音動楽人(みゅーたんと)

《本物の重低音を求めて!》罰当たり異教徒?多神教派!デジタヌのオーディオ的宗教音楽Navi 

,

実は重低音フェチのデジタヌ!

近年世界を制覇している作り物の「シンセ・バスドラム」たっぷりのアメリカン・ポップスはご遠慮申し上げるとして。

バッハの作品に代表されるオルガン曲も好きですが、聞き続けるには退屈?なので...。

「神様」繋がりで、キリスト教のミサ曲もセリフ?(コーラス)が入っているので、何となく神聖な気持ち?になれて「煩悩を浄化」してくれそうでよく聞きます。

フォーレのレクイエム、ブルックナーの宗教曲、マーラーの復活?一千人の交響曲?などなど...。

どの曲も「重低音ばっちり」。

特に好きなのは小生以下の無神論者ベルディーがお金のために作曲した「親しみやすくて?ド派手!なレクイエム」、

と敬虔な気カソリック信者であったブルックナーの「テ・デウム」とフォーレの「レクイエム」の3作品ですが、

彼ら同様に教会オルガニストとして活躍していた「サン=サーンス」とグノーのミサ曲も愛聴盤のひとつです。

Messe Chorale / Mass: Corboz / Ens.vocal De Lausanne


Organ、Fuchs, Daniel
指揮 Corboz, Michel
演奏  :Lausanne Vocal Ensemble


apex レーベル輸入盤 2002年03月発売新譜

現在、売り切れで、再発売の予定がないので「CD」としての購入は不可能な状態ですが...(勿論小生は所有しています!)

異教徒!某神社の熱烈な信奉者ですが!御霊/信者数」で名を明かすとご利益が薄れる?のでとある神社としておきます。

とにかく神道といっても右翼ではありません、最も大音響オーディオ党となので「街宣カー」同様にご近所迷惑な存在は右翼同等かも?

というわけで最近はヤマハNS-SW500(※1)による空気再生?は控えめにして、もっぱらSONY MDR-Z1000 (※2)に頼って「鳴りを潜めて」ひっそりと!重低音を楽しんでいるわけです。

参※1)当サイト関連記事 YAMAHA サブウーファー NS-SW500 購入・長期使用レポートはこちら。

参※2)当サイト関連記事 スタジオモニターヘッドフォン SONY MDR-Z1000  購入・長期使用レポート はこちら。

ど派手なサンサーンスのほうが...

このCDではグノーのミサ曲が先になっていますが...、

カソリック信者でも無い小生は、ド派手な「サンサーンスのミサ曲」のほうが気に入っています。

出だしの「キリエ」からしてオーディオセンス満点?のサンサーンスらしさ100%。

どの曲も可聴帯域ぎりぎりいっぱいの20Hz近辺の重低音がたっぷり入っていますので、サブウ-ファーは必須ですが、くれぐれも音量にはご注意!

マンションなどでは階下から、一戸建てでも静かな住宅地の夜間は...。

一人静かに?「本物の重低音」に陶酔したい方は最近の3万円以上の中級?「ハイレゾヘッドフォン」が必須です!。


 

公開:2020年2月22日
更新:2020年2月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノ曲コンテンツ再生のポイントは「LP盤再生では不可能?」な重低音の再生にある!TOP《本物の重低音を求めて!》和太鼓の世界 声明コンテンツ編


 



▲名曲・迷曲?・名盤ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る