旅するタヌキ 

大田区民ホール・アプリコ のガイド

,

アプリコ

大田区では「ニッセイアロマスクエア」と隣接する大田区民ホール「アプリコ」を含めた地区を総称して「アロマスクエア街区」と呼んでいる。

アプリコのあらまし

1477席の大ホールと175席の小ホール、多目的イベントホール、2つのスタジオを等がそろった総合文化施設。

下丸子にある大田区民プラザの伝統芸能・演芸小屋に対し、こちらは音楽ホールとして、共に大田区の文化を象徴する施設として区民に愛されている。

隣接するニッセイアロマスクエアは地上18階地下3階、塔屋1階、高さ82.3mの複合ビルで郵便局、大田区民プラザ、マクドナルド、タリーズコーヒー、その他飲食店などがテナントとして出店しており、オフィス部分には日本生命、ソニー損害保険などが入居している。また、高砂香料工業の本社オフィスも品川区から移転してここに入居している。

アプリコのロケーション

  • 所在地  東京都大田区蒲田5-37-3

東急・JR蒲田駅と京急蒲田駅の間にある、すぐ近くには大動脈「環8」も通っており、交通の要所でもある。

東西南北周囲は所謂裏通りに面しており、特に南面には公園と、通りを挟んで商用ビルが、がっしり「環8」騒音を遮断してくれており、同じく、JR側、京急高架線側双方とも、間に商用ビルが立ち並んでおり、「大田区の町中=騒々しいイメージ」は全く無い!比較的静かな一角にある。

アプリコこれまでの歩み

明治初期 中村化学研究所がこの地にあった。

1920年6月松竹蒲田撮影所として開所 (1936年1月15日閉鎖)、松竹キネマの現代劇映画のスタジオとして1936年大船撮影所が完成するまで映画を製作ていた。

その後、高砂香料工業が工場用地として長年使用していた。

駅前再開発事業で同社が立ち退いた跡地を大田区と日本生命が共同で開発し、高砂香料にちなんで「アロマ」の名がつけられた。

1998年10月に竣工。

大ホール

主にポップス関係のコンサートやエンタテイナーのワンマンショウが年間を通じて数多く開催されている。

プロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団がフランチャイズとして定期演奏会に使用している。

小ホール

クラシックコンサート以外にも、伝統性能など、幅白く利用されている。

アプリコの公式Webサイト&公演チケット情報

http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/aprico/tabid/177/Default.aspx

大ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

小ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

アプリコへのアクセス

JR、東急蒲田駅、京急蒲田駅より共に歩いて数分。

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色

地上5階、地下1階、塔屋1階。

1477席の大ホールと175席の平戸間小ホール、多目的イベントホールの「展示室」、2つのスタジオを持つ文化施設。

大ホール(詳しくはこちら

壁面全面に「木材」を使用した上質も音楽ホール。

シューボックスでありながら、架設脇花道設備もあり、流行の可動プロセニアムを用いプロセニアム演劇ホールとしても利用でき、伝統芸能公演にも対応している。

セオリー(※1)に忠実な丁寧な設えのホール

壁面は大型木質パネルの鎧張り(下見板張り)(※2)、折上組格天井(※3)で定在波(※4)、残響(※5)共に抜かり無いデザイン。お見事!。

壁際の通路が少々狭いが、まあ良しとしておきましょう。

小ホール(詳しくはこちら)

こちらは全面木壁では無いが、4.5mと高い天井で、多少「ブーミー」ではあるが特段癖の強い部屋ではない。

合奏付きの大編成オケ、のリハーサル用としても都合の良い施設であろう。

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 大田区民ホール・アプリコ。/大田区。
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)大田区文化振興協会./大田区。
  3. 開館   1998年10月に竣工
  4. 設計  
  5. ゼネコン 清水建設
  6. 内装(音響マジック) 

大ホール

  1. ホール様式 、『シューボックスタイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   2フロアー 収容人員 、全1477席、、2階テラス席、可動床、1階平土間中央部千鳥配列、
  3. 舞台設備 プロセニアムアーチ:間口

    間口18.0m
    高さ7.0~14.0m
    (可動プロセニアム使用)

    奥行14.6m
    上手袖10.0m
    下手袖12.0m

    、架設脇花道、、ブドウ棚(すのこ)、、可動プロセニアム、可動反響版、オーケストラピット(可動床)、
  4. その他の設備 、楽屋x8、リハーサルルーム、
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

小ホール

  1. ホール様式 平土間・プロセニアム型式多目的ホール。間口:10mm 奥行:17m 高さ:4.5m、
  2. 客席   1フロアー 収容人員 175席、
  3. 舞台設備 オープンステージ形式、昇降式ステージ(間口9.9m×奥行4.7m×高さ0~50cm)ライトバトン6、美術バトン1、幕類3他
  4. その他の設備 、控え室x2
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

付属施設・その他(詳しくはこちらとこちら)

デジタヌの独り言

東京の区民会館としては「トリフォニー」「杉並公会堂」と並ぶ心地よい響きのホールである。

アマチュア団体がこぞって利用したがるのも頷ける。

やはり「心地よい響きはゆとりから産まれる」 である。

※1、関連舞台解説記事「芸術ホール設計のセオリーとは?」はこちら。

※2,鎧張り(下見板張り)についてのWikipediaの解説はこちら。

※3、折上小組格天井についてのWikipediaの解説はこちら。

※4、定在波の悪影響に関するnatuch音響の解説記事はこちら

※5、残響(初期反射と後期残響)についてのWikipediaの解説はこちら。

公開:2017年9月10日
更新:2018年6月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

152めぐろパーシモンホール のガイドTOP110石橋メモリアルホール/上野学園(東京)




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る