音楽便利帳

リチャード・リン《 Virtuoso Navi 》

,

2013年の前々回第5回仙台国際音楽コンクール(コンクールナビはこちら)で優勝および聴衆賞を受賞。2011年マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール第2位および"ニュージーランドコミッションワークベストパフォーマンス"賞、NTDTV(New Tang Dynasty Television)国際中国ヴァイオリンコンクール第2位、ブラム弦コンクール第1位および全体賞、また、ナショナル台湾音楽コンクール第1位を受賞。

ヴァイオリニスト Richard LIN のプロフィール

1991年、アリゾナ・フェニックスに生まれ、台湾で育ち、4歳の時にヴァイオリンを学び始めた。16歳の時、グレゴリー・リーとともに渡米。 カーティス音楽院にて、アーロン・ローザンドに師事。現在、ジュリアード音楽院修士課程にてルイス・カプランに師事している。

第5回仙台国際音楽コンクールで優勝する等多くの受賞歴

2013年の前々回第5回仙台国際音楽コンクール(コンクールナビはこちら)で優勝および聴衆賞を受賞。

2011年マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール第2位および"ニュージーランドコミッションワークベストパフォーマンス"賞、NTDTV(New Tang Dynasty Television)国際中国ヴァイオリンコンクール第2位、ブラム弦コンクール第1位および全体賞、また、ナショナル台湾音楽コンクール第1位を受賞。

コンクール歴以外にも2010年及び2011年には、チーメイアーティスト賞を受賞

数多くの団体と共演

これまでに仙台フィルハーモニー管弦楽団、オークランドフィルハーモニー管弦楽団、オクラホマ市交響楽団、台湾国立交響楽団、台北市立交響楽団、ワロニー王立室内管弦楽団、横浜シンフォニエッタ、マカオ弦楽協会オーケストラ、台湾弦楽アカデミーと共演。台湾およびアメリカ合衆国で、多くのソロリサイタルを開催している。

ディスコグラフィー

第5回仙台国際音楽コンクール 優勝記念CD ヴァイオリン部門 リチャード・リン

公開:2020年12月 7日
更新:2020年12月 7日

投稿者:デジタヌ


ギドン・クレーメル《 Virtuoso Navi 》TOP大谷康子《 Virtuoso Navi 》


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲バイオリニストNaviへ戻る

 

ページ先頭に戻る