『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

H. Schaefer《 Maestro Navi 》 ヘンリク・シェーファー

,

2014年よりスウェーデンの名門イェーテボリ歌劇場の音楽監督を務めるドイツ人指揮者。

公式サイト https://www.henrikschaefer.com/

Henrik Schaeferのプロフィール

1968年ボーフム生まれドイツの指揮者。

2014年よりスウェーデンの名門イェーテボリ歌劇場の音楽監督を務める。このオペラハウスは卓越したオーケストラとスウェーデン随一の合唱団を持ち、北欧屈指の専属バレエ団は国際的な賞賛を浴びている。また、イェーテボリ大学修士課程オーケストラの芸術監督を務めている。

略歴

6歳の時にバイオリンを始め、14歳の時にヴィオラに転向。

22歳の時。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のGrahe教授、Koch教授、Kashkashian教授、そしてLuethy教授に学んだ。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団・音楽監督当時のクラウディオ・アバドのアシスタントを務めた後、2014年にスウェーデンのヴェルムランドオペラの首席指揮者に就任した。

1998年ライプツィヒのローデ教授てについて、

2000年5月 「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」を率いていたクラウディオ・アバドのアシスタントとなった。

それ以来、彼はベルリンとザルツブルク(Falstaff、Parsifal)で何度もオーケストラを指揮し、

2002年5月にウィーンで最後のクラウディオ・アバドとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのグスタフ・マーラーの交響曲のためのリハーサルを担当した。

世界各国のオーケストラと共演

客演指揮者としてイスラエルのシンフォニエッタ、シャルーアン・アンサンブル、スウェードドイツ・フィル、広島交響楽団、東京交響楽団、オランダ交響楽団、プラハ交響楽団、メトロポリタン管弦楽団、オランダ放送管弦楽団、アスコアンサンブル、ブランデンブルク市立劇場フランクフルト、ニュルンベルク交響楽団およびBBCスコティッシュ等多くの楽団と共演している。

そしてライプツィヒ歌劇場で名門ライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団と一緒に「ル・ノッツェ・ディ・フィガロ」の新作の初演も行っている。

ディスコグラフィー

ブラームズ&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲

公開:2020年12月 6日
更新:2020年12月 6日

投稿者:デジタヌ


H.Soudant《 Maestro Navi 》ユベール・スダーンTOPKentaro Kawase《マエストロNavi 》川瀬賢太郎


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲マエストロ Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る