タヌキがゆく

岡山 都市圏交通網の再整備は都市型 BRT で

岡山市 南区 に 岡山電気軌道 が延伸して、北区にBRT路線が通じれば...

市街地から交通至便な位置にありながら現在、山陽新幹線の陰に隠れて精彩がない岡山空港ですがBRT路線が出来れば...

《 Future Local transportation conceptionⅠ 》都市圏交通編 第10回

吉備線LRT化で都市圏交通網再構築に乗り出した岡山市ですが...

都市化が進んだ南区では

南区では都市化が進んで公共交通を「路線バス」だけにたよるには、甚だ心許ない状況になってきています...

北区では"帰宅"困難な状況が

発展を続けている「岡山市」北区では、国道53号沿道の朝・夕の通勤ラッシュ!が深刻になってきています!

吉備線LRT化計画だけでは発展を続ける北区全域をカバーすることは出来ません!

旅客需要の変化に応じて路線変更が柔軟に行える、都市型BRTでLRTをサポートするのも...

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関しての各団体へのお問い合わせは程々にお控え願います。 (⌒▽⌒)V

※ここをクリックすると関連団体リンクテーブル"にジャンプ出来ます!

《 Future Local transportation conceptionⅠ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ  首都圏 にあるお利口なトランスポーターたち!

首都圏には、武蔵野線と都営荒川線という「エコレール」があります、エコロジー、エコノミー、バリアフリー、コンビニエンス(利便性)...、と3拍子も4拍子もそろった、「ス-パーレイルウェイ達」です。

第1回  蔵野線 ・成田線 が高速化できれば ...

東北新幹線の高速化で北海道・東北の玄関口?となろうとしている大宮駅。"中央官庁街化"と大手有力企業の本社誘致の決め手!は武蔵野線・成田線を改修して成田空港を近寄せるしかない!

第2回 あいの風とやま鉄道 と 富山地方鉄道 のアライアンスが富山都市圏・広域交通を変える"鉄路"となる!

北陸新幹線開業を機に切り捨てられた在来線の「あいの風とやま鉄道」と地場企業「富山地方鉄道」が大胆なアライアンスで「鉄道事業統合」を図るには、都合の良い時期にさしかかっているのでは?...

第3回 expo2025大阪・関西万博 開催に合わせて 北方貨物線 を 旅客 転換 できれば...

東海道・山陽・北陸各新幹線と東海道線本線!梅田貨物線(なにわ筋線)そしてリニア中央新幹線、と幻の山陰新幹線?が集結する「巨大乗換駅新大阪駅」が誕生しても、"大阪・梅田総合駅"の通勤通学乗り換え客の混雑は解消できないでしょう!

第4回 expo2025大阪・関西万博 を支えるアクセスはJR花咲線・BRT・水上バスの3本の矢!活用が...

EXPO2025 日本国際博覧会も後5年に迫ってきました!大阪メトロ中央線の延伸工事も始まり、万博のメインアクセス路線は目途が立っていますが、問題はサブアクセス!

第5回 expo2025大阪・関西万博に合わせて 大阪環状線 おおさか東線 に"ナイトクルーズレストランカー"を運行すれば...

大阪万博を契機に2つの区にまたがったUSJと海遊館が協力し合ってインバウンド観光客を呼べる一大都市型エンタメ・リゾートゾーンを構築すべきでは?

第6回 おおさか東線 直通快速 は 放出駅 を多層化して 待避線 を"親切"しないと早くならない!

現状まるで地下鉄路線!のような"おおさか東線"は、20.2㎞にも及ぶ久宝寺⇔新大阪間に追い越し駅が皆無!という珍事が生じています!

第7回 おおさか東線 を延伸して『おおさか南線』を建設しませんか?

2020年なにわ筋線着工2031年完成で、いよいよ「大阪梅田・新都心」が現実のものとなってきていますが... 大阪市南端の大和川右岸沿いの長吉・瓜破エリアからの通勤には依然として問題が残ります!

第8回 関空・伊丹空港・神戸空港をリニアでつないで一元化しましょう!

上海に先を越された、空港アクセスリニアだが近畿3空港連絡はリニアにとって打って付けの舞台になるはず...

第9回 徳島 が expo2025大阪・関西万博の観光特需に預かるには、都市圏の LRT 網整備と空港アクセス改善が...

「カールスルーエ型トラムライン 」の導入に一番適しているように思われる地方都市の一つ、それは阿波踊りで有名な四国の"徳島市"。

Top Index

プロローグ 岡山市の難問・都市交通体系とは

第0項 交通政策審議会答申・妄信説は過去のおとぎ話・迷信にすぎない!

現在、地上げ屋傾「紛い物鉄道Youtyuber」共(※01)が、交通政策審議会答申に示された「提言」(※02)を"錦の御旗に振りかざし"「非現実的な新線建設Delusion」を、さも尤もらしく、吹聴していますが...

神線を神(お上)から授かっていたのは、遠い昔の「神話時代?」のお話です!

お上が"国民の僕(しもべ;公務員)"と"国民の代理人(国会議員)"で構成されている現在、

charter(許認可)申請は民間企業(営利企業)となった鉄道事業者が"自らの大人の事情"で計画して、申請を行うものとなっています!

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

参※02)当サイト内関連記事 交通政策審議会 の"提言"は 与党運輸族 のアドバルーン? はこちら。

第1項 区役所に出向くのも大変な広域行政区

広域に分散した旧市街地は、区役所に行くのも大変な状況を招いています。

安い人件費?に後押しされて、21世紀にはいっても大躍進を遂げている岡山市ですが...

旧市街地、南区役所の有る福浜地区旧臨港地区の市街地化がすさまじく、朝夕の県道40号の交通ラッシュは荒ましい様相を呈しています。

更には、倉敷川以南の迫川駅周辺では、区役所へのアクセスにも問題が生じています。

★第1節 市街地化が加速している中区・南区のコミューターとして

別項で取り上げたように、現在一部が遊歩道となっている旧岡山臨港鉄道、廃線跡地を、LRTとして復活させることも可能でしょうが...

大本駅から先は県道173号を北上して、岡山電気軌道岡山駅前電停に繋ぐこととなり、いずれにしても道路拡幅整備は避けられないでしょう!

むしろ、ある程度整備されている島田筋に専用レーンを設置して都市型BRTを導入する方が、安上がりになるでしょう。

BRTだと、道路整備と、車両購入の支援さえ行えば、後は両備バスさんにお願いすれば、運行は引き受けて、もらえるでしょう。

近年のヨーロッパの地方都市では『Bus Tram 』による都市型BRT(※11)が注目されて、ヨーロッパ各地の主要都市で導入が相次出います!

参※11)当サイト関連記事 ローカル線廃止の方便 日本型 BRT と 準LRT 『 都市型 BRT 』との違いとは... はこちら。

利用者にとって最大のメリット『定時運行』が可能!

専用レーンを走行する都市型BRTなので「定刻発着」が可能となり、利用者にとっては「定時運行」が確保できることが最大のメリットとなります!

ナチュラルバリアフリーのユニバーサルデザイン

前途した超低床「鉄輪トラム」同様に体の不自由な方や老人・青少年いわゆる交通弱者に優しい乗り物です!

けた違いに安上がりの初期投資額で地方都市でもハードルが低い!

専用施設は公道以外の隣接敷地に設置するバスターミナル&車両基地と、各停留所の簡易シェルター(屋根)、運行掲示ディスプレー、およびGPS運行管理システムぐらい!

「走路保全」は道路管理者任任せとなり、車両以外の軌道設備や専用保安設備(信号・ATSなど)などの施設維持管理・更新費用が全く必要ない新世代のトラムです。

いわば最初から「完全上下分離方式(※3)」でバス事業者の運行経費負担が最小で済み!しかも最近各地で走り出した全長18mの連接バスなら定員120名と「単行鉄輪トラム(12mクラスの定員70人)」と同等以上の輸送力を持っています!

軌道施設のいらないBusTramなら需給に応じてフレキシブルな路線変更が

岡山市の場合は急速な発展で日々市街地が成長しており、効率の良いアーバンネットワークが構築しずらい状況にありますが...

BRTなら経路変更も変更手続きだけで可能なので、需給に即したフレキシブルな路線設定が可能になります。

北区だけではなく、赤穂線だけに頼っている東区、や大部分が鉄道空白地帯となっている中区・南区の中量都市交通システムとして有望なトランスポーターではないでしょうか。

(※関連記事 軌道施設のいらない『 トラム型トランスポーター 』登場!はこちら

※2、バス・ラピッド・トランジット(英: bus rapid transit, BRT)についてのWikipediaの解説はこちら。

※3、上下分離方式 に関するWikipediaの解説はこちら。

★第2節 吉備線LRT化でもカバーしきれない北区山間部のアクセス手段にも

吉備線と路線バスだけで中量トランスポーターが走っていない国道53号周辺では、朝・夕の通勤ラッシュが深刻になってきています!

吉備線LRT化だけではエリアコミューター路線との接続が問題となり、マイカーによる周辺道路の通勤ラッシュは解消できないでしょう!

発展を続けている「岡山市」北区では国道53号と交わる準幹線の整備も急がれるわけですが...

準幹線の整備と合わせてBRT路線を開設すれば頼りになるエリアトランスポーターとなるのではないでしょうか?

岡山空港の旅客化?にも貢献

市街地から交通至便な位置にありながら、山陽新幹線の陰に隠れて精彩がなく、もっぱら航空貨物取扱に特化したような岡山空港ですが...

国際空路がpoint to pointの時代になった今、坂道に強いBRT路線が出来れば岡山・倉敷観光の新たなる表玄関としてインバウンド客(国際チャーター便)から注目されるようになるでしょう!

第4節 キーポイントは道路拡幅整備!とバスターミナル

♥廻りの停滞をしり目に、道路の中央部バス専用レーンをスイスイ走るBRTの雄姿

.第1項 ..有名な「あべのハルカス」前では

渋滞の中を走行する堺トラムの事前映像

トラムも車もスイスイの事後映像

大阪市阿倍野区では市街地改造に合わせ、阿倍野筋を20m幅(車道往復2車線+複線併用軌道)から→40m幅に拡幅し中央部に緑化併用軌道を設け車道6車線+複線併用軌道にしたところ、この区間での日常の停滞が嘘のように無くなった!

関連記事(※4)でも述べた通り、日本各地から地域交通としての「トラム」が消えたのは、モータリゼーションの津波に耐え切れなくなった「貧弱な道路施設(行政)!」にあり、決してトラムのせいでは無かったことが証明されたわけです!

※4-1当サイト内関連記事 交通アクセスの変遷《 鉄道ヒストリア 》日本各地から森林鉄道・軽便鉄道・路面電車が消えた理由はこちら。

※4-2、当サイト内関連記事 日本型BRTの問題点《 鉄タヌコラム令和元年 》 はこちら。

第2項 新潟市では、中心繫華街、にバスターミナルが

新潟市では、に伊がtが駅ではなく、官庁・銀行などが集まった中心繫華街に万代に、万代シティバスセンター(バスターミナル)を設置して、全てのバス路線を集結させています。

高架は絶大で、振興繫華街の新潟駅前、を押さえて大成功を収めて、活気にあふれる中心街を形成しています!

参※)当サイト関連記事 新潟BRT の 失敗 節・反対運動は鉄道関連業界のBRT反対プロパガンダにすぎない!はこちら。

第3項 気になる車両価格は?

現在ベルギーのVanHool社製3連バスだと、少々割高にはなりますが...

国内ノックダウン生産、もしくは中国の様に類似車両を模倣開発?すれば、通常の大型・ハイブリッドバスの1.5倍程度には収までしょう?

※「トラム仮面バス」に拘らなければ、ネオプラン、ベンツ、その他のバスカロッツェリア?や国内メーカーも同様の低床(ノンステップ)連接バスを市場に多数投入しており、通常のディーゼルバスなら、国内標準仕様ノンステップ路線バスの1.5倍程度?

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

最新関連記事 

運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... のご案内

2022年2月1日更新版・公開

要約

今や最優先すべき国土軸は、高規格幹線道路地域高規格道路 の整備を他おいては考えられない時代と...

国土計画、関連法整備に積極的に邁進しているのは旧建設省グループの優秀なキャリアたちで...

LRTの整備に対する支援オムニバスタウン構想などの発想は全て旧建設省派から...

続きはこちらから...

後書き《 Future urban transit conception 》シリーズについて

欧米先進国では"都市圏交通事業"は同一オーソリティー(公共事業体)による一元化の方向に移ってきています!

21世紀は、「ハードウェアー」トランスポーター種別の優位性を競う時代では無く、都市圏全体のtransit(交通機関)の有機的な結合による「ソフトウェアー」運行システムの時代です!

地下鉄やモノレール、新都市交通、LRTなどの"軌道"に拘らずに、BRT、水上バスまで含めた広範囲なトランスポーターが有機的結合を果たして、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )についての総合的な検討を加えた上で、エコロジー・エコノミー・バリアフリー・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろった「総合的な一元化された都市圏広域交通システム体系(事業体)」が求められている時代では無いでしょうか!

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

関連団体リンクテーブル 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2017年8月12日
更新:2022年5月18日

投稿者:デジタヌ

大津市 に新幹線新駅を!"のぞみ"が停まれば滋賀県南部の活性化に"望み"が...TOP大阪市との縁談を断った 堺市 が更なる発展をするには!広域都市型 BRT 網の構築が...


 

 



▲関西都市圏 交通研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る