『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

「 音楽愛好家 」の親睦団体その1 《親睦団体》クラシック編

,

音楽愛好家の親睦団体紹介コーナー

ここからは分かり易い!?クラシックファンならどっかの協会に入ってなくちゃ!でもありそでないのがベートーヴェン協会...。

日本モーツァルト協会 

作曲家と言えばやはりこの人でしょう。

日本ブラームス協会 

(ロマンチシズムの極地、小生も大好きです。デジタヌ)

日本シューマン協会 

(なんというか、コケティッシュな魅力満点の作曲家。デジタヌ)

日本フォーレ協会

(なんて、清楚で美しいのでしょうか。デジタヌ)

日本シベリウス協会

(この人日本と祖国フィンランド以外の国では意外と人気ないのだそうです?デジタヌ)

日本ショパン協会

(ピアノの詩人と言えばこの人。デジタヌ)

日本ロッシーニ協会

(この軽快なタッチが何ともたまりませんな...。デジタヌ)

日本ブルックナー愛好会

(神に一生尽くした聖人!、又なかなか決定稿が書けなかった手直し魔?の作曲家として有名。

この世で神の光明を見たければこの人の作品を聞くべし!

小生の最も好きな作曲家です。デジタヌ)

日本ヘンデル協会

(王宮の花火...だけではありません。デジタヌ)

日本ヴェルディ協会

(イタリアオペラと言えばやはりこの方をおいて...。デジタヌ)

日本G・プッチーニ協会

(哀愁!この言葉以外、この人の作品全てに通ずるキーワードのような気がします。小生「トーランドット」聞くと、辺り一面ティッシュの山?!デジタヌ)

日本ヨハン・シュトラウス協会

(私が1番最初に買ったLPはこの方のウィンナワルツ、デジタヌ)

日本ワーグナー協会

(そしてこの方「真打ち登場」、ロマン派最高にして最大の偉人でありロマンティシズムの極地!

この方の前ではひれ伏すのみ。デジタヌ)

皆さんは何処の会員になられますか?

まずわNETサーフィン(古ーい!ごめん...)でもしてみてから、じっくり考えてから入会しましょう!どーれにしようかな...。
真面目に活動しておられる協会の諸氏、気に触ったらごめんなさい。決して茶化したわけではありません!(デジタヌ)

ご注意

佐村河内守スキャンダル

象徴する様に「自称・何々」という手合いは音楽関係に関わらずそのまま鵜呑みにはできません。

協会・連盟でも然り。

「社団法人」「財団法人」や、もっともらしい団体名を名乗っている「NPO法人」等の各種団体であったり、同人会・親睦会・同好会などの「任意団体」であったり、それとは逆に明らかに営利目的の「学校法人(各種学校)」や「会社法人」であったりする場合んもあります。

「NPO法人」

「NPO法人」で有っても「近年の漢字検定協会スキャンダル」の様に団体幹部の食い物になっていたり「補助金詐欺紛いの団体」も数多く存在します。

特に首都圏には

税金のがれの為に作ったような「芸能プロダクション紛い」「プロモーター紛い」の営利活動で利益を享受している多少危なっかしい協会・連盟も数多く見受けられます。

特に左前の芸能プロ業態転換したような団体は、プロになりたい音楽家の卵を食い物にし

高額な入会金・年会費だけを取り、仕事を回してくれない!

なんて場合も...。

本稿で紹介した団体は、

見るからに怪しそうな団体はなるべく掲載しないようには心がけております。

しかし全て「好意に満ちた団体」ばかりとは限りません、入会・加盟は各人の「個人判断・個人責任」に基づいて「決断」願います

ちなみにデジタヌは

自称・エッセイスト・コラムニスト・アナリスト・ナルシスト?ですがプロではありません、念のため\(^_^ )( ^_^)/ワッハッハ!

公開:2010年5月 8日
更新:2019年2月 7日

投稿者:狸穴猫


演奏家 個人加盟の親睦・振興団体その3《親睦団体》邦楽TOP協会・連盟 その1 《芸術振興団体》洋楽


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲アマチュア音楽家の為の協会・振興組織Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る