『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

演奏家の労働組合?《 ユニオン・権利団体 》 

,

個人経営・自由業の西洋楽器の自称・演奏家、音楽教室主宰者が加入できる権利団体・労働組合「ユニオン」です。契約団員・エキストラ等不安定な身分?・環境で「演奏活動」にたづさわっている、フリーミュージシャンでも「社・保完備」の環境が構築でき、首都圏にあまたある「紛い物・演奏家協会」との間で生じた「契約不履行」問題の相談にも対処してくれます?

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは事業主・関連団体の公式サイト若しくはWikipedia等のWEB辞典へリンクされています。

自称・音楽家(個人)の権利団体・組合 

日本音楽家ユニオン(労働組合法人)

日本演奏家協会と日本音楽家労働組合の組織合同により、1983年10月に発足した、音楽家の個人加盟による組織「権利団体」。
約40年にわたって音楽家の社会的、経済的地位の向上と音楽文化の発展のための活動を続けている。特にNHK、民放、レコード協会などとの間で出演料の取り決めを行ったり、法人オーケストラにおける労働条件の改善においても大きな成果をあた。商業用レコードの二次使用料の増額にも取り組んでいる。

主催・後援事業(演奏会等)の案内

公益社団法人日本演奏連盟

公益社団法人日本演奏連盟は、クラシック音楽の演奏家及び演奏業務に携わる人相互の連絡提携の場となり、技能、教養を伸ばし、音楽芸術の昂揚と文化の発展に寄与するとともに、演奏家及び演奏業務に携わる人の利益擁護と福祉厚生を図ることを目的に設立されました。(同団体HPより引用。)
会員の福祉厚生事業も行っている

主催・後援事業(演奏会等)の案内

自称・プロプレーヤの皆さん以上2つの団体いずれかには入っておいたほうがよいかも?デジタヌ

公開:2019年2月 7日
更新:2020年12月 6日

投稿者:デジタヌ


作曲家の加盟する労働組合? 《 ユニオン・権利団体 》TOP


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲舞台芸術家の権利団体 Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る