旅するタヌキ

【サーキット ナビ】ツインリンクもてぎ 栃木県茂木町にある国内唯一のツインリンク

,

ツインリンクもてぎ

Official Website  http://www.twinring.jp/

ツインリンクもてぎとは

1997年8月に鈴鹿サーキットを所有するホンダの国内2つ目のサーキットとして営業が開始された。

現在は鈴鹿サーキットも運営する「株式会社モビリティランド」が運営を行っている。

開設当初は当初イタリアのモンツァに次ぐ世界でもまれなインディタイプのスーパースピードウエイ(オーバルコース)とロードコースの2つの周回路を併設するスピードウェイとして開所したのでこの名になった。

2011年の東日本大震災被災後はスーパースピードウェイは路面陥没のため使用されていかったが、2017年に大改修を行い、同年12月インディ500マイルレースで日本人初のチャンピオンとなった佐藤琢磨&ウィニングカーの凱旋デモ走行で、オーバルコースが復活した。

現在国際レースとしては、唯一2輪レースのMOTOGPが開催されている。

ツインリンクもてぎで開催される公認ビッグタイトルレース

4輪レース(※以下レースガイド記事リンク)

スーパーフォーミュラ全日本F3選手権スーパーGT

2輪レース(※以下レースガイド記事リンク)

MFJ GRAND PRIX SUPERBIKE RACE 【FIM国際ロードレース】  

ツインリンクもてぎ のロケーション

ところ  栃木県芳賀郡茂木町

アクセス JR宇都宮駅から、イベント開催に合わせた不定期路線バスが運行されている、要運行日確認!

 

ツインリンクもてぎで開催されるイベント&チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

ツインリンクもてぎの施設データ

  1. 運営団体 株式会社モビリティランド
  2. 開設 1997年
  3. スーパースピードウェイ一周 2.4km、
  4. ロードコース 全長4.801Kmクローズドサーキット、右コーナーX8、左コーナーX6、
  5. その他 モトクロスコース、北ショートコース1km(カートコース)、南コース1.2kmショートコース、インフィールド内マルチコース(600m・カート、ミニバイク、ジムカーナーなど)
  6. 設備(規格) ロードコース;4輪:FIA国際公認、JAF国内公認、2輪;MFJ公認(FIM国際規格)
  7. 収容人員 98122万人
  8. 付帯設備 グランドスタンド(1.8122名)
  9. 付属施設 宿泊施設、アミューズメントパーク、博物館、飛行場、その他

ツインリンクもてぎこれまでのあゆみ

2011年の東日本大震災までは1周2.41km の高速オーバルコースも走行可能であったので、ロードコース(4.8km)と組み合わせ全長6Km程の高速テクニカルコースとして使用されていたが事もあったが、被災後は使用されていなかった。

2017年12月大改修が完成オーバルコース復活。

 

県特産品・お土産物ガイド地酒ガイド地ビールガイド、ワインガイドはこちら。

チケットぴあ

公開:2017年8月11日
更新:2018年8月11日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP【サーキット ナビ】筑波サーキット 伝統を誇る首都圏のサーキット




▲このページのトップに戻る
▲北関東 エリア の 観光スポット ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る