旅するタヌキ 

野外ステージガイド Vol,1ー北海道・東北エリア編ー

,

全国には有名無名含めて数多くの野外音楽施設が有り、ポップス関連の野外コンサートに限らず、広くクラシックイベントにも供されている。

Vol,1 北海道・東北エリア編

日本の伝統芸能である地歌舞伎(農村歌舞伎)の舞台も元はこの形式(野外ステージ)で日本全国に舞台だけの施設が数多く残っている。

もちろん、神社の神楽殿も野外ステージの仲間。

札幌芸術の森・野外ステージ

所在地  札幌市南区芸術の森2丁目75番地

アクセス(最寄りの駅) 北海道中央バス「芸術の森入口」または「芸術の森センター」バス停下車

札幌芸術の森・野外ステージのあらまし

詳しくはこちら

札幌市南区にある複合文化施設、札幌芸術の森の中に有る施設。

1987年開館の発表機能を備えたアリーナ、大中小の各練習室、ピアノ練習室などがあるアートホール、札幌芸術の森美術館、工芸館、、野外美術館、版画工房、ロッジ登り窯・穴窯などの施設群を備えた複合文化施設の中にある。

最大収容人数5,000人、芝生の客席が広がり開放感溢れる野外ステージは、クラシックやジャズ、ポップスなどの音楽コンサートをはじめ、演劇、舞踊、パフォーマンスなどプロ、アマチュアを問わず様々なイベントでご利用いただける施設です。ステージ裏には9部屋の楽屋も完備しています。<公式サイトより引用>

アートホールと共に1990年に開催された第1回『パシフィック・ミュージック・フェスティバル』のメイン会場として使用された。

札幌芸術の森・野外ステージの公式Webサイト&公演チケット情報。

https://artpark.or.jp/shisetsu/shisetsu-category/outdoor-stage/

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設情報

  1. 所属施設/所有者 札幌芸術の森/札幌市。
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)札幌市芸術文化財団/札幌市。
  3. 客席・収容人員 最大収容人数:5,000名(レンガブロック屋根付部分500名、天然芝部分4,500名)
  4. 舞台設備 ステージ面積:348㎡(舞台袖含めず)
  5. 付属施設 楽屋x9部屋、
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  7. 開館   1990年6月/野外ステージ、2004年/リニューアル、2006年/スタンド(観覧席完成)

アートホールの施設情報。

1997年の札幌コンサートホールKitara(※照会記事はこちら)オープンまで札幌交響楽団のフランチャイズとして使用されていたホール。

アリーナ:面積645m²(約390畳)、最大収容人数600名(2階観覧席116席)、特別控室
大練習室:面積488m²(約300畳)、最大収容人数300名
中練習室:面積171m²(約102畳)、最大収容人数150名
小練習室1・2:面積各47m²(約28畳)、最大収容人数各10名
小練習室3・4・5:面積各30m²(約18畳)、最大収容人数10名
小練習室6:面積40m²(約24畳)、最大収容人数10名
ピアノ練習室:面積47m²(約28畳)、最大収容人数10名


いわみざわ公園野外音楽堂キタオン

所在地 北海道岩見沢市志文町81-1

アクセス(最寄りの駅)北海道旅客鉄道(JR北海道)岩見沢駅から車で約10分

キタオンのあらまし

(詳しくはこちら)

札幌のほぼ東へ40Km の岩見沢市にある国内最大級の野外音楽堂。

自然公園や市民スキー場のある「萩の山」の一角にあるいわみざわ公園内にある。

「萩の山」の山麓のスロープを上手く利用した施設で野外音楽堂としては国内最大規模を誇る。

反響板を兼ねたドーム付きの舞台も国内最大級。

全席芝生席で舞台前の1階席は煉瓦バリのイベント広場が有り、座席を並べて使用することも可能。

この1階部分の周囲には煉瓦張りの屛?が有り、舞台全体をほぼ覆う大型のドーム屋根と相まってPA無しのアクースティック演奏にも対応できる様になっている。

森に囲まれ、夕方には絶景の夕陽を見られるなど、自然と一体になった最高の環境で音楽を楽しめるのが最大の魅力。

イベント開催時以外は、ピクニックや散歩のコースとして利用されている。

キタオンの公演チケット情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設情報

  1. 所属施設/所有者 いわみざわ公園/岩見沢市。
  2. 指定管理者/運営団体 特定非営利活動法人(NPO法人)はまなすアート&ミュージック・プロダクション/岩見沢市。
  3. 客席・収容人員 最大収容数2万人
  4. 舞台設備 ステージ339.53 m2・間口26 m・奥行き16 m)。
  5. 付属施設 楽屋、リハーサルルーム、
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  7. 開館   2001年

開成山野外音楽堂/福島県

所在地  福島県郡山市開成一丁目5番12号

開成山野外音楽堂へのアクセス(最寄りの駅) 郡山駅

開成山野外音楽堂のあらまし

(公式ガイドはこちら)

1972年開園の開成山公園に有る野外ステージ。。

水上ステージ

上野水上音楽堂同様、(明治時代に作られた)五十鈴湖の湖畔に佇む水上ステージ。

変形ステージ

前縁は(転落防止のため?)3段のテラスになっている。

客席との間は堀になっており、五十鈴湖と繋がっている。

ほぼステージ全面を覆うテント張りのシェルターがある。

ステージ後方の明かり取り窓はフルオープン可能。

公演チケット情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設情報

  1. 所属施設/所有者 開成山公園/郡山市。
  2. 指定管理者/運営団体
  3. 客席・収容人員 約2500名(500席+芝生席約2000名)
  4. 舞台設備 
  5. 付属施設 楽屋、リハーサルルーム、
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら

デジタヌの独り言。

札幌から、高速バスいわみざわ号(岩見沢ターミナル行)で49分/790円、JRいしかりライナー(岩見沢行)で37分/840円と札幌から至便の立地で1年間を通じて観光客の多い土地。

だが、これだけの立派な施設、夏の野外コンサートの他にも使い道があるのでは...?

例えば,札幌、夏の風物詩「YOSAKOIソーラン祭り」(※照会記事はこちら)の第2会場としての利用を札幌市に働きかけてはいかがであろうか。

公開:2017年10月 9日
更新:2018年4月 1日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP




▲このページのトップに戻る
▲東北の劇場・ホールへ戻る