旅するタヌキ

ロームシアター京都/京都会館 《 ホール 音響 ナビ 》

,

Official Website http://rohmtheatrekyoto.jp/

ロームシアター京都のあらまし

ロームシアター京都は国内外の大規模公演が可能な約2000席のメインホール、舞台と客席の距離が近く一体感が得られる約700席のサウスホール、小劇場やリハーサル室としての利用に適した200人規模のノースホールを備えた多目的ホールです。また、ブック&カフェ、レストランを備えるパークプラザ、野外スペースとして活用できるローム・スクエアなど、多彩な文化活動を幅広く支え、すべての人に憩いの場を提供するための多様なニーズに対応できるこれまでにない公立文化施設です。<公式サイトより引用>

1960年誕生の旧会館は京都コンサートホール(※ホールNaviはこちら)が開館するまでは、京都のクラシック音楽の殿堂であった。

現在オーケストラコンサートはほとんど京都コンサートホールに移ったが、オペラ、バレエ,演劇などの舞台芸術、ミュージカル、Jポップコンサート、歌謡ショーなど幅広く利用され、京都の舞台芸術の中心となっている。

また現在、京都四条南座(※関連記事はこちら)が改修中のため、松竹歌舞伎「吉例顔見世興業」の舞台とも成っている。

ロームシアター京都のロケーション

ところ 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13番地

京都のシンボル大文字山を背景に平安神宮の正面に岡崎公園と並んで建つホール。二条通を挟んで南側にはみやこめっせ京都市勧業館、京都府立図書館、京都国立近代博物館、京都市美術館、京都市動物園などの文化施設が並ぶ、京都市民の憩いのエリア。

近くには京都大学医学部も有りこのエリア一帯が文教地区と成っている。

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

ロームシアター京都へのアクセス

京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車1番出口より徒歩約10分
京阪電鉄「神宮丸太町」駅下車2番出口より徒歩約13分
市バス32系統、46系統、京都岡崎ループ「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ
市バス5系統、100系統、110系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩約5分
市バス31・201・202・203・206系統「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約5分

ロームシアター京都がお得意のジャンル

主にポップス関係のコンサートが年間をつうじて数多く開催されている。

現在、京都四条南座が改修中のため、松竹歌舞伎吉例顔見世興業も行われる/2017年。

ロームシアター京都の公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たロームシアター京都の特色

(公式施設ガイドはこちら)

初代京都会館の特徴の1つでもあった音響的に難題の多い「6角堂」デザインは京都コンサートホール小ホールに引き継がせ、新しい京都会館は「モダン芝居小屋」風の多目的ホールに変身した。

特に「不出来の京都コンサートホール小ホール」に変わりロームシアター京都「サウスホール」にクラシック関係者の期待が集まっている。

メインホール

(公式施設ガイドはこちら

4層フロアー、4層テラスのモダン芝居小屋スタイルのホール。

両翼のテラス席はホール後方「ハノ字」に絞り込まれ視界に配慮すると同時に方形ホール特有の対抗並行面による定在波(※1)をなくすようデザインされている。

1階桟敷(テラス席)は1階フロアー後方6列の内が前方3列が両翼に回り込んだ形で、テラス下は床囲いのある持ち上がった床の完全な桟敷構造となっている。

1階フロアー平土間相当部分の両側壁は陶板で表装されているが、前途したとおり、舞台から見てハの字に絞り込まれているので、音響的には影響していない。

さらにはセオリー通(※2)り壁際は通路となっている。

天井は一般的な、分割反響版、ホール両側方にもテラスと同意匠の反響板が設けてある。

ホール天井構造体そのものも、直角コーナーが生じ無い様に、丁寧に縁取りされている、全体的に段付き折上げ天井と同じ効果を狙っており、さらには低域・長波長の定在波対策としている。

総合的に、当時の建築規制の為に天井の低かった旧ホールよりは格段に「癖の無い」自然な音響(※3)に仕上がっている。

さらに、舞台も両袖は狭いが、奥行きがある実質2面構成なので、オペラ、ミュージカルなどにも対応可能である。

但し、脇花道、回り盆、スライディングステージ、仮設本花道等の設備は無く、歌舞伎などの伝統芸能には完全には対応していない。

ホール音響評価点:73点

§1,「定在波」対策評価点:48点/50点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※メインフロア客席側壁がプレーンな垂直壁で 「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=25点をベースに算出。
  • ※被害エリア客席数/収容人員 の比率で持ち点から算出する。

§2,「客席配置」評価点:16点/20点満点

  • ※客席メインフロア周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。
  • ※壁際通路、大向こうつうろの有無、天井高さ、バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で持ち点減算。
  • ※前項同様に想定被害者数を引いた有効座席数の割合で評価する。

§3、残響その1 「初期反射」軽減対策評価点:5点/25点満点

  • ※メインフロア壁面の素材毎に持ち点を評価し、客席配置で持ち点減点。
  • 木質パネル等持ち点25点から硬質壁在持ち点12点の間5段階持ち点評価。
  • ※被害(音響障害)想定席数と収容人員の比率で採点評価

§4,残響その2「後期残響」への配慮評価点:4点/上限5

  • 上限10点の範囲内で音響拡散体が付加されていれば1点/1アイテムで加算評価。
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。

※関連記事 「ホール音響評価法についての提案」はこちら。

総評

算出に用いた値;

●定在波対策持ち点;25点

想定・定在波被害席数;6席(6席/4F)

●客席配置持ち点 17点

眺望不良席数;0席/1F平土間中央部座席

大向う音響障害席あり:38席/2F、37席/3F

●初期反射持ち点 6点

想定・初期反射被害席数;(30席/1F、38席/2F、37席/3F、24席/4F)

収容人員を欲張りすぎたようで、4階大向う両翼は音響駅に厳しい。

さらにどうして、メインフロアー両側壁だけを石質壁面にしたのか?

サウスホール

公式施設ガイドはこちら

こちらは仮設脇花道、国立小迫りの設置が可能であり、伝統芸能にも対応している。勿論反響板も設備されており、716席の良質の室内楽ホールとして利用できる。京都コンサートホール、小ホール(※ホールNaviはこちら)の音響が失敗と言いきっても過言では無い「癖の強い音響」なので、京都における室内楽演奏の新たなる舞台として期待がかかっている。

壁面はの「縁取り棧付き」のグルービング加工材で初期反響にも配慮されている、さらに両側のスラントした軒を持つ2階テラスが、音響拡散にも寄与し、良好な響きを醸し出している。

側壁部の2階テラス天井に当たる部分にはキャットウォーク(犬走)テラスが設けられており、音響拡散体(※2)を兼ねて抜き出しの照明設備コラム前面に設けられている。

各テラスの要所には装飾柱も配してある。

最上層部にもホール客席周辺部にキャットウォーク(犬走)テラスが設けられ、キャットワークを渡る形で下面を反響板で覆っただけの照明ブリッジを配する流行の音響デザインを採用している。

天井反響板は、平土間部分にかかる程度だが、天井が十二分に高く1階フロアーとは並行していないので問題はない。

こちらも、ゆとりある座席配置で1・2階大向こう、客席両測とも通路になっており、全席良質な音響である。

ホール音響評価点:69点

§1,「定在波」対策評価点:22点/50点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で 「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=25点をベースに算出。
  • ※被害エリア客席数/収容人員 の比率で持ち点から算出する。

§2,「客席配置」評価点:17点/20点満点

  • ※客席メインフロア周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。
  • ※壁際通路、大向こうつうろの有無、天井高さ、バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で持ち点減算。
  • ※前項同様に想定被害者数を引いた有効座席数の割合で評価する。

§3、残響その1 「初期反射」軽減対策評価点:25点/25点満点

  • ※壁面の素材毎に持ち点を評価し、客席配置で持ち点減点。
  • 木質パネル等持ち点25点から硬質壁在持ち点12点の間5段階持ち点評価。
  • ※被害(音響障害)想定席数と収容人員の比率で採点評価

§4,残響その2「後期残響」への配慮評価点:5点/上限5

  • 上限10点の範囲内で音響拡散体が付加されていれば1点/1アイテムで加算評価。
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。

※関連記事 「ホール音響評価法についての提案」はこちら。

総評

算出に用いた値;

●定在波対策持ち点;23点

想定・定在波被害席数;28席(20席/1F、8席/2F)

●客席配置持ち点 18点

眺望不良席数;0席

音響不良席;28席(20席/1F、8席/2F)

●初期反射持ち点 25点

想定・初期反射被害席数;0席

ノースホール(リハーサル室)

(公式施設ガイドはこちら)

5.5mと比較的高い天井を持つ平土間多目的スペース

長辺の下層部は1面ダンス・バレエ用の鏡張りと成っておりリハーサル室としても利用できる。

前面を覆う音響カーテンが装備されていてアンギュレーションを持たせた対抗壁面がアンギュレーションを持たせた反響板で表装されているのでホールとして使用する場合の音響的な問題を軽減している。

天井は一般住宅にも用いられる塗装仕上げの穴あき石膏ボード。下面前面に音響拡散体を兼ねた照明器具用のパイプ格子が組まれている。

また2階床部分に当たるホール周辺壁にキャットウォーク(犬走)が設けられており、後部は開放型調整室に成っている。

200席のオープンステージ小ホールとしても利用できる。

ルーム音響評価点:70点

※リハーサル、音楽練習などがメイン用途のためルーム音響評価を適用しました。

§1,「定在波対評価点:35点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:35点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

ロームシアター京都の施設データ

  1. 所属施設/所有者 京都会館/京都市。
  2. 指定管理者/運営団体 財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団/京都市。
  3. 竣工   2015年8月
  4. 基本設計:香山壽夫建築研究所
  5. 実施設計:東畑建築事務所、大林組

  6. ゼネコン JV(大林組他)
  7. 内装(音響マジック) 

メインホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   4フロアー 4重テラス、収容人員 

    2,005席(車椅子席10含む) ※1階席のみご利用の場合:1,110席+車椅子席8
    オーケストラピット利用時:1,833席(172席減) ※1階席のみ利用の場合:938席+車椅子席8

    1階桟敷席(テラス席)、2・3・4階テラス席、 1・2・3階中央部千鳥配列、可動床、
  3. 舞台設備 プロセニアムアーチ: 間口:20m、高さ:12m 、奥行 舞台前面から舞台最奥:22.7m、反響版、オーケストラピット(可動床&仮設張り出し舞台)、
  4. その他の設備 楽屋x12、リハーサルルーム、

サウスホール

  1. ホール様式 プロセニアム型式平土間・モダン芝居小屋』。
  2. 客席   2フロアー 収容人員 716名、、可動床、2階テラス、1・2階中央部千鳥配列
  3. 舞台設備 、プロセニアムアーチ:間口:17.9m、高さ:11.5m、奥行 舞台前面から舞台最奥:15.3m、仮設脇花道、仮設エプロンステージ、

    客席前方中通路までは仮設による張出舞台の設置可能
    束立て式舞台 移動小迫2カ所設置可能
    仮設花道:舞台上手下手に仮設花道の設置可能
    音響反射板

  4. その他の設備 楽屋x6、

ノースホール

  1. ホール様式 14m×21.5m 床面積:301㎡、(約181畳)平土間型式多目的ホール。
  2. 客席   1フロアー 収容人員 200名、
  3. 舞台設備 床面から天井まで5.5m(天井面はグリッドパイプ)
  4. その他の設備 、楽屋x2

付属施設・その他

  1. 付属施設 会議室x2、レッスン室x3、ロームスクエア、パークプラザ。
  2. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

デジタヌの独り言

今後、不評の京都コンサートホール・小ホール(※ガイド記事はこちら)に変わってサウスホールに音楽ファンの期待が集まっている!

ところで、向こう50年間契約の「ネーミングライツ」...と言う事は次の建て替えまでってこと?

デジタヌの知っておきたい豆知識

ロームシアター京都これまでの歩み

1960年に初代京都会館が故前川國男氏のデザインで6角堂の巨大ホールとして誕生。

2012年 閉鎖解体

2016年1月 リニューアルオープン。

この間、一部の職者から、モダニズム建築の巨匠故前川國男氏の「6角堂ホール」に対する未練がましい保存要望があったが、京都市が「建物の形状自体がホールとしての機能を低下させており、改修ではデザイン性・機能性とも要求を満たせないため、委員会の意見を取り入れた上で改築を行う」と回答し、旧施設取り壊し、新京都会館の新築に踏み切った判断は賞賛される。

単なる記念脾的建築物愛好者の懐古趣味の「音痴」な先生方は、「音楽ホールは活きた施設」で「単なるモニュメント」では無い事を認識すべきである!

祇園祭の催行される京都市とこれ迄の歩み

京都府の府庁所在地で1000年の都として有名な古都。

歴史におんぶされ、歴史にしがみついている、町であると同時に、一方では日本初の「水力発電所」日本初の「チンチン電車」「近畿初の地下鉄道」など数多くの時代の最先端をゆく事業も興している。

又1966年日本で最初の国立の会議施設として国立京都国際会館をいち早く完成させ、国際会議を定着させ近年1997年には第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)を開催し「京都議定書」を採択するなど、国際都市としての活動も活発。

2016年に 左京区と右京区の一部が京都丹波高原国定公園に指定され、都道府県庁所在地にある国定公園は珍しい存在となっている。


推計人口、1,466,937人/2018年4月1日

京都-品川 2時間11分/13,910円/新幹線/506.8km

京都市のこれまでの主立った出来事

京都は、桓武天皇が784年の長岡京に続いて、794年平安京に遷都したことに始まる千年の都。

建設開始から12年後に、民苦を理由として新京造営を司る造宮職(ぞうぐうしき)が廃止され、計画された右京区の約半分が未完成のまま、平安京の建設は終了したらしい。

近年・考古学的には平安京は整然とした都市ではなく、左京に偏った都市になっていたと判明している。

その後南朝が衰微して室町時代になると京には室町幕府が置かれたために政治都市として復活する一方で経済発展を遂げ、町衆と呼ばれる市民による自治の伝統が生まれた。

応仁の乱で市街北側の大半が焼失し荒廃した。その後もたびたび戦乱に巻き込まれることとなる。

この頃、京都はそれぞれ「構」によって囲まれていた上京と下京に分かれ、その間は畑になっていたといわれ、室町通でかろうじてつながっていたとされている。

この後、織田信長、豊臣秀吉の保護と町衆の力により復興した。

秀吉の都市改造は大規模なもので、巨大な環状の御土居(おどい)の築造による、戦乱によって領域が曖昧になっていた京都の内側と外側(洛中、洛外)の確定(線引き)を行い、聚楽第と武家町の建設、内裏の修理と公家町の建設、御土居の構築、洛中に散在していた寺をあつめた寺町や寺之内の建設などを行い、現在の京都の町並みの基礎を造った。

秀吉の没後も徳川家康が伏見城に入り伏見は引き続き政治の中心地であった。

1603年3月24日(慶長8年2月12日)に徳川家康が伏見城にて征夷大将軍に任官され、以後三代徳川家光まで伏見城で将軍宣下式を行っている。

江戸幕府が誕生すると政治の中枢は徐々に伏見から江戸に移ったものの、こうした政都の移動にもかかわらず京都は国都であることに変わりはなく、徳川政権は、幕府の京都の拠点として二条城を築き、京都所司代・京都町奉行を設置して直轄下に置いた。

政情が不安定になった幕末には京都守護職が置かれ、その下で新撰組や見廻組が倒幕派の摘発を担ったのはよく知られている。

1867年11月9日(慶応3年10月14日)の大政奉還により、統治権が幕府から京都の朝廷に返上されて新政府が誕生した。京都には京都府が置かれた。しかし、天皇が江戸で直接政治をみるため、江戸を東京として行幸・滞在(東京行幸)することになり、太政官(政府)も移動された。

慶応4年4月25日(新暦1868年5月17日)- 京都裁判所を京都府に改称

明治元年10月13日(1868年11月26日) - 明治天皇が初めて東京に行幸し、江戸城西の丸に入った時をもって江戸城は行宮となり、その名は「東京城」へと改称される。これら一連の手続きをもって東京奠都が推し進められ、京都は事実上の"旧都"となってゆく。



12月8日(1869年1月20日) - 天皇が、京都の御所へひとまず還幸すべく、東京城を出立する。御所には12月22日(同年2月3日)到着。
明治2年1月末3月28日(1869年5月9日) - 東京奠都の完遂(天皇の東京への完全移転)/天皇の東京への2度目の行幸で、崩御するまで、東京城を拠点として東京に居住し続けることとなり、東京城はその名も「皇城」と呼ぶこととなった。



1871年(明治4年)までに、刑部省・大蔵省・兵部省などの京都留守・出張所が次々に廃止され、中央行政機関が京都から消えていった。
明治5年3月13日(新暦1872年4月20日) 5月某日 - 天皇が京都御所に戻る際、「還幸」ではなく「行幸」という語が初めて用いられる。

1877年(明治10年)某月某日 - 「即位の礼」と「大嘗祭」は(従来と変わらず)京都で行うと規定される。

同年以降現在まで日本の首都は東京と認識されている。それにより以前の人口の3分の2まで落ち込み、京都の急激な衰退を招いた。

同年2月6日 - 工部省管轄の官設鉄道東海道本線の京都線(国鉄京都線、JR京都線の前身)が開通し、終着駅として京都停車場(現・京都駅)が開業/神戸と大阪を結ぶ神戸線(国鉄神戸線、JR神戸線の前身)を延伸する形で開通した。

1889年(明治22年)4月1日 - 上京区および下京区が合体(新設合併)したうえで市制を施行し、京都市を発足。

1890年(明治23年)- 琵琶湖疏水の第一期工事が完成。
1891年(明治24年)11月 - 琵琶湖疏水の水を用いて、日本初の水力発電所となる蹴上発電所が稼動開始。

2月1日 - 日本初の電気鉄道として京都電気鉄道(後に京都市電となる)の開業。
10月25日 - 平安神宮が第1回時代行列(後付の名称としては第1回時代祭)を開催

1931年(昭和6年)3月31日 - 京阪電気鉄道新京阪線(今の阪急電鉄京都線)の大宮乗り入れにより、近畿地方初の地下鉄道線開業

1964年(昭和39年)10月1日 - 東海道新幹線京都駅開業。

2016年(平成28年)3月25日 - 左京区と右京区の一部が京都丹波高原国定公園に指定される。

参照覧

※1-1、定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※1-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※2、音響拡散体・グルービングパネルについては関連記事「芸術ホール設計のセオリーとは?」をご覧ください。

※3、関連記事「音の良いホールの条件」はこちら。

公開:2017年10月20日
更新:2018年9月29日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府長岡京記念文化会館 《 ホール 音響 ナビ 》 TOP




▲このページのトップに戻る
▲京都府 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る