『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

ギドン・クレーメル《 Virtuoso Navi 》

,

今世紀の巨匠。若手の後継者育成にも熱心で、自らクレメラータ・バルティカを結成し、ヨーロッパのみならずアメリカでもツアーを行っている。

ヴァイオリニスト Gidon Markusovich Kremer のプロフィール

1947年2月27日 ラトビア、リガ出身。

4歳の時から高名なヴァイオリニストでもある父と祖父よりヴァイオリンを習い始める。

7歳の時にリガの音楽学校へ入学し、16歳で早くも国内の音楽コンクールで優勝した。

のちにモスクワ音楽院へ進学し、当時教壇に立っていたダヴィッド・オイストラフに8年間師事する。

ソヴィエト連邦内のツアーを行った後、1975年にドイツで初めてのコンサートを開き、西側ヨーロッパでの鮮烈なデビューを飾った翌年、ザルツブルク音楽祭でさらに評判を得る。1977年にはニューヨークへも進出し、アメリカでも名声を博した。

数多くのコンクール歴

1967年、22歳の時にブリュッセルで開かれたエリザベート王妃国際音楽コンクールにて3位に入賞し、

1969年のパガニーニ国際コンクールでは優勝、

1970年のモスクワで開かれたチャイコフスキー国際コンクールでも優勝する。

受賞歴

2001年のユネスコ国際音楽賞を受賞、2002年のグラミー賞の最優秀Small Ensemble Performance賞受賞など、旺盛な活動に高い評価が下されている。

日本からは2016年、第28回高松宮殿下記念世界文化賞(音楽部門)を贈られている。

若年層の教育にも熱心に

ドイツに亡命した翌年にあたる1981年には、ロッケンハウス音楽祭を自ら創設し、毎夏オーストリアで音楽フェスティバルを開催するようになった。

名声を勝ち得るに従い、若い演奏家の育成・発掘にも尽力するようになる。

彼は無名の演奏家やアンサンブルを積極的に出演させつつ、自らも交流も深めることを続けていた。

1997年には、バルト三国の若い演奏家20数名を集め、クレメラータ・バルティカを結成し、ヨーロッパのみならずアメリカでもツアーを行う。

1641年製ニコロ・アマティを愛用

使用楽器は、ストラディバリ、1730年製グァルネリ・デル・ジェス"エクス・ダヴィッド"等を経、現在は1641年製ニコロ・アマティ。

ディスコグラフィー

多様なレパートリーは、古典派やロマン派のすべてのスタンダード作品から、20世紀の大家の作品に及んでいる。

ギドン・クレーメル & クレメラータ・バルティカ

公開:2020年12月 7日
更新:2020年12月 7日

投稿者:デジタヌ


TOPリチャード・リン《 Virtuoso Navi 》


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲銘バイオリニストNaviへ戻る

 

ページ先頭に戻る