タヌキがゆく

高額拘束鉄道・軌道?は 都市圏広域交通 後進国 日本!の象徴

21世紀の 都市圏広域交通事業 の在り方とは ? ー "Uni Transit Authority " の必要性について ー

負債玉高額鉄道、盗用高額鉄道、八景島崖っぷちライン?などの高額拘束鉄道・軌道は都市圏交通衰退途上国?日本の象徴!であり、高額交通効カン?を容認してしまう、為政者(政府)の施策に従順な「私たち国民の姿勢」に問題が...

《21世紀の 都市圏広域交通事業》シリーズ 第1回 ー 交通事業者編 ー

再玉高額鉄道、盗用高額鉄道、金沢崖っぷちライン?などの高額・拘束鉄道・軌道?を容認する私たち国民の姿勢を改めないと...

※ここをクリックするとこのページの"Top index"にジャンプ出来ます!

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関しての各団体へのお問い合わせは程々にお控え願います。 

でも黙っていては"政治屋・利権屋"の好き勝手し放題に...  (⌒▽⌒)V

※ここをクリックすると関連団体リンクテーブル"にジャンプ出来ます!

《21世紀の 都市圏広域交通事業》シリーズの総合目次

※以下のタイ トルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 21世紀の都市圏広域事業は発想の大転換が必要では!

明治維新後に訪れた文明開化の象徴"鉄道"が全ての陸上交通を担う鉄道万能論の時代はとっくに終わっています!

第2回 21世紀の 持続可能 な 鉄道事業 とは? ー 都市圏広域交通事業体の必要性!ー

大阪市が拘る"市営モンロー主義"は業界との癒着を生み不要不急地下鉄路線を蔓延させてしてしまいましたが、千葉市にみられるような"自由放任主義"も無秩序な交通体系を生み都市機能麻痺状態を...

第3回 赤字間違いなし!地方都市での 新都市交通・地下鉄 新線計画 について考える

地方都市で計画されている利用者無視の「新都市交通・地下鉄新線」計画は誰のため...?輸送密度8000人/日以下の地方都市のローカル公共交通の「生きる鉄路」を模索してみました。

第4回 21世紀の 持続可能 な 鉄道事業 とは? ー regional line 編 ー

日本国内の殆どのregional lineは赤字路線となっています!広大なサービスエリアを持つJR各社は鉄道事業では収益が得られず!色んな模索をしているわけですが.

プロローグ 間違った企業意識過剰の蔓延が...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

嘗ての「国鉄の赤字体質」がトラウマとなり、国鉄民営化、JR各社の誕生を契機に新規鉄道事業の事業化の基本が(おバカな経営者にとって都合の良い)「路線別の採算性重視」に移り、「公共交通事業体としての本質」が見過ごされてしまった!のではないだろうか。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 嘗ての国鉄の優れた点は全国一律運賃制度にあった!

旧国鉄を事業破綻に導いたのは、全国一律運賃制度にあったのではなく実は...

国鉄を事業破綻に導いたのは旧運輸省・運輸族議員

運営を引き受ける鉄道事業者(国鉄)の意向を無視して、全国に不要不急路線を建設しまくった、運輸省(大臣)と旧鉄道建設公団(現JRTT)の「新規路線押し付け謀略!」にあったわけで、決して全国交通網(鉄道網・バス網)一貫体制が間違っていたのではない!

再玉拘束鉄道、盗用拘束鉄道、北総鉄道や旧・千葉急行電鉄にしろ、新線を(国鉄民営化の為に法制化された現鉄道事業法の)第1種鉄道事業として開業させなくても、おおさか東線(※11)のように第3種鉄道事業としておけば、高額・拘束鉄道にはならなかった!

現在、首都圏にある高額・拘束・鉄道・軌道を正当化する「魏妖怪プロパガンダ」が、Youtubeの動画配信で行われているが...

背景に潜む、「世界のトレンド」を無視した、財政破綻寸前の日本国政府よとう(夜盗?)の、何やら不穏な動きを感ずるのは、筆者だけか!

参※11)当サイト内関連記事 おおさか東線(大阪外環状鉄道)とは はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 旧・通産省の行き過ぎた新技術振興策!が歪を...

ポートライナー(※21)、神奈川シーサイドラインなどに見るガイドウェー方式新都市交通や、大江戸線に代表されるリニアミニ地下鉄(※22)に対する、旧・通産省(現経済産業省)の行き過ぎた「日本独自の技術開発」支援策が、『全国に、社会化実験(営業実証試験・実験!)線を増産させてしまった』といえるでしょう!

甚だしきは、某シーサイドラインの『高額運賃に利用者車各位のご理解を...???』

ハッキリ言ってこれでは本末転倒!

どうして新都市交通効カン!の社会化実験の為に高額運賃を支払裸わされる必要があるのか!

更に、ご自慢のATOのシステム変更時に「重大インシデント」まで起こすようでは、お隣K国の槍っていることと大して変わらないではないか!

何時までも未練がましく高額拘束軌道に"しがみ付いて"傷口(赤字)が大きくなる前に『こんな実験路線は、廃線にして、さっさと都市型BRT路線転換』(※23)してしまうほうが、利用者の為になる!

既に旧通産省と、業界の思惑は大きく外れ、技術輸出の路も無くなっている!(※24)

ガイドウェー方式新都市交通ははっきり言って、20世紀最大の失政・失敗作ではないのだろうか!

どうせ埋め立て造成地!に走らすのなら"バス専用レーン"の有る40m巾の"防災道路"を建設して"基幹バス"を走らせておいたほうが、余程気が利いていた!

♥ブラジルの都市型基幹バスの走行風景

参※21)当サイト内関連記事 通産省とメーカー連合にしてやられた新都市交通システムの実験台? はこちら。

参※22)当サイト内関連記事 ミニ地下鉄 はリニアに"金食い虫"で厄介者のお荷物"公共交通効カン!" はこちら。

参※23)当サイト内関連記事 「一般道のバス専用レーン」を走行する"基幹バス" はこちら。

参※24)当サイト内関連記事 欧米各地で トラムカー の近郊路線直通 が活発化した背景とは はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 欧米先進諸国!では "Uni Transit Authority " が常識に

欧米先進国!では「日本のような衰退途上国?」とは異なり、早くからTransit Authority化が進み、都市圏広域交通事業の一元化が図られ、無駄を省いて大成功を収めている!

CTA (Chicago Transit Authority, )

LACMTA Los Angeles County Metropolitan Transportation Authority

MBTA (Massachusetts Bay Transportation Authority)

RTD(Regional Transportation District) デンバー地域交通局

ボストン中心部では、LRT路線とバス路線が地下駅で対面乗り換えができるように低床ホームを共用していた。(現在トラムカー路線は全て低床バストラム(※1100)に置き換わっています)

参※11)当サイト関連記事 トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる! はこちら。

Sound Transit (ST), officially the Central Puget Sound Regional Transit Authority,

Downtown Seattle Transit Tunnel 

特にシアトルの中心部では、軌道とバスが地下専用軌道上を共用していて、お互いに同一ホーム上で乗り換えが可能となっています!

つまり、都市圏交通に関するあらゆるトランスポーターの運営を一元化して、お互いが競合するのではなく、お互いが、お互いのメリットを最大限に生かして、補完し合って、協調して、有機的に連携した、市民利用者にとって、コンビニエンス(利便性)をもたらす交通体系を項移築している。

前途したのはほんの一例で、

他にも、渡船(フェリー)や都市内索道(ロープウェー)、ケーブルカー迄統合している都市圏交通事業者がニューヨーク、香港、Medellínなど数多くの国に存在する。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

最新関連記事 

今どきの鉄道傾!Youtuberタレント、シナリオライター、 コラムニストとは?... のご案内

2021年4月17日更新版・公開

要約

鉄道系Youtuber と称している"Web動画専門タレント"達は、Webコンテンツ 製作・配信を行う"裏社会"の「怪しげな零細プロダクション」が、クライアントから依頼のあった"ガセねた"をもとに膨らませた content に出演して、生活費を稼ぎだしている売れない声優の卵フリーター達...

最近稼業が思わしくない右翼・総会屋系の"〇X経済研究所"などの新たなビジネスモデル...

Client(依頼主)は、不動産への一般人の投棄熱を煽り一儲けを企む地元の"地上げ屋"不動産屋や、地元曾孫受け零細土建屋の加盟する土建魏妖怪(ギョウカイ)...

更には"お花畑"家族ぐるみの"労働組合活動!"の一環としての反体制プロパガンダなど...

続きはこちらから...

後書き《 21世紀の 都市圏広域交通事業 》シリーズについて

欧米先進国では"都市圏広域交通事業"は同一オーソリティー(公共事業体)による一元化の方向に移ってきています!

21世紀は、「ハードウェアー」トランスポーター種別の優位性を競う時代では無く、都市圏全体のtransit(交通機関)の有機的な結合による「ソフトウェアー」運行システムの時代です!

地下鉄やモノレール、新都市交通、LRTなどの"軌道"に拘らずに、BRT、水上バスまで含めた広範囲なトランスポーターが有機的結合を果たして、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )についての総合的な検討を加えた上で、エコロジー・エコノミー・バリアフリー・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろった「総合的な一元化された都市圏広域交通システム体系(事業体)」が求められている時代では無いでしょうか!

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

関連団体リンクテーブル 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2021年8月23日
更新:2022年5月19日

投稿者:デジタヌ

都市圏 広域交通事業団 の必要性! と実現への途とは...TOP


 

 



▲都市圏交通網 調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る