タヌキがゆく

赤字ローカル線『 加古川線 』を 廃止 の危機から救えるのは 国際救助隊の"サンダーバード号 !"

加古川線には"観光特急"運行の"社会化実験"が必要では?

超赤字ローカル線「加古川線」経由の城崎行緩行?特急・有料快速が、

湖西線に国際救助隊から派遣されている681系・683系サンダーバード号の新たなる救助先として相応しいのではないでしょうか!

目前に迫った2023年3月31日の北陸新幹線「敦賀延伸開業」後に北陸線での運用が半減する681系・683系特急用車両の大量"リストラ"?で、新たな就労先!を求めて、JR西日本による「特急列車が運行されていない区間」での緩行・観光特急運行の"社会化実験"の動きが始まっていますが...

expo2025大阪・関西万博に合わせて、加古川線に観光特急(&快速)を走らせてみてはいかがでしょうか?

超赤字ローカル線『 JR加古川線 』を救えるのは 国際救助隊から派遣されている?681・683系 サンダーバード号 !の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

前書き 国際救助隊派遣"サンダーバード号"にふさわしい次なる救助先は"加古川線救援特急"では...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

(※以下 直接リンクは事業者公式Website、Wikipedia該当項にリンクしてあります。)

第0項 交通政策審議会答申・妄信説は過去のおとぎ話・迷信にすぎない!

現在、地上げ屋傾「紛い物鉄道Youtyuber」共(※01)が、交通政策審議会答申に示された「提言」(※02)を"錦の御旗に振りかざし"「非現実的な新線建設Delusion」を、さも尤もらしく、吹聴していますが...

神線を神(お上)から授かっていたのは、遠い昔の「神話時代?」のお話です!

お上が"国民の僕(しもべ;公務員)"と"国民の代理人(国会議員)"で構成されている現在、

charter(許認可)申請は民間企業(営利企業)となった鉄道事業者が"自らの大人の事情"で計画して、申請を行うものとなっています!

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

参※02)当サイト内関連記事 交通政策審議会 の"提言"は 与党運輸族 のアドバルーン? はこちら。

第1項 "加古川線経由"姫路→城崎温泉間(681系・683系特急車両)"観光特急"案

expo2025大阪・関西万博にあわせて、"681系・683系特急車両"を用いた"加古川線経由の姫路→加古川→粟生→(社町)→滝野→西脇市→(谷川)(柏原)→石生→黒井→福知山→和田山→八鹿→江原→豊岡→城崎温泉間の "緩行特急"&一部指定席"特別快速"電車の運行を計画してみてはいかがでしょうか?

(カッコ)内は特別快速停車駅

ブルーライン・グリーンライン 電化区間

ブラックライン 非電化区間

赤い電車マーク 運行終点ターミナル

紫電車マーク 重要駅

青色電車マーク 観光拠点重要駅?

ブルーマーク 運転停車&快速停車駅

第2項 インバウンド観光客に大人気の 姫路→城崎温泉間!

21世紀に入った2000年以降 播但線経由(104.7㎞)の姫路→城崎温泉 間のインバウンド需要が増加していますが...

現状のインバウンド客御用達の播但線ルートでも途中駅での下車利用客はまれで単にトランジットルートとして利用しているインバウンド客がほとんどです!

ご存じの通り寺前⇔和田山駅間36.1㎞は非電化区間!です。

この区間を乗り換えなしで走破しているのは「ディーゼル特急はまかぜ」のみです!

しかし距離は伸びますが、加古川線経由(167.2㎞)にすると全区間電化!されていて「緩行(観光)電車特急」には、"おあつらえ向きのルート!"になるのではないでしょうか?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 直通電車特急 が運行されるようになれば...

加古川線の廃止検討区間の存続理由と営業収益増!にもつながります。

第1項 廃止検討区間の"存続理由と営業増収"につながる!

この西脇市⇔谷川間は利用者も極めて僅かで「バス転換」すら難しく!、JR西日本の廃止対象検討区間?にもなっていて、長年に渡り関係地元自治体との間で廃止協議が継続されている区間の代表格でもあります。

※3、1980年の国鉄再建法成立以来4,000人/日がバス路線転換の目安とされており、同時に8000人/日未満の路線は地方交通線として扱われてきました。

第1目 加古川線の営業係数は?...

加古川線の2018年度輸送密度はたったの2,702人!/日、営業係数(※4)494円の大赤字で特に谷川⇔西脇市間17.3㎞は運行本数も往復18本/日で8時から15時代は3時間に1本!それでも殆どの便が「空気輸送!」の現状です!

第2目 姫路⇔和田山・城崎温泉間の特例運賃適用で

運行区間変更による姫路⇔城崎間の通し運賃は、特例処置で山陽本線の岩国⇔櫛ヶ浜駅間の岩徳線経由運賃適用(※01)と同じように播但線経由(104.7㎞)運賃を適用すれば、現状の日本人観光客にも負担増にはなりません!(※02)

参※01)当サイト関連記事  "軍部"と" 政治家 "に翻弄された 大廻り迂回路 ・廃線 の歴史はこちら。

第3目 輸送密度が好転する!

一部指定席の特別快速を合わせて運行すれば、特急列車が利用できるジャパンレールパス利用のインバウンド観光客はもちろん、青春18きっぷを利用する日本人旅行マニアも、2度の乗り換えなしになって、利用者も増えるでしょう!

通し運賃特例処置で姫路→和田山・城崎、城崎→姫路間は現行運賃に据え置いたとしても、加古川線(西脇⇔谷川間)の見かけ上の輸送密度確保!できて、加古川、粟生、西脇市、石生、黒井、福知山などの途中駅?からの新たな乗客利用も見込めてJRの増収にもつながるでしょう!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 沿線自治体は赤字補填の補助金捻出にだけ汲々とするだけではなく...

積極的な観光開発(観光資源掘り起こし)も必要ですが...

観光特急と特別快速の誘致が転機となって、加古川線沿線各自治体の観光需要も好転するかもしれません?

第1項 余剰特急車両の"リクルート"問題が後押ししてくれるかも?...

令和元年現在 北陸本線に国際救助隊?から派遣された「サンダーバード号」(※21)の救援区間に当たる 大阪⇔金沢間(267.6㎞)が2023年4月からは大阪⇔敦賀間136.9㎞に短縮されます。

名古屋⇔金沢間 256.5kmで運行されている「しらさぎ」号(※22)の"渡り鳥区間?"も名古屋⇔敦賀間125.8km に短縮されて共に現状のほぼ半分の運行区間になります!

つまり、1時間・間隔(サンダーバード&しらさぎでは30分間隔)の運行間隔が変わらず、乗客が急増でもしない限りは「現在使用されている681系・683系特急車両約半数が用無し!になります。(さらに噂では「しらさぎ」が飛ばなくなる懸念!(※23)も案じられています。)

※参21)、当初11両編成!で登場し2015年3月の北陸新幹線長野→金沢延伸開業以来通常9両編成(多客期3両増結の12両編成) 定期運行25往復/日。

※参22)、当初11両編成で登場し2015年の北陸新幹線金沢延伸開業以来通常6両編成(多客期3両増結の9両編成) 定期運行16往復/日)

参※23)当サイト関連記事 とんだトバッチリの滋賀県! はこちら。

2015年の北陸新幹線 金沢延伸開業当時以上の特急「減便!」

2015年の時には紀勢線JR西日本電化区間の「くろしお」や福知山線・山陰本線電化区間の「きのさき」「こうのとり」で運行されていた旧国鉄型183系・381系と283系振り子式電車の置き換えに充当されましたが...。

「きのさき」「こうのとり」編成用の287系電車の増備も進んでおり、交直両用の681系・683系電車は、留置所(車両基地)に留置され「硬直療養?」の憂き目にあってしまいかねません!

つまり、今まで特急なんて"とてもとても..."だった加古川線にも"余剰車両"が振り向けられる可能性が芽生えてきたわけです。

第2項 必要な追加工事は谷川駅構内配線の小変更だけ!

※Googleアースモード(航空写真モード)にすればわかりやすくなります!

沿線自治体(丹波市、西脇市、加東市、小野市、加古川市)で構成される加古川線協議会と、兵庫県全額負担して、加古川線から福知山線への渡り線を復旧すれば...架線張替え電気工事、閉塞方式信号機変更(特殊)自動閉塞→ATS-SWシステム変更工事、CTCシステム変更工事を含めても...1億円以内(数千万円)程で実現できるでしょう?

2両連結の特別快速なら、武漢ウィルス騒ぎが収まるだろう?2021年10月のダイヤ改正時からでも"社会化実験"が行えます!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《持続可能な鐡道事業》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き 《廃止検討路線問題》シリーズについて

色んな理由で、赤字路線が廃止検討されています。

と言うより色んないいわけで、『赤字路線が21世紀まで生き延びた』といってもよいかもしれません。

鉄道駅を中心(ハブ)として、ローカルエリアの交通網・生活圏を構築してきた、自治体の都市計画を考え直す時期に来たのかもしれません!

嘗ては,道路整備よりもお手軽なLife lineとして全国に張り巡らされた鉄道ですが...

道路建設が大幅に機械化された現在、

貨物輸送をトラック輸送に奪われた現在、線路設備の維持管理・設備更新を自己負担しなければならない"旅客鉄道"は、大きなハンディを抱えている!と言えるでしょう。

多くの赤字地方ローカル線で、存続問題が討議されています。

ノスタルジックな、「鉄道神話」の呪縛を解き放ち、再度「公共交通」を考えなおすべき時期ではないでしょうか...

狸穴総研 赤字ローカル線問題調査室 出自多留狸

関連団体 ※脚注 ♥問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2019年9月21日
更新:2022年7月 1日

投稿者:デジタヌ

謝罪広告 2017-1TOP存続問題 に揺れる 神鉄 粟生線 の 緑ヶ丘駅 以遠は廃線への(鉄)路を...


 

 



▲関西・中国・四国地方交通線 調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る