タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

2025年 大阪・関西万博 を支えるアクセスは JRゆめ咲線 / BRT / 水上バスの3本の矢!活用が...

expo2025大阪・関西万博アクセスの盲点"サブアクセス"問題とは...

EXPO2025 日本国際博覧会も後5年(2020年現在)に迫ってきました!

大阪メトロ中央線の延伸工事も始まり、万博のメインアクセス路線は目途が立っていますが、問題はサブアクセス!

《 Future urban transit conception 》都市圏交通システム提言編 第7回

会期中に6,421万8,770人!の人が訪れた前回の1970年大阪万博には御堂筋線と繋がった北大阪急行がメインアクセスを受け持ち、新大阪駅から大量の"お上りさん"の旅客輸送を引き受けてくれましたが、ご存じのように何度もパンク!しました。

万博に押し寄せる人波を側面から支えてくれたのは阪急千里線の万博西口(臨時駅)でしたが、こちらは限られた大阪平野の原住民?が利用しただけで、強力な助っ人とはならなかったようです!

(事実小生も、何度も足を運びましたが、一度も利用したことはありませんでした!)

Expo2025大阪関西万博は21世紀の記念すべき大(阪)ページェント!

言っては何ですが、夢物語に終わった2020年東京オリンピックや、来場者数水増し疑惑が発覚した近年の"愛知窮迫?"などとは比べ物にならない一大イベントです!

前回のEXPO'70大阪万博の時には183日間の開期中に6,421万8,770人!の人が訪れて1日当たり 約35万人!(ピーク日83.58万人!/ 1970年9月5日)の来場者でお御堂筋線はパンク状態となり積み残された来場者がお祭り広場で野宿光景がNews映像にもなりました!2010年の上海万博ではそれを上回る7308万人!もの人が訪れましたが、想定入場者70万人/日迄対処できるように会場を取り巻く13ものGateと多数のアクセス路が設けられたおかげで、惨事には至りませんでした。

現状の大阪メトロ中央線に頼り切った輸送計画では中央線がパンクするのは目に見えています!

※本編は事実・事例(時系列)状況証拠!に下ずいてはいますがあくまでも筆者の描いたファンタジーです?

以下の各団体とは関連はありません?

本件に関しての各団体へのお問い合わせはお控え願います!(⌒▽⌒)V

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

expo2025大阪・関西万博 推進関連団体一覧

《 Future urban transit conception 》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにワープできます!

プロローグ 21世紀の 都市圏交通 のあるべき姿とは

大阪市が拘る"市営モンロー主義"は業界との癒着を生み不要不急地下鉄路線を蔓延させてしてしまいましたが、千葉市にみられるような"自由放任主義"も無秩序な交通体系を生み都市機能麻痺状態を...

第1回 日本の地方都市における、LRT導入ブームの問題点とは?

コンセプトの無い"路面電車復活"が単なるトレンドとなり、建設後の運用に関する長期的ビジョンに欠けているように思える!構想が多いように感じる。

第2回 "モーダルシフト特定財源"である"環境税"の導入を!

日本で何故モーダルシフトが進まないか、最大の要因「財源」の確保をどのように行えばよいか...新たな特定財源"環境税"についての提案。

第3回  京都市 と 京阪電車 だからなしえた『 LRT の 地下鉄 乗り入れ!』

これからの21世紀の都市圏交通網のあり方を日本国内に問うた偉業としてテッチャンだけでなく、自称都市交通専門家?達の間でも今後長らく称えられるであろう!

第4回 あいの風とやま鉄道 と 富山地方鉄道 のアライアンスが富山都市圏・広域交通を変える"鉄路"となる!

北陸新幹線開業を機に切り捨てられた在来線の「あいの風とやま鉄道」と地場企業「富山地方鉄道」が大胆なアライアンスで「鉄道事業統合」を図るには、都合の良い時期にさしかかっているのでは?...

第5回 北方貨物線 を 旅客 転換 できれば...サンダーバード号が再び大活躍できる!

来年に迫った北陸新幹線金沢⇔敦賀間延伸開業で681系・683系特急車両の約半数が用無し!になります。

第6回 expo2025大阪・関西万博に合わせて 大阪環状線 おおさか東線 に"ナイトクルーズレストランカー"を運行すれば...

大阪万博を契機に2つの区にまたがったUSJと海遊館が協力し合ってインバウンド観光客を呼べる一大都市型エンタメ・リゾートゾーンを構築すべきでは?

第8回 六甲アイランド シティーはいずれ隣国のabandoned cityと同じ運命を?...

六甲アイランド"島民"と商業施設を救うには、東灘区役所の移転と、高額鉄道"神戸新交通㈱"を神戸市交通局と事業統合させて一体運用する以外に"廃線"から救う路は無いでしょう...

第9回 芸備線沿線のアクセスを一変させるには...

広島市内中区の国道2号線、嘗ての広島臨港鉄道線、沿いには、たくさんの大学・高校がありますが、通学の便が悪く難儀を強いられています!市役所前から向原駅間をLRT化すれば、通学にも役立ち、沿線活性化への路も開けます!

第10回 大阪メトロ は 株式公開 して 完全民営化 を果たさないと 大阪市が夕張市の二の舞に...

千日前線は近鉄・阪神連絡「大阪高速鉄道」計画をぶち壊すために大阪市交通局が急遽特許申請した「嫌がらせ路線」でしたが、それが祟って?大阪メトロの「お荷物路線の代表格!」に成り果てた路線ですが...

第11回 大阪メトロ は既存路線を跨ぐ 系統別運行 に進化しないと赤字路線解消は...

大阪メトロは世界3大都市、東京・ニューヨーク・ロンドンを見倣って『人に乗り換えを強いる』から『列車を別路線に乗り移らせる』に変わるべきです!

エピローグ 21世紀の都市近郊ローカル鉄道は発想の転換が必要では?

ローカルエリアのコミューターはバスで、比較的広範囲なエリアは鉄道で、という旧来の住み分け・発想では時代にそぐわないのでは?...

第1節 問題が多すぎる大阪・関西万博の輸送計画?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

2020年現在以前から決まっていた「大阪メトロ中央線」の夢洲島延伸工事(※01)

が着工されて、中之島高速鉄道(京阪中之島線)を中央線九条駅まで延伸さて万博特需運輸を担当させようなどというとんでもない計画まで現れて、開幕前から"大混乱"の様相を呈していますが...

参※01)延伸工事といっても夢洲島とを結ぶ海底トンネルはとっくに完成していて、夢洲中駅までは線路を引くだけで、後は万博中央ゲートまで"仮設路線"を建設するだけの「やっつけ仕事?

お気楽すぎる2025年 大阪万博 輸送体制

前回のEXPO'70大阪万博の教訓が全く生かされていないお笑い種の輸送体制!

前回1970年に開催された大阪万博の交通インフラ整備に関する教訓が全然生かされていません!

1970年大阪万博開催経験で得たものは「アクセス鉄道北大阪急行」建設が万博特需輸送だけで完全に元が取れた!経験をもとに中央線夢洲延伸工事と、ついでに総事業費1100億円を投棄!して赤字続きの「中之島高速鉄道(京阪中之島線)」の延伸工事(※0)まで行い、両路線ともに会期中に建設費の完全償還!を目論んでいるだけです!アホクサ...

「取らぬ狸の皮算用」とはこのことでデジタヌでさえあきれ果てて言いようがありません!

参※0)当サイト関連記事  京阪 中之島線 は"萱島駅"と"コスモスクエア"を結ぶ市内緩行線に...はこちら。

開場へのメインアクセスは大阪メトロ中央線、万博中央口のみ!

大阪メトロ中央線に利用者が殺到したら、パンク状態になるのは目に見えている!

最低でもEXPO2005愛知窮迫の約2,205万人以上予想では5000万人は軽く突破するであろうEXPO2025 日本国際博覧会の交通インフラが大阪メトロ中央線1本で賄えるはずがない!

世界中から押し寄せる5千万人以上の津波?を"1本の地下鉄"で賄う事は不可能!

開期中5千万人(27万人/日以上!)に達すると予想される世界からの来場者を1本の地下鉄で賄うことなど到底不可能な話で大混乱が生じるのは明らかです!

ただでさえ通勤通学客でごった返している通勤時間帯の大阪市内の接続駅は大混乱が生じて、中央線は人であふれて積み残しが常態化して大混乱が発生するでしょう!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 一本の矢(中央線)だけでは賄い切れない万博特需輸送!

(※以下 直接リンクは事業者公式Website、Wikipedia該当項にリンクしてあります。)

  • EXPO'70大阪万博 1日当たり 約35万人!(ピーク日83.58万人/ 1970年9月5日)
  • EXPO'90 花博 1日当たり 約13万人
  • EXPO2005 愛・地球博 1日当たり 約12万人!
  • EXPO 上海市 2010 1日当たり 約40万人!(ピーク日103.27万人!/ 2010年10月16日)

EXPO'70大阪万博(開期183日)6,422万人の来場者数は別格としても、リニモ君が頑張った?2005年愛・地球博でも185日間に約2,205万人の人々が訪れています!

大阪だけ取り上げてもEXPO'90 国際花と緑の博覧会 のときの来場者が183日間で2312万6934人!の人がmini地下鉄・鶴見緑地線に殺到して見事にパンク状態!

EXPO 上海市 2010では

さらに近年の上海万博では会期中に7308万人!もの人が訪れ...

石油館が12時間の待ち時間を記録したほか、5時間を超える待ち時間を記録したパビリオンが続出した。北朝鮮館など普段は待ち時間のないパビリオンにまでかなりの行列ができ、通路も大混雑した...《Wikipediaより引用》

大成功を収めました!

完璧な輸送体制でアクセス自体に問題はなかった

13!もあった開場ゲートで対応

EXPO'70大阪万博と違い初めから想定入場者70万人/日を想定した輸送計画は、会場をぐるっと取り囲むように13ケ所ものゲートと、地下鉄、万博バス、水上バスを駆使して「鉄壁の構え」で対処していました。

メインアクセス 地下鉄
  • ●1号門・魯班路(鲁班路)出入口。最寄り駅地下鉄4号線魯班路駅
  • ●2号門・西蔵南路(西藏南路)出入口。浦西側。地下鉄4・8号線西蔵南路駅に隣接
  • ●3号門・半淞園路(半淞园路)出入口。主催者は地下鉄8号線の南浦大橋駅からのルートを推奨。
  • ●4号門・白蓮涇(白莲泾)出入口。主催者は地下鉄6・7号線高科西路駅からのルートを推奨。
  • ●5号門・高科西路出入口。地下鉄7号線雲台路駅が最寄り
  • ★6号門(メインゲート)メインアクセス 上海軌道交通7号線・8号線耀華路駅
  • 7号門・長清北路(长清北路)出入口。地下鉄7号線長清路駅が最寄り
  • ●8号門・後灘(后滩)出入口。地下鉄7号線後灘駅(后滩站)が最寄り。
  • 9号門・馬当路(马当路)出入口。浦西側。地下鉄9号線馬当路駅に隣接
  • ●その他のゲート 10号門から13号門は上海市中心部に設けられた、渡船専用のゲート
サブアクセス 万博バス
  • ●シャトルバス 万博直通バス(世博直達線)15路が4号門・白蓮涇出入口にノンストップ約60分で運行
  • ●地下鉄7号線後灘駅(后滩站)から8号門迄シャトルバス運行。
  • ●万博公共交通バス(世博公交線)19路が1号門・魯班路出入口に約45分で運行
  • ●万博直通バス(世博直達線)1路が、上海駅・北広場側から6号門・上南路出入口にノンストップ約20分で運行。

  • ●万博公共交通バス(世博公交線)31路が、上海駅・表口南広場から3号門・半淞園路出入口に約30分で運行。
サブアクセス 水上バス
  • 10号門から13号門へは上海市中心部に設けられた、渡船で輸送

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 上海万博を見習って4本の矢で鉄壁の構えを

以下に示す『3本の矢』で補強しないと、通勤通学の足ともなっている一本の矢(大阪メトロ中央線)だけではパンク状態になるのは避けられないでしょう!

2匹目のドジョウを狙い開期中に「延伸工事の元を取る」事ばかり考えていては、世界から訪れた間顧客の「非難の的・笑いもの」にされるでしょう!

主催者側はもう少し真剣にこの問題に対処しなければ、大失態を演じるいこととなるでしょう!

第1項 水上バスルートの見直しが...

大阪といえば上海と並び?水の都で知られています!

水上バスを活用すれば、大阪駅、淀屋橋駅、難波駅での御堂筋線・中央線への乗り換え客の集中を緩和できます!

京阪中之島線を延伸して万博特需で建設費を浮かそうなどという姑息な考え(※20)は捨てて、水上バスルートの見直しと活用が必要でしょう。

また、神戸空港・関空と直接連絡できりる大阪ベイシャトル・高速艇ラインの期間限定運行も考慮すべきではないでしょうか。

第2項 BRTシャトルラインの開設が

※各ラインの詳細は第2回  expo2025大阪・関西万博 のサブ・アクセスラインは バス・トラム BRT で...をご覧ください。

第3項 JR西日本ゆめ咲線活用の為に北方貨物線の旅客転用が

御覧の通り、北方貨物線を旅客転用して新大阪駅に新ホーム30番線を開業出来れば、全国から新幹線で詰めかける来場者はもとより、近畿の奈良県・京都府兵庫県・大阪北部からの来場者を円滑にゆめ咲線桜島駅・バスターミナルに誘導できます!

さらにJRバスが大阪空港(伊丹空港)⇔JR伊丹駅間にシャトルバスを運行すれば、国内便を利用する人たちやチャーター便でつめかけるインバウンド客の誘導にも対処できます!

但し桜島駅(仮)バスターミナル⇔万博中央ゲート間のJRシャトルバス運行が前提条件となりますが...

関連情報

阪急電鉄京都線・千里線連続立体交差事業 2025年完成予定

これで、おおさか東線経由で「ゆめ咲線桜島駅前バスターミナル」迄行けるようになり大混雑が予想される「阪急大阪梅田駅(メトロ梅田駅)⇔本町駅⇔万博中央ゲート」の2度の殺人的混雑!を回避できるようになります。

キーになる北方貨物線旅客転用については当サイト関連記事 2025年 大阪万博 開催に合わせて北方貨物線 を 旅客転換 できれば...をご覧ください。

放出駅周辺改良工事については 《おおさか東線 Watch》第2回 直通快速 は 放出駅 に 待避線 を"親切"しないと早くならない!をご覧ください。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

後書き《 Future urban transit conception 》シリーズについて

欧米先進国では"都市圏交通事業"は同一オーソリティー(公共事業体)による一元化の方向に移ってきています!

21世紀は、「ナードウェアー」トランスポーターの優位性を競う時代では無く、都市圏全体のtransit(交通機関)の有機的な結合による運行システムの「ソフトウェアー」の時代です!

地下鉄やモノレール、新都市交通、LRTなどの"軌道"に拘らずに、BRT、水上バスまで含めた広範囲なトランスポーターが有機的結合を果たして、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )についての総合的な検討を加えた上で、エコロジー・エコノミー・バリアフリー・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろった「総合的な一元化された都市圏広域交通システム体系(事業体)」が求められている時代です!

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

最新関連記事 

今どきの 鉄道系Youtuber、鉄道ライターとは?... のご案内

2021年4月7日更新版・公開

要約

いわば社会順応性のないヒッキーで、生活支援を買って出た?地元の魏妖怪(ギョウカイ)から"広告収入"を得て生活している"自営業"です、魏妖怪の回し者として、"鉄道新線建設推進プロパガンダ路線"を吹聴して、一般市民・鉄道利用者、お気楽な"撮り鉄"の妄想を...

続きはこちらから...

 

公開:2020年9月23日
更新:2021年8月19日

投稿者:デジタヌ

expo2025大阪・関西万博 のサブ・アクセスラインは バス・トラム BRT で...TOP閉幕後も 此花区民 に役立つ万博トラム『 此花通LRT・夢洲線 』を


 

 



▲EXPO2025大阪万博アクセス問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る