『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

大都市圏の"生活路線 "を" 廃線 "の危機!に向かわせている"ホームドア 設置圧力!"は誰の為?なのか...

前書き(要約)大都市にあるローカル線で真のユニバーサルデザインを実現させるには...

近年、大都市圏では市民団体を隠れ蓑!にした"業界"の"ホームドア設置圧力"が高まり、住人の足"ローカル線"が存亡の危機に追い込まれてきています!

大都市圏の"ローカル線"を立体交差化事業・ホームドア設置推進の"2大政治圧力"から守り抜いて 存続させる(鉄)路は、"LRT化"しか残されていない!でしょう...

大都市ローカル線を"廃線"の危機から守るには...の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

前節 真の目的は"業界・政界の繁栄"?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

「利用者の安全確保」を"錦の御旗"に一部のお気楽な国会議員まで巻き込んで、首都圏で猛威を振るっている「ホームドア設置熱病?」は、利用者の安全確保が目的などでは無いでしょう!...

別項(※00)で詳しく述べたように、真の目的は、"保安設備業界の繁栄"にあるのではないでしょうか?

参※00)当サイト関連記事 ホームドア 設置が首都圏以外で進まない理由とは... はこちら。

※このホームドアは20億円!!!しました、これだけのお金があれば、10両編成の通勤型電車が2本(編成)購入出来ました!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 資金力のない零細ローカル私鉄には廃線の危機が...

こんな中で大都市圏にありながら流鉄のように都心部に直結していない「孤立状態の零細ローカル線」は廃線・廃業の危機!に直面しています。

観光名所を繋ぐ小田急100%子会社の「江ノ島電鉄」も決して安心できる状況ではありません!

第1項 災い転じて福となす?

以下に詳述しますが、接続する本線(幹線)に乗り入れが必要ない(出来ない)「盲腸線・孤立路線」であることが「超低床トラムカー」の導入には有利に働きます。

つまり、本線走行を前提としなくてよいので、特殊車両?「超低床車両」を導入しやすくなるわけです!

更には、下記に列挙した路線の殆どが、路線総延長距離が短くて、"駅数も少ない"ので、駅施設の改修費用も少なくて済みます!

「渋滞」の影響を受けない定時運行が可能!な鉄道

多くの"都市近郊ローカル線"に並走している幹線道路"を走る路線バスは、マイカー通勤の影響をもろに受けて思うように(ダイヤ通り)に運行出来ないでいるわけですが...

専用の軌道を走っている「鉄道」なら"交通渋滞の影響"は受けません!

駅"親切"(新設)が容易

大事な点は、市街地(住宅密集地)を通っているので、利便性(駅増設)を向上させれば、間違いなしに"利用者増加"につながることです!

しかも、橋上駅などと言う"大げさな駅施設"を設けなくても「歩行者・自転車専用のアンダーパス(地下通路)」ていどで踏切親切(新設)禁止令!」にも対応できます。

勿論、プラットフォームが低いので、"転落防止のホームドアも必要なく"て済み、簡単なシェルター(屋根)だけで、"駅親切"にもお金がかかりません!

起伏にとんだ山岳路線にも強い

小さな車輪(660㎜丸Φ)を用いているので勾配にも強く、廃線問題に揺らいでいる「神鉄粟生線」(※10)などの山岳路線?にも適用が容易です。

参※10)当サイト関連記事 粟生線 存続問題 神戸市内の緑ヶ丘駅迄は残る!?はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 市民生活に密着した大都市ローカル線を脅かす3つの政治(業界圧)力!

(15両編成の超大通勤電車が走っている)帝都東京でさえも、15mクラスのチンチン電車が行き来する"都電荒川線"や、ペコちゃん電車でお馴染みの"東急世田谷線"のように市民生活に欠くことのできない大都会のローカル線が大活躍しています!

"大都市の孤立路線を廃線に追い詰めている3大政治圧力!

これらの、"大都市ローカル線"は他の本線・幹線網とは独立した「孤立路線」であることも特徴の一つです。

つまり、幹線に直結して都心部に乗り入れできるような路線ではありませんが、「市民生活・ローカルエリアの経済活動」を支える重要な役割を担っている路線ばかりです!

但し輸送密度営業係数ではどの路線も厳しい状況に置かれています!

更に追い打ちをかけているのが、立体交差化圧力、ユニバーサルデザイン化圧力、そして「ホームドア設置圧力!」(※21)の3大政治圧力!です。

参※21)当サイト関連記事 ホームドア設置には"整備新幹線建設並みの巨費が必要!はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 連続立体交差事業、ユニバーサルデザイン化が業界・政界を潤す!

人口一極集中にさらされている首都圏のインフラ整備はさておいても、少子高齢化・利用者減少傾向にある地方都市圏では新線建設にも陰りが見え始めており...

21世紀の生き残りを賭けた建設業界・交通インフラ(設備)業界としては、既存路線の"設備拡充投資"にターゲットを絞りだしています!

第1項 踏切事故防止を"錦の御旗"に掲げた立体交差化圧力!

さらに、踏切事故防止を錦の御旗にした"踏切全廃"!と親切(新設)踏切禁止令!の大きな流れも見逃せません。

参※31)当サイト関連記事 新都市交通システム 建設が 整備新幹線 建設より割高になる理由は...はこちら。

第2項 もう一つの圧力"ユニバーサルデザイン"圧力

更にもう一つの流れとして"弱者保護"の観点からユニバーサルデザイン、つまり「バリアフリー化の正当な流れ?」も見逃せません。

こちらは、小生のような?「高齢者や、体の不自由な方」の為に、階段や・段差をなくして「交通弱者でも暮らし(行動)しやすい環境を目指す」という大義名分!ですが...

実際には、これも「建設・鉄道設備業界のお金儲けのネタ!」にされてしまっている訳です!

つまり、構内踏切解消→「駅の橋上化」→「お年寄り、体の不自由な方に対するバリアフリー化」→「エレベーター・エスカレーター設置」となるわけですが...

これらは1駅当たり数億円規模の"公共投資?"となり、業界(と自民党)の繁栄に貢献しているわけです!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第4節 大都市のローカル線を救う路は"超低床トラムカー"の導入しか...

旧・富山ライトレール(現富山地方鉄道・富山港線)の成功例に見られるように、地方都市での"都市ローカル線区"を蘇生するには「親切駅!の増設による駅間距離の短縮」と「超低床トラムカー」の導入によるバリアフリー化以外に手立ては無いでしょう。

なので、岡山市(※41)などの「賢い自治体!」では朝夕のマイカー通勤ラッシュに影響されない「非電化JR近郊路線」を、「超低床トラムカー」の走るLRT路線に改良して「市民生活」を守ろうとしているわけです。

参※41)当サイト関連記事 第8回 岡山市 南区 に 岡山電気軌道 が通じれば...はこちら。

第1項 業界が絡んだ?東京都(庁患部)の不穏な流れも...

第1目「東急世田谷線、」と「都電荒川線」

2路線共にどの路線とも全く繋がっていない孤立した「偏軌孤立路線でありながら「高床化」してしまった「チンチン電車」路線です!

第2目 共に旧型車両の台車を流用したため

東急は車体は更新していますが、足回りは旧型車両の"吊りかけ台車"を流用したために、そして都電も既存車両の台車を流用して車体だけステップが無い"バリアフリータイプ"に改造したので、共に高床タイプの車両となってしまったわけですが...

都電は業界の食い物に...

魏妖怪(ギヨウカイ)にとって都電は、橋上駅化・ホームドア設置の"今後の期待!(膨大な公共投棄!)"を残している"宝の山"には間違いないでしょう!

第3目 東急では"ペコちゃん電車"再来の希望もありそうですが...

東急さんは過去に革新的な"日本初の連接式超低床車両"ペコちゃん電車"を採用した実績のある企業でもあり、世田谷区(東京都)の支援(補助)があれば再び"最新型ペコちゃん電車"の登場の可能性もありますが...

第4目 新金貨物線の旅客転用には暗雲が...

現在"葛飾区民の足"として検討されている新金貨物線の旅客転用計画(※42)には、業界の「儲け主義」と「都患部の天下り先への手土産」が暗い影を落としています!

参※42)当サイト関連記事 新金貨物線 は" LRT " なら50億円程度で旅客化が実現できる! はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第5節 首都圏の生活路線が狙われている!

以下に挙げる全国の大都市近郊路線は、はっきり言って土建業界(連続立体交差事業・橋上駅舎化)設備業界(エレベーター・エスカレーター"ホームドア設置")与党運輸族議員たちに狙われています!

今のうちに先を見据えて中長期経営ビジョンを明確に立てないと、彼らの餌食になって次々と無理難題を押し付けられて運賃値上げをする以外に路が無くなり、利用者にソッポを向かれて悪循環に陥り、新都市交通"ピンチライナー"のように"経営破綻して廃線"の憂き目にあうでしょう!

(そのほうが、都合の良い事業者もあるでしょうが!?)

これらの路線は全て「市民生活に密着したコミューター路線」なので、廃止されると市民(利用者)特に病院通いの老人や、通学の青少年などの"交通弱者が困る"のは目に見えています!

第1項 標的にされている路線

第1目 東急関連

  • ●五反田⇔蒲田間を結ぶ池上線。
  • ●多摩川⇔蒲田間を結ぶ多摩川線。

参※)当サイト関連記事 LRTなら実現できる蒲蒲線!はこちら。

第2目 京急関連

  • ●京急川崎⇔小島新田間4.5㎞を結ぶ京急大師線。

※ご存じのように、一部区間が地下化されて立体交差区間となってしまいました!

第3目 西武鉄道関連

  • ●国分寺⇔東村山間7.8㎞を結ぶ国分寺線。
  • ●国分寺⇔西武遊園地間9.2㎞を結ぶ多摩湖線。
  • ●武蔵境⇔是政間8.0㎞を結ぶ西武多摩川線。

第4目 東武鉄道関連

  • ●坂戸⇔越生間10.9㎞を結ぶ東武越生線。
  • ●曳舟⇔亀戸間3.4㎞を結ぶ東武亀戸線。
  • ●西新井⇔大師前間1㎞を結ぶ東武大師線。
  • ※大師線は完全無人自動運行実証試験を名目にホームドアが設置されます!

第5目 JR関連では

  • ●尻手⇔浜川崎間4.1㎞を結ぶJR南武支線。

第6目 京成グループ関連では

  • ●京成金町⇔京成高砂間2.5㎞を結ぶ京成金町線。
  • ●松戸⇔京成津田沼間26.5㎞を結ぶ新京成線。

※特に当ラインは生い立ちから、屈曲が多くて、今以上のスピードアップは困難な状況で、むしろローカルエリアコミュータ路線"高頻度運行"に徹したほうが、更なる運賃値上げに通じる無駄な投資(連続高架事業・橋上駅舎化・ホームドア設置)も必要なくなり、利便性の向上で「利用者離れが防げる」のではないでしょうか!(※★)

参※★)当サイト内関連記事 新京成 京成千葉線 千原線 が "21世紀を走り抜ける!" ためには LRT 路線への転線が... はこちら。

  • ●佐貫⇔竜ケ崎間4.5㎞を結ぶ関東鉄道竜ヶ崎線。

当区間は完全な孤立路線でしかも常総線同様に"地磁気観測所"の為に直流電化出来ない路線、となっていますが、最新のバッテリー電車なら運行は可能!

♥ニューキャッスルの「バッテリートラム」!

第7目 小田急ホールディングス

●藤沢⇔鎌倉間 10.0㎞を結ぶ 江ノ島電鉄線

参※★)当サイト内関連記事 江ノ電の勝手踏切問題を解決するには廃線にして廃止する以外には... はこちら。

第8目 その他の独立系

●馬橋⇔流山間5.7㎞を結ぶ流鉄流山線

参※★)当サイト内関連記事 《明るい未来へ走り続ける流鉄 ライン!》流山市・野田市が都心直結を目指す(鉄)路はメトロ8号線だけではない! はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第6節 地方では政令指定都市・中核都市の鉄道事業者が...

地方では"政令指定都市や中核都市に指定されている"準大都市#の近郊路線がターゲットにされています!

第1項 中部・北陸エリアでは

  • ●野町⇔鶴来間13.8㎞を結ぶ北陸鉄道石川線。
  • ●北鉄金沢駅⇔内灘間6.8㎞を結ぶ北陸鉄道浅野川線。

参※当サイト関連記事 金沢市 の 都市交通 インフラ整備計画が 地下鉄建設企業連合に狙われている!はこちら。

第2項 近畿圏では

第1目 京阪ホールディングス関連

  • ●枚方市⇔私市間6.9㎞を結ぶ京阪交野線。
  • ●四条大宮⇔嵐山間7.2㎞を結ぶ京福電気鉄道嵐山本線。
  • ●北野白梅町⇔ 帷子ノ辻駅間3.8㎞を結ぶ京福電気鉄道北野線。
  • ●出町柳⇔八瀬比叡山口間5.6㎞をぶ叡山本線。
  • ●宝が池⇔鞍馬間8.8㎞をぶ叡山電鉄鞍馬線。
  • ●石山寺⇔坂本比叡山口間14.1㎞を結ぶ京阪石山坂本線。

第2目 南海ホールディングス関連

第3目 阪急阪神ホールディングス関連

第4目 近鉄関連

第5目 JR西日本関連

第6目 その他の民鉄

第3項 中国・四国エリアでは

●岡山⇔総社間20.4㎞を結ぶJR吉備線。

●岡山⇔西大寺間13.5㎞を結ぶ赤穂線。

●清輝橋⇔南区役所前間を結ぶ岡山電気軌道線。

※参)当サイト関連記事 岡山市 南区 に 岡山電気軌道 が通じれば...《 LRT Watch》第8回はこちら。

●倉敷⇔三菱自工前間 11.2kmを結ぶ水島臨海鉄道水島本線

※当路線は「貨物輸送」(タンクローリー)も行っており、水島市街地は一部高架化されているが、これ以上の無駄な設備投資(連続立体交差、高架駅付帯設備(エレベータ・エスカレーター)ホームドア設置など)を行わずに済まして、運賃据え置き・車両近代化を図るためにも超低床トラムカーの導入は必須となるだろう!

この程度の距離なら電化は行わなくても「バッテリーカー」で事足りる?

●徳島⇔鳴門駅間 18.8Kmを結ぶ 高徳線・鳴門線。

※当サイト関連記事 第7回 徳島 都市圏の LRT 網整備と空港アクセス改善が...はこちら。

第4項 福岡都市圏では

●貝塚⇔西鉄新宮駅間 11Kmを結ぶ 西鉄貝塚線。

※当サイト関連記事 JR 香椎線 の 博多駅 乗り入れで 地下鉄 箱崎線 と 西鉄貝塚線 相互直通運転の夢は断たれた!はこちら。

●柚須⇔(宇美)⇔越前勝田8.7Kmを結ぶ旧勝田線の復活区間!。※当区間は殆どの軌道敷地が遊歩道などに整備されて残されており沿線自治体の宇美町・志免町・福岡県・JR九州・西鉄で"第3セクター"を設立すれば"単線LRT"路線として復活出来て、公共交通不毛エリア!となり果てた宇美町・志免町が交通至便エリアに返り咲ける!区間です。

※当サイト関連記事 旧・国鉄 勝田線 は石炭産業衰退と福岡都市圏拡大の狭間で翻弄された"町政"の犠牲になっただけでは..はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《大都市圏のローカル線!が21世紀を走り抜けるには?》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《21世紀の 都市交通・トランスポーター》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

世界のMetropolis・地方都市ではナチュラルバイアフリーTramに脚光が...

※路面あり、地下あり、高架あり! ハーグの HTM RandstadRail の例

世界のMetropolis(大都市・地方都市)では都市圏交通システムの"trend"は、地下鉄やモノレール、新都市交通、等のMetroに拘らずに...

エコロジー・エコノミー・ユニバーサルデザイン(バリアフリー)・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろったUltra-low floorのTram Carの走る"LRT"(Light Rail Transit)路面交通が見直されています。

更に♥軌道レス交通システム・バストラムも普及!

更に"軌道"に拘らずに一般公道(専用レーン)を走る超低床バストラムを用いた"都市型BRT(Bus rapid transit)基幹バス網;omnibus(乗り合いバス)システムも着実に発展しています

21世紀を都市圏ローカル線が生き抜く為に...

急成長している"バイアフリー関連の鉄道施設産業!"すが...

"橋上駅舎・エレベーター・エスカレーター・ホームドア"等と言った大掛かりな"道具立て"は、生活路線である大都会のローカル線や、地方都市のInterurban(都市圏近郊電車)では資金面で設備不可能!です。

政令指定都市・中核都市にある公共交通について、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )などの総合的な検討を加えた上で、

(現在計画中の路線も含めて)鉄道事業者が(分相応な背伸びしない)"身の丈に合った交通システム"とは何か?、Metropolitan Transit System(都市圏交通網)への路面交通システムの適用を検討してみました。

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2021年1月20日
更新:2022年9月 6日

投稿者:デジタヌ

21世紀の 都市圏広域交通事業 は発想の大転換が必要では!TOPサフェージュ タイプ モノレール は21世紀の 公営都市交通 の救世主! 


 

 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る