『旅するタヌキ』狸穴ジャーナル別冊

静岡県 の公共ホール 音響Navi

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

世界的な浜松国際ピアノコンクールの舞台アクトシティ浜松を始め静岡県にある コンサートホール・多目的ホール・劇場・市民会館などの公共ホールについての音響評論《ホール音響Navi》を集めたカテコリーのcontent menu table

スポンサード リンク

 

MOA美術館/熱海市内 《 公共スペース音響Navi 》 
静岡県屈指の「能楽堂」を持つ「MOA美術館」のガイド記事。世界救世教いづのめ教団「MOAインターナショナル」の活動の一環賭して(公財)岡田茂吉美術文化財団が運営している私立美術館「MOA美術館」。
ロゼシアター ・富士市文化会館《ホール音響Navi》
富士山を望む風光明媚な富士市にあるロゼシアターの紹介記事。
静岡市民文化会館 《ホール音響Navi》
大・中2つのホール、大会議室(小ホール)、6つの会議室、3つの大型展示室などを複合文化施設。都市伝説がはびこる前のセオリーに忠実な形状デザインではあるが、当時の流行り石材壁面なのが惜しまれる。小牧市市民会館などのように木質パネルへの換装などの改修を施せば、初代フェスティバルホール並みの音響になるであろう...。
マリナート・静岡市清水文化会館《ホール音響Navi》
三保の松原で有名な静岡市清水区で、名峰「富士」と並び称される「清水区の宝」マリナートホール。東海屈指の音響を誇る298席の小ホールは正しくリーズナブルな?知られざるプレミアムホール!このホールなら、"帝都"から態々交通費をかけてでもlコンサート(リサイタル)を聞きに出かける価値がある!
清水テルサ /静岡市《ホール音響Navi》 
清水のミニサーカス小屋?清水テルサホール。 スィング式プロセニアムと沈降式床席(床下収納式)、とロールバックシステムで507席のプロセニアム形式ホールと成り、同じくスィング式上部プロセニアムとつり下げ天井反響板で客席1のオープンステージシューボックスホールともなり更に、沈降式の96席を収納すると411席のオープンステージホールとしても使用出来る。
アクトシティ浜松《ホール音響Navi》
4面舞台を持つ本格的な「オペラハウス」とパイプオルガンを設備した「コンサートホール」を備えた「音楽の町浜松」が誇る東海エリア屈指の文化施設。3年ごとに開催される静岡国際オペラコンクールのメインホールともなっている。
磐田市民文化会館 《ホール音響Navi》
浜松とともに松竹大歌舞伎の遠州地方公演の舞台ともなっている磐田市民文化会館。平戸間(オーケストラピット部)と緩やかなスロープを持つ1スロープのプロセニアム型多目的ホール。ホール客席周辺壁面はアンギュレーションをもうけた、建設当時流行っていたタイル張りのいわゆる「エコールーム仕様」


 



▲中京・東海 の公共ホール 音響Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る