『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

金管演奏の原理《 教本 Navi!》クラウド・ゴードンによる自然科学的解明-

,

金管演奏の原理―クラウド・ゴードンによる自然科学的解明 (アマゾンへリンク)

H.L.クラークの直弟子のクラウド・ゴードンによる理論書。

この本はかなり現在の金管の常識をくつがえすか?

日本語表題はしゃっちょこばっているが、原題はとーんでもない!

「Brass Playing Is No Harder Than Deep Breathing」

というのだ。

直訳すれば...

「金管演奏は深呼吸より難しくはない」

となる。 ずいぶん思い切ったタイトルだ。

舌の位置と呼吸法(とそのコントロール)に着目した画期的な書籍だろう。

唇に焦点をあてて演奏を(特に高音域・ハイトーンの)考えている人が多い中、ウィンドコントロールの源として、舌に着目したというところが画期的な書籍である。

米国人らしくちょっと饒舌な感じの文章・構成であることは否めないが、読んでおいて損はないというところ。

特にクラークの教則本をやる上で、とても重要な示唆がたくさん入っている。

ちなみに、翻訳した杉山正氏はまたクラウドゴードンの弟子である。

杉山氏のホームページにはこの本の解説があり、そちらも一読の価値がある。

公開:2010年4月 5日
更新:2018年10月23日

投稿者:狸穴猫


TOPサクソフォーン演奏技法


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲音楽関係書籍・教則本Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る