音楽便利帳

神奈川県のアマチュアオーケストラの皆さんへエール!

,

小生は各県のアマチュアオーケストラ紹介記事を書き進めるうちに、アマチュアオーケストラの先々に不安を覚えるようになっていった。

「音楽愛好家の有志が集まった同好会活動」

であった筈のアマチュアオーケストラが、

大企業の思いつきで始まったような企画に乗っかった「競争至上主義の指導者」の一部が喧伝した全国組織や左翼系大新聞社が扇動した?他ジャンルの「某全国組織」等では、

コマーシャリズム」や「中央集権的左翼思想」があまりにも濃く、加盟団体が思うように伸びていない節も見受けられるし、せっかく根付いた「アマチュア・西洋音楽」の行く末が危ぶまれる様な気がしてきていた。

そんな最中「神奈川県のアマチュアオーケストラ紹介」記事に取りかかり,

やっと希望がもてる様になってきた。 

神奈川県はアマチュアオーケストラ発祥の地!

ご存じの方もおられるとは思うが、神奈川県は日本で最初の西洋渡来・本格おーけすとら「ザ・アマチュア・オーケストラ」発祥の地でも有り、同時に大正ロマンチシズムをコンテンツ面から支え、全国にクラシック音楽ファンを広めた日本蓄音機製造(現日本コロンビア)発祥の地でもある。

全国の大都市圏に散らばる近隣自治体との「対抗意識剥き出し」の主催・後援組織のご意向に振り回され「大曲難曲指向病」に蝕まれている「身の程知らずのアマチュアオーケストラ」が多い中にあって、唯一「アマチュアリズムを貫いている団体」が多くみられる県であると感じた。

公開:2017年5月11日
更新:2019年1月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽を極めるために「芸大」を目座すか、趣味を極める為に「一流大学」をめざすか?TOPお父さんアマオケに苦言 《 コラム2017 》 リーズナブルな小ホールに目を向けて見られては。


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲デジタヌの音楽談義へ戻る

 

ページ先頭に戻る