第5番 嬰ハ短調 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1988年9月、10月 ウィーン・ムジークフェラインザール(ライヴ録音) 交響曲 第6番 イ短調《悲劇的》ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1988年9月、10月) ウィーン,ムジークフェラインザール(ライヴ録音) 亡き子をしのぶ歌 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1985年11,12月 ニューヨーク,エヴリー・フィッシャー・ホール(ライヴ録音) 交響曲 第7番 ホ短調《夜の歌》ニューヨーク・フィルハーモニック
  • 1974年録音 リュッケルトの詩による5つの歌曲 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1974年10月 ウィーン,コンツェルトハウス 交響曲 第10番 から アダージョ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1975年8月 ザルツブルク祝祭大劇場 交響曲 第8番 変ホ長調《千人の交響曲》ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1966年4月録音[リマスター音源使用](デッカ音源)交響曲《大地の歌》ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  • 1985年5,6月 アムステルダム,コンセルトヘボウ大ホール(ライヴ録音)交響曲 第9番 ニ長調 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
  • 1966年録音子供の不思議な角笛 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

deutshe Grammophon(ユニバーサル)DECCA(ユニバーサル)、2レーベル共作の コンピレーションアルバム。

バーンスタインが「グラムフォン」レーベルで録音しなおした「主にライブ録音」を集めた全集で deutshe GrammophonとDECCAのTAGアルバムです。

バーンスタインの名録音を集めたコンピレーションアルバムとなっています。

その後のDG録音の定番となった?マラ3・3楽章の定番録音スタイルでかつての手兵N.P.Oと1989年録音に録音した3楽章の超低音量(Peakー45dB前後)のポストホルンは見事!

(※このスタイルはかつて、CBSレーベル時代の1961年4月にN.P.O.とアナログ録音した時に初めて披露されて、その後のマーラー録音に多大な影響(インスパイア)を与えたと思われます。)

更に、同じくD・G録音のブーレーズと比べて、強奏部分の迫力も十分。

N.P.O.をドライブしかねているのでは?と称する人もいますが...、小生はこの強奏はバーンスタインの演出(解釈)であると確信しています。

あとは好みの問題で、小生は好きです。

但し例の独特の歌いまわし「バーンスタイン節」は少々鼻(耳)につきますが...。

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます !

第3節 ピエール・ブーレーズ

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

Boulez Conducts Mahler-Complete Recordings CD, deutshe Grammophon 輸入盤 ¥4,727-/14枚組

  • 1998年録音 交響曲第1番ニ長調「巨人」シカゴ交響楽団
  • 2005年録音 交響曲第2番ハ短調「復活」ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, クリスティーネ・シェーファー(Sp), ミシェル・デ・ヤング(Ms), ウィーン楽友協会合唱団
  • 2001年録音 交響曲第3番ニ短調 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms)
  • 1998年録音 交響曲第4番ト長調 クリーヴランド管弦楽団, ユリアーネ・バンゼ(Sp)
  • 1996年 交響曲第5番嬰ハ短調 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1994年録音 交響曲第6番イ短調「悲劇的」 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 1994年録音 交響曲第7番ホ短調「夜の歌」クリーヴランド管弦楽団
  • 2007年録音 交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」トワイラ・ロビンソン(Sp), エリン・ウォール(Sp), アドリアネ・ケイロス(Sp), ミシェル・デ・ヤング(A), シモーネ・シュレーダー(A), ヨハン・ボータ(T), ミュラー=ブラッハマン(Br), ロベルト・ホル(Bs), カルヴ・アウレリウス少年合唱団, ベルリン国立歌劇場合唱団, ベルリン放送合唱団, シュターツカペレ・ベルリン
  • 1995年録音 交響曲第9番ニ長調 シカゴ交響楽団
  • 2010年録音 交響曲第10番嬰ヘ長調よりアダージョ クリーヴランド管弦楽団
  • 1996年録音 交響詩『葬礼』[交響曲第2番第1楽章初稿] シカゴ交響楽団
  • 2010年録音 歌曲集「子供の不思議な角笛」 マグダレーナ・コジェナー(Ms), クリスティアン・ゲルハーヘル(Br), クリーヴランド管弦楽団
  • 2003年録音「さすらう若者の歌」「リュッケルトの詩による5つの歌曲」「亡き子をしのぶ歌」トーマス・クヴァストホフ(Br), ヴィオレータ・ウルマーナ(Ms), アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 2011年録音 カンタータ「嘆きの歌」ドロテーア・レッシュマン(Sp), アンナ・ラーション(A), ヨハン・ボータ(T),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, ウィーン国立歌劇場合唱団
  • 1999年録音 交響曲「大地の歌」ミヒャエル・シャーデ(T), ヴィオレータ・ウルマーナ(Ms), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

N.P.O.の常任指揮者を辞任してからCBSに愛想をつかして? deutshe Grammophonに移籍して1994~2011年にかけての17年間にわたりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団を相棒に録音しなおした全集。

全集といってもいわばコンピレーションアルバムでフィルハーモニアと組んだシノーポリ盤とは異なります。

全てデジタル音源ですが、1994年のデジタル初期のDAD処理(※4)の時代と2001年以降の24bitデジタルマイク収録&デジタルマスタリング、によるフルディジタル(DDD)処理が混ざていて、録音年代で明らかに「オーディオ・パフォーマンス」が異なっているのも聞きもの?です。

ただし別項で取り上げたように、アルバム全体として、CD記録レベルを合わせていて、通して聴いても違和感が生じないようになっています。(全演奏十数時間を通して聴く人はめったにいないでしょうが。)

特に2007年録音の交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」は演奏・録音共にショルティー盤を凌駕したといえるでしょう!

(この録音(重低音)を"堪能"するには、数百万円のタンノイスピーカーか3万円以上のハイレゾヘッドフォン(※5)が必要!)

小生は貧乏なので!NS-SW500を助っ人?にビンテージ物のA520で我慢して?聞いています(※3)

ご近所に気兼ねなく「浸りたい時」はTEAC USD301`とSONY MDRZ1000のコンビ(※4)で聞いています。

小生は、2001年録音のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,と組んだ交響曲第3番ニ短調が愛聴盤の一つとなっています。

後述するようにレニーと組んで始めた「マラ3」3楽章の聞かせ手法?超低レベル録音!手法で録音された舞台裏の「ポストホルンsolo」のソノリティーは収録場所の「ゾフィエンザール」の響きの良さも加わり絶賛物で、数ある録音でも小生の一番好きなCDの一つです。

参※4)AAD、ADD、DAD、DDDといった表記に関するWikipediaの解説はこちら。

※参3)当サイト関連記事NS-SW500 購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》 セッティング本編はこちら。

参※5)当サイト関連記事 SONY WH-1000XM4 《 ノイズキャンセリグ・ヘッドフォン購入長期レポート》はこちら

ヤマハ NS-500シリーズ サブウーファー ブラック NS-SW500(B)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー MDR-Z1000(スタジオモニターヘッドホン/ヘッドバンド型) (MDRZ1000)
価格:36900円(税込、送料無料) (2020/1/15時点)

ソフマップ楽天市場店 で購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TANNOY Westminster Royal/GR(ペア)【価格問い合わせ】
価格:5724000円(税込、送料別) (2019/7/25時点)

シマムセン楽天市場店 さんが輸入してくれます!

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます !


 

公開:2020年4月10日
更新:2022年9月30日

投稿者:デジタヌ


ハンガリー民謡『孔雀』の主題による変奏曲 /コダーイ作曲《オーディオ的コンテンツNavi》孔雀を鳴かす指揮者は...TOPレニーの残した2つの全集《 G・マーラー 交響曲全集 Navi》第4章 


 



▲マミニャンのクラシック入門へ戻る

 

ページ先頭に戻る