タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

交通問題研究所《研究発表論説集》  のご案内

交通問題研究所・研究発表論説集

お子チャマ"鉄オタ"や、"生きる希望を"新線実現に託した?ご隠居"撮り鉄"は、知りたくない?

マスコミやYoutubeでは、絶対に取り上げないであろう真実。

新線計画の裏側にある"大人の事情・謀略?"について、日本を支えている「働き盛りの人たち」に代わって調査した"報告書"としてまとめた!カテゴリーのTop Menu Table です。

本項はトランポーターTopカテゴリーページに集約しております恐れ入りますが、

https://www.mamianakobo.com/tanuki/transport/

をクリック願います。

以下のコラム記事以外にも"夢のある楽しい話題"も取り上げています。

インフラ整備の大義名分?『親義会( 審議会 )』と「 答申 」なる代物は?

テッチャンを装った(売れていない声優を使った広告代理業・零細プロダクションの?)「静止画」プロパガンダ投稿!の中では、「伝家の宝刀」を振りかざした蝦夷討伐軍「坂上田村麻呂」の存在のように語られることの多い国交省の外郭諮問機関「地方交通審議会」と、さも「お上」から拝領した「錦の御旗?」のように「何かにつけて都合よく振りかざされている答申」の効力はあったのか?過去の事例をもとに検証した...

続きはこちらから

与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム とは...

最近よく耳にするようになり、2019年8月の「長崎新幹線フル(古?)規格整備新幹線」推進表明や、2018年の「北陸新幹線新大阪延伸小浜ルート」推進表明で政府・地元を恫喝?する決意表明!を行って世間をお騒がせした「与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム」のアウトラインについて大手ゼネコンとの(癒着)関係、与党内での発言力?を分析したコラム。

結論から言ってしまえば、政府とは直接には関係の無い!人たちで、謂わば国会学園?のクラブ組織?同好会?研究会?といったところ...

続きはこちらから

鉄道フィクション連載小説 『阪神・近鉄友情物語"「69年間待ち続けた男」 "在る鉄道マンの半生"』

鉄道フィクションー"阪神・近鉄友情物語"「69年間待ち続けた男」 "在る鉄道マンの半生" この物語は、全ての阪神電鉄社員、全ての近鉄社員に捧げるオマージュであり、2009年の阪神なんば線開業に対する心よりの祝辞として捧げました...

続きはこちらから

 

公開:2019年9月 7日
更新:2021年7月 5日

投稿者:デジタヌ

日本の大手私鉄は" street running "ではじまった!TOP地下鉄建設では地上交通の 渋滞 は解消できない!


 

 



▲交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る