旅するタヌキ

山形花笠まつり ー東北5大まつりに数えられるイベントガイドー

       

2018年のこのイベントはすでに終了しています。

次回をお楽しみに!

花笠まつり

Official Website http://www.mountain-j.com/hanagasa/index.html

※2018年3月25日現在2018年開催イベントに関する公式発表及び公式サイトの情報更新はされておりません。

開催日 2018年8月5日(日)~8月7日(火)

※各日共午後6時~9時30分頃までパレード

パレード会場:行列出発点「やまぎん本店前」交差点付近→「やまぎんホール前」交差点付近まで約1.1kmの羽州街道。

(公式会場ガイドはこちら)

ご注意;以下の記事中※印は当サイト内の紹介記事リンクです。
但し、その他のリンクは事業主・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

花笠まつりのあらまし

(公式ガイドはこちら)

スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく山形地方の祭。

山形県内など数か所で開催されているが、例年8月に山形市で行なわれる「山形花笠まつり」が広く知られている。

戦前から行われている東北三大祭り(青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつり)とともに「山形花笠まつり」と「盛岡さんさ踊り」を加えた5つの祭りを地元では東北五大祭りと称して観光誘致している。

花笠まつりの見どころ

3日間に夕方18時から21:30頃まで羽州街道を締め切って行われる「花笠音頭パレード」

20時30分頃から市役所前から花笠アーチのあるゴール地点までの数十mは一般観客に解放され、行列最後尾について花笠踊りに参加できる。

花笠まつりへのアクセス

鉄道・バスなどの公共交通

スタート地点JR山形駅より徒歩約800m(約12分)。ゴール地点花笠アーチ迄徒歩約1.9km(約30分)

マイカー利用の場合

(※周辺駐車設備(民間有料駐車場)が少ないので公共交通機関利用がおすすめ)

山形道山形蔵王ICから会場まで約4.2km(約10分)

花笠まつりの観光旅行プラン

日本旅行の花笠祭り観光プランはこちら。

デジタヌの知っておきたい豆知識

山形花笠まつりが行われる山形市とこれ迄の歩み

山形県の中部東にある県庁所在地で人口約25万人の町。

山形盆地の南部3分の1ほどを占め、盆地の東南部に位置する扇状地の上に市街地が立地している
推計人口、251,021人/2018年4月1日。

山形-東京 2時間44分/11,000円/新幹線。

山形市のこれまでの主立った出来事

1356年(延文元年)に、斯波兼頼が羽州探題として山形に入部。子孫は、最上郡の名称をとって最上氏を名乗るようになり、最上氏11代目当主の最上義光が山形を拠点に最上・村山地方を統一。現在の基礎となる山形城と城下町の町割を整備した。

、鳥居忠政が領主となって、馬見ヶ崎川の改修などが行われた。以後、幕末まで、保科氏、松平氏など複数の領主の入れ変わりが続き、天保の改革に失敗した水野忠邦の子忠精が山形に転封され、版籍奉還まで水野氏5万石が続くことになった。山形市西部の須川沿いの船町は、最上川水運において、中流域で有数の港であった。

廃藩置県後は、村山郡山形が山形県の県庁所在地となり、その後、複数の県の統合を経て、現在の範囲の山形県でも県庁所在地となった。

1889年(明治22年)4月1日 - 山形城下31町が合併、市制施行し、山形市となる



1901年(明治34年)4月11日 - 山形駅開設。

1911年(明治44年)5月8日 - 市北大火。済生館病院以北県庁、市役所ほか主要建造物全焼。
1915年(大正4年) - 山形県庁舎復旧(現文翔館)。

1956年(昭和31年)11月 - 大沼デパート、丸久デパート(後の山形松坂屋)開店(山形松坂屋は2000年(平成12年)8月閉店)。

1963年(昭和38年)8月 - 山形花笠まつり開催。

1975年(昭和50年)9月9日 - 山形県庁舎新築の上、現在地(山形市松波)に移転。
1983年(昭和58年)11月1日 - 山形市役所新庁舎落成。
1991年(平成3年)7月31日 : 関沢IC - 山形北IC開通により東北自動車経由で首都圏と高速道路で繋がる。

1992年(平成4年)7月1日 - 山形新幹線開業。山形橋上駅新築供用

2012年(平成24年)2月1日 - 上山市との境界変更をもって1931年(昭和6年)4月1日 の小白川を編入て以来の周辺自治体辺由宇合併に一区切りし現市街区が確定した。

花笠まつりのこれまでの歩み

1963年(昭和38年)、山形県、山形市、山形新聞社、山形商工会議所などが中心となり、蔵王の観光開発とPRを目的に、「蔵王夏まつり」が開催された。
 『山形花笠まつり』は、「花笠音頭パレード」として,この「蔵王夏まつり」のイベントの一つとして開催された

1965年からは単独の『山形花笠まつり』として行う現在の形となった。
1993年からは、まつりの事務局も山形新聞社から山形商工会議所に移り、より市民参加型のまつりへの変革を遂げた。

山形県で行われるアフィニス夏の音楽祭2018などのエンタテイメント情報はこちら 全国お祭りカレンダーはこちら。

山形市の周辺観光ガイド

じゃらんの周辺観光案内はこちら。

山形県の名産・特産品ガイド

山形県の特産品ガイドはこちら山形県の銘酒ガイドはこちら山形県の地ビールガイドはこちら

公開:2018年5月15日
更新:2018年6月14日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

0722会津田島祇園祭 の観光ガイドTOP0806仙台七夕まつり




▲このページのトップに戻る
▲東北 の お祭り ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る