旅するタヌキ

なんばグランド花月 《 ホール 音響 ナビ 》

,

Official Website http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

なんばグランド花月のあらまし

お笑い界の大大名吉本興業の「西の本丸」

2つのホールと飲食店街(芝居茶屋)を備えた吉本の中核施設、。

900人収容の、全面木質壁面でできた響きの良い劇場と、地階に一般貸出も行ている365人収容のYES THEATERを備えている。

なんばグランド花月のロケーション

ところ  大阪市中央区難波千日前11番6号

旧なんば花月(1987年閉館現吉本スウィングビル)から一本東の千日前筋(道具屋筋)商店街に面している。正面にはNMB48劇場がある。

大阪市と周辺にある観光スポットについてのトリップアドバイザーの 口コミ ナビはこちら。

なんばグランド花月 へのアクセス
鉄道・バスなどの公共交通

もよりの駅

Osaka Metro;御堂筋線・四つ橋線・千日前線、「なんば駅」11番出口より徒歩約5分400m


南海電車;「難波駅」東出口より徒歩約3分250m

近鉄・阪神 「大阪難波駅」より徒歩約8分600m

近鉄・大阪メトロ(千日前線・堺筋線)「日本橋駅」4番出口より徒歩約6分450m

JR西日本;「JR難波駅」中央出口より徒歩約12分1km

マイカー利用の場合

1階にトラストパーキング(3ナンバー1BOX車可)の有料駐車場ありマイカーりようの可能。(但し収容台数は30台程度)

阪神高速 

夕陽ヶ丘出口より約4分/1㎞

道頓堀出口より約5分/1.2㎞

港町出口より約11分/1.9㎞

※所要時間はいずれも平日昼間時間帯の目安です。

なんばグランド花月

吉本興業お笑い芸人のフランチャイズとなっている。

※吉本興行特別企画として「スギテツ」などのクラシック(セミクラシック)スペシャルイベントも時折開催されている。

YES THEATER

吉本興業自主公演以外にも、一般にも貸し出しされており、小演劇グループや、アマチュア演劇グループなども利用している。

施設面から見たなんばグランド花月の特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

なんばグランド花月

(公式施設ガイドはこちら。)

平土間から続く緩やかなスロープを持つメインフロアーと、2階バルコニー席で構成される2層構造のプロセニアム形式演劇ホール。

ホール両側壁は全面木質パネルを用いて、階段状に情報に向かってホール内部にせり出している。

但しプレーンな垂直平面の段付き構成なので、ホール左右方向の定在波対策(※1)にはなっていない。

メインフロアーは平土間に近い緩やかなスロープなので、フロア全てで定在波による障害が発生しており特に中央14番座席はミステリースポット(※2)ラインとなっており、同じく定在波の「腹」に当たる各列8・20番席も障害顕著エリアに当たる。

2階バルコニー席は対抗する木製プロセニアム上縁前縁はスラント設置のコーナー反響板になっており一番問題となる前後軸方向の定在波波は発生していない、ホールを横断する定在波は発生はしているが両翼が前方に張り出した「すり鉢状」のスロープ形状になっており、直接被害席は無い全席クリーンエリアである!

天井はプラスターボ―ド(※3)製のセグメント反響板を隙間を於いて並べたデザイン。

1・2階後方側壁上部、同じく大向うジョブは音響格子で表装した吸音壁になっている。

天井最前部、左右両側壁前部にはむき出しの照明器具が配置され音響拡散体(※4)として利用するコンサートホール流行りのデザイン。

ホール音響評価点:得点64点/100点満点中
§1 定在波」対策評価;得点20点/配点50点
  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※客席側壁が ホール床面積の1/3以上に及ぶ範囲を「完全平行な平面壁」で囲まれているときには 配点25点に減ずる。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§2 残響その1 「初期反射」軽減対策評価;得点25点/配点25点
  • 木質パネル等の素材基礎点25点から硬質壁材基礎点12点の間5段階で素材基礎点を与える。
  • 障害箇所1点/1箇所で基礎素材点から減じて基礎点とする。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§3 「音響障害と客席配置」に対する配慮評価;得点14点/配点20点
  • ※壁際通路&大向こう通路の有無、天井高さ&バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で配点から減じて基礎点とする。
  • ※基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§4 残響その2「後期残響」への配慮評価得点5点/配点上限5
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。
  • ※上限5点の範囲内で上記1点/1アイテムで加算評価。

※関連記事 「ホール音響評価法についての提案」はこちら。

総評

コンサートホールとしても通用する、豊かな響きだが、演劇ホールとしてみた場合は、残響(※5)が豊かすぎて、少々、耳障りではあるが、しかし通常ピンマイクと場内拡声器?を使用する現代演劇・演芸場なのでさほど問題にはならない。

ここまで凝った表装をするなら、メインフロアー周辺両側壁も、内傾スラントか、アンギュレーション配置にしてほしかった。

いずれにせよ、当代随一の演芸ホールであることには違いない。

算出に用いた値;

定在波評価

基礎点B1=配点25点ー障害発生エリア数3=22点

定在波障害顕著席数;63席(21席/1F中央14番席全列、42席/1F8&20番全列)

初期反射対策評価

基礎点B2=素材基礎点25点ー障害発生エリア数0=25点

初期反射障害1 壁面障害席 ;0席

初期反射障害2 天井高さ不足席;0席

重複カウント ;ー0席

音響障害席総計;0席

客席配置評価

基礎点B3=基礎点20点ー障害発生エリア数4=16点

眺望不良席数;44席/1F平土間中央部座席

音響不良席その1 定在波障害顕著席 ;63席(21席/1F中央14番席全列、42席/1F8&20番全列)

音響不良席その2 初期反射障害1壁面障害席 ;0席

音響不良席その3 初期反射障害2 天井高さ不足席;0席

重複カウント ;ー4席

音響障害席総計;103席

算定式 

評価点V=基礎点X(総席数ー障害座席数)/総席数

YES THEATER

(公式施設ガイドはこちら。)

2階吹き抜け相当の天井高さをもつ1スロープの演劇専用ホール。

プロセニアムの無いオープンステージ構成だが袖幕でサイドプロセニアムを代用している。

ホール周囲壁面は一般建築用の、板材(下層部)と石膏ボード(中上層部)を壁紙で表装した宴会場スタイルの内装。

天井は流行りの構造材、冷房ダクト類剥き出しの天井を照明グリッドで前面表装した設え。

側壁スラント・アンギュレーションなどの定在波対策'は一切講じられていない、ただのシューボックスホール。

但し最後部大向う背後壁面は浅いハの字型になっており、ステージ背後壁に対抗する中央部は1段迫あがった舞台照明エリアになっており偶然L列中央部客席の前後軸定在波障害防止にはなっている。

ホール音響評価点:得点50点/100点満点中
§1 定在波」対策評価;得点22点/配点50点
  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、をオーディエンス周辺壁面(概ね人の背の高さ:約1.8mの範囲内)の設えで評価する。
  • ※客席側壁が ホール床面積の1/3以上に及ぶ範囲を「完全平行な平面壁」で囲まれているときには 配点25点に減ずる。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§2 残響その1 「初期反射」軽減対策評価;得点15点/配点25点
  • 木質パネル等の素材基礎点25点から硬質壁材基礎点12点の間5段階で素材基礎点を与える。
  • 障害箇所1点/1箇所で基礎素材点から減じて基礎点とする。
  • 基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§3 「音響障害と客席配置」に対する配慮評価;得点11点/配点20点
  • ※壁際通路&大向こう通路の有無、天井高さ&バルコニー・テラス部の軒先高さ、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で配点から減じて基礎点とする。
  • ※基礎点に障害エリア客席数比率を乗じて算出する
§4 残響その2「後期残響」への配慮評価得点2点/配点上限5
  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で評価。
  • ※上限5点の範囲内で上記1点/1アイテムで加算評価。

総評

演劇専用ホールなので、ドタバタ喜劇でも公演しない限りは、あまり問題は発生しないであろう。

算出に用いた値;

定在波評価

基礎点B1=配点25点ー障害発生エリア数1=24点

定在波障害顕著席数;18席/D~L列の中央12・13番

初期反射対策評価

基礎点B2=素材基礎点20点ー障害発生エリア数1=19点

初期反射障害1 壁面障害席 ;0席

初期反射障害2 天井高さ不足席;57席/N~P列車椅子席含む。

重複カウント ;ー0席

音響障害席総計;57席

客席配置評価

基礎点B3=基礎点20点ー障害発生エリア数3=17点

眺望不良席数;40席/1F平土間中央部座席

音響不良席その1 定在波障害顕著席 ;18席/D~L列の中央12・13番

音響不良席その2 初期反射障害1壁面障害席 ;0席

音響不良席その3 初期反射障害2 天井高さ不足席;57席/N~P列車椅子席含む。

重複カウント ;ー10席

音響障害席総計;105席

算定式 

評価点V=基礎点X(総席数ー障害座席数)/総席数

なんばグランド花月の施設データ

  • 所属施設/所有者 なんばグランド花月ビル/吉本興業。
  • 運営団体  株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
  • 竣工・開館   1987年(2012年4月7日リニューアルオープン)2015年4月4日地階YES THEATERオープン
  • フロアー配置図・フロアマップはこちら

なんばグランド花月

ホール様式

プロセニアム形式『モダン芝居小屋』

客席仕様

2スロープ2フロアー 
収容人員858席、(車椅子用スペースX1台、)フローリング、通路部のみタイルカーペット床。

舞台設備
  • 舞台仕様 プロセニアム形式
各種・図面・備品リスト&料金表

YES THEATER

ホール様式

セミオープン型式多目的ホール。

客席仕様

1スロープ1フロアー
収容人員326席、Pタイル張り、通路のみタイルカーペット敷。

舞台設備
  • 舞台仕様 プロセニアム形式(セミオープン形式)
各種・図面・備品リスト&料金表

付属施設・その他 

館内付属施設 

※参照覧

※1-1、定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※1-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※2、関連記事『ホールに潜む ミステリー ゾーン (スポット)とは?』はこちら。

※3、アクリルエマルションペイント仕上げのプラスターボードについての建材メーカーの解説記事はこちら

※4、音響拡散体・グルービングパネルについては関連記事「芸術ホール設計のセオリーとは?」をご覧ください。

※5、直接音、初期反射音、残響音についての(株)エー・アール・アイさんの解説はこちら。

公開:2018年9月13日
更新:2018年11月 3日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪国際交流センター《ホール 音響 ナビ》知られざる銘ホール を備えたコンベンションセンター TOP




▲このページのトップに戻る
▲大阪府 の劇場 コンサートホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る