デジタヌの電脳道場

【レビュー】2008 DDR3メモリ対応BTOパソコンはどこで手に入る?

パソコンの速さはいろんなものが関係する。CPU、FSB、メインメモリ等々

わりと目立たないけど、重要なのがメインメモリである。

今まで、パソコンのメインメモリーはっDDR2が普通だった。

で、それより高速に動作するDDR3規格はグラフィックボードなどに使われるくらいだった。

しかし、待望のDDR3メモリ(もちろんメインメモリとしての!)に対応したIntel P45 チップセットが発売され話題になった。

が、普及してない。

まだまだDDR3メモリーのお値段がお高いというのもある。

んじゃ、BTOパソコンでは組み込めるところはないのか?というと...

...ありましたよありました。

エプソンダイレクトのEndeavor Pro4500

エプソンダイレクト株式会社

Endeavor Pro4500

1 ・・ <チップセット>はインテルX48 Expressを搭載

2 ・・ FSB1600対応の<CPU><DDR3-1600メモリ>をサポート

3 ・・ 最新の<ビデオボード>8種類から選択可能

全て最速パーツをセットするとそれなりのお値段になりますが、いいですねえ、これ。

なんか最近思うんですがエプソンダイレクトさんって、わりと先進的な構成やりますよね...。

どうやってパーツ調達しているのかしらんとときどき思いますわ。

これで配送も早いし、サポート体制もしっかりしているのだからなんとも頼もしい。

思わず欲しくなってしまった狸穴猫でした。(あ、金がない)

【BTOパソコン購入ガイド「狸穴工房」はこちら】

公開:2008年7月 7日
更新:2017年9月30日

投稿者:狸穴猫

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー】2008 ソニーが変わるとBTO業界の何かが変わるか?TOP【レビュー】2008 メインメモリにDDR3メモリ搭載のノートが出始めてきた。




▲PCハードウェアへ戻る

 

ページ先頭に戻る