デジタヌの電脳道場

シャープの穴無し槽の洗濯機はやっぱりいい-家電製品長期レビュー-

シングル槽で大幅節水、そして長もち(実体験)

 

 

全自動洗濯乾燥機全盛の時代時代に、なんで今更ただの全自動?と思われるかもしれない。

その疑問にまずこたえよう。

節水効果や布痛みの防止にかなり強烈な効果をもたらす洗濯機だからである。

 

穴無しのシングル槽洗濯機って?

従来型の二重槽はほんとうにいる水の3割増し無駄水を使っているのはご存じの方も多いだろう。

ところが、意外に知られていないことだが、シャープでは25年前の1992年から、シングル槽の洗濯機を発売している。

特許技術をつかったシャープにしかない製品だ。

 

槽がシングルだと...

従来型の2重構造洗濯槽では、投入口から見えている洗濯槽(脱水槽)の外側に水槽があり、見かけより多くの余分な洗浄水を必要とする。つまり、水も洗剤もかなり余分に使ってしまっている。

しかし、シングル槽だと余分な水はいらない。

そしてほかにもかなりのメリットがある

 

「シングル洗濯槽」の節水プラスαのメリット

無駄水いらずで大幅節水、そして洗剤も節約

これに対して本製品は「シングル洗濯槽」なので、見かけも、実容量も同じなので、他社製品に比べて、洗剤使用量は3割減、トータル使用水量も約3割減と節水が出来る。

水が少なければ当然洗剤も少なくてすむ、柔軟剤も少なくて済む!

穴がないので雑菌(カビ)が繁殖しづらい

シングル水槽のもう一つの優位点は、雑菌が繁殖しづらいこと。

通常製品では、目に見えている脱水槽はステンレス槽で一見清潔に見えても、外側の洗濯槽本体はFRPかABS樹脂で製作されており、内槽と外槽の間の隙間(無駄容積)の部分に雑菌が繁殖しやすい。そのためにに頻繁に空洗浄(殺菌洗浄)を行わないとニオイや、シミの元となる雑菌・(カビ)が繁殖する。

シングル槽なら、雑菌の繁殖しやすい部分がないので、洗濯槽の除菌!の回数も少なくてすむ。

下水使用料もお得。

ご存じのように、ほとんど全ての自治体では、水道代と下水料金がリンクしている。

つまり、洗濯に関わる水道使用量が2割超少なくなれば、それに相当する下水使用量も少なくて済む!

 

洗濯時間も短いので、頻回の洗濯が楽

他社製品より、約3割程度少ない洗濯槽なので、排水にかかる時間も通常製品よりも約3割短くて済む。

具体的には、Max5.5kgの洗濯物に対して、洗濯水(すすぎ水)38L、本製品では標準的な洗い1回すすぎ2回のコースで約38分、通常他社製品だと約50分、大幅な時短になる!

洗濯ものの量が多い家庭にはこれがかなりうれしい。

最新型ドラム式『洗濯乾燥機』との比較。

CMで見かける洗濯機といえば、今やほとんど横入れ型の洗濯乾燥機。

ドラム式『洗濯乾燥機』は守備範囲が限られる。

共働きの2人暮らしで、睡眠時間以外の活動時間帯の在宅時間が短く、しかも毎日の洗濯量が6Kg以下であれば、家事の省力化を目指す向きには好都合かもしれない。

例えば6Kgの洗濯物を処理するには最低洗濯・脱水容量10Kgタイプが必要!

6kgの洗濯物を全自動で乾燥工程までこなすには、10Kg対応の全自動洗濯乾燥機が必要となる、購入相場 で約¥160,000 価格差にして3倍以上! (※シャープ製ドラム式洗濯乾燥機の場合)

以外とかかる『洗濯乾燥機』の時間・コスト。

乾燥工程までの全行程に要する時間は、2時間30分!/6Kg。トータルコスト84.3円(※シャープ試算)

同容量の、全自動洗濯機の1工程は約38分/6Kg。トータルコスト30.6円(※シャープ試算)

なおかつ、乾燥工程に使用する電気代もバカに成らない!

(※乾燥に関わる電気代約50円/1回/シャープ製品での比較)

1日6Kg以上の洗濯量のご家庭ではメリットが感じられない『洗濯乾燥機』

標準的な家族4人のお宅であれば、夏場の洗濯物の量を考えると、6kg程度の洗濯・脱水容量能力では1回の洗濯では洗濯物の処理は追いつかず日に2回まわざる得ず、時間的に考えても5時間/2回では途中の入れ替え作業を考えるとメリットが感じられない。

「働き盛りのご主人」と「育ち盛りの子達」を抱えたご家庭に

洗濯ものの量が多いので回す回数が多いご家庭で1回の洗濯容量は大きい方が楽!というご家庭には、見かけの割に洗濯容量が大きいシャープの穴なし槽全自動洗濯機はかなりおすすめなのだ。

我が家の長期使用レポート。

過去13年、使い続けている。

シャープの穴無し槽節水型洗濯機を13年前に1台目を購入、3年前の2014年に2台目(現役)を購入した。

水回りで使う防滴モーター製品で10年間/1台の耐久性は立派でもある。

買い換えたのは動作が怪しくなったためだ。制御部品の交換をすればもう少し活躍したのでは思う。

設置場所は屋根有りだが屋外!それほど家電製品にやさしい場所ではない

その間に、働き盛り(しかも半ガテン系)の汗っかきの大人1名、主婦1人、育ち盛りの少年1人、幼児1人の計4名分の大量の洗濯物で毎日こき使い、10年間消耗部品交換無し・故障無しで働き続けたのはご立派。

設置場所を考えると、いやはや感服する頑丈さである。

ロングランを続けて欲しい製品の1つだと思う。 

現行ラインナップの紹介。

2017年11月現在、現行ラインナップは洗濯容量6kg/ES-GE6A~10kg/ES-GV10Bの7種類。

 

公開:2017年9月 4日
更新:2017年11月21日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【家電製品ガイド】2017 モダンデコ AIR SIM縦型扇風機TOP




▲家電・ホビー・グッズへ戻る