『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

千日前線を"いらない"路線から"ドル箱路線!"に転線させるは...

前書き(要約) 大日 ・ 八尾南 から ナンバ へ"乗り換えなし"で直接いけるようになれば...

役立たずの「いらない子扱い」されている千日前線ですが...

千日前線は、計画当時は先に申請のあった近鉄・阪神連絡「大阪高速鉄道」計画をぶち壊すために大阪市交通局が急遽特許申請した「嫌がらせ路線」の代表格のような存在でしたが、それが祟って?今になって大阪メトロの「お荷物路線の代表格!」に成り果てた路線ですが...

天神橋筋六丁目 と 平野 で "千日前線 と 谷町線 が 直通運行 "出来るようになればドル箱路線

大日(天六)⇔茶屋町(北梅田)⇔ナンバ⇔八尾南(平野)が一本になって繋がれば、「キタとミナミにまたがった正真正銘の第2の南北幹線」が誕生して、

通勤・通学・ショッピング♥オールマイティーな路線として脚光を浴びることになるでしょう!

  • ♥ピンクのライン 谷町線・千日前線ルート!
  • ●紫ライン 谷町線 通勤ルート

千日前線 と 谷町線 が 天神橋筋六丁目 と 平野 で 直通運行 出来るようになれば... の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

 

プロローグ 千日前線が両端で谷町線と繋がれば、大阪のキタとミナミの両顔を結べる幹線に!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

旧4大区の旗頭"大阪市都市計画局"が主導する大阪・梅田都心化事業が2031年の"なにわ筋線開業"で一応の完成を迎えることになります。

これを踏まえて、大阪市が"御堂筋完成80周年記念事業推進委員会"をオーガナイズして、最後の詰めの一手として、2037年の北陸新幹線大阪延伸開業に合わせて御堂筋を廃道にして、旧住吉郡部のミナミを窮地に追いやろうとしています!(※00)

それまでに天六(大日)⇔茶屋町(北梅田)⇔ナンバ⇔平野(八尾南)が一本になって繋がれば、ミナミを救うことが出来るでしょう!

参※00)当サイト関連記事 大阪の表玄関・梅田界隈と大歓楽街ミナミを結ぶ"目抜き通り"御堂筋の命運は?...はこちら。

第0項 交通政策審議会答申・妄信説は過去のおとぎ話・迷信にすぎない!

一般人が、マスメディアによって"勘違い"させられている最大の"誤解"は、「碁会所?に暇つぶしに集まったお年寄りたち」には何ら権限がない!どころか、"提言"(希望)は出来ても、一切の権限(決定権)は無い!と言う事実です。

地上げ屋傾「紛い物鉄道Youtyuber」共(※01)が、交通政策審議会答申に示された「提言」(※02)を"錦の御旗に振りかざし"「非現実的な新線建設Delusion!」を、さも尤もらしく、吹聴していますが...

神線を神(お上)から授かっていたのは、遠い昔の「神話時代?」のお話です!

お上が"国民の僕(しもべ;公務員)"と"国民の代理人(国会議員)"で構成されている現在、

charter(許認可)申請は、民間企業(営利企業)となった鉄道事業者が"自らの大人の事情"で計画して、申請を行うものとなっています!

railroadprojectflow.png

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

参※02)当サイト内関連記事 交通政策審議会 の"提言"は 与党運輸族 のアドバルーン? はこちら。

第1目 新規路線の素案(議題)を作成しているのは地上げ屋の回し者!

更に新規路線の素案(議題)を作成した連中は、交通専門家(地政学者)では無く!

「一儲けを企む鉄道事業者 つまり商人(あきんど)」と言う事実でもあります。(※公営交通事業の場合は、地上げ屋と結託した視界偽員!ども)

例えば各政令指定都市の地下鉄建設などでは...

全国の公営鉄道の延伸妄想!の数々について、"日本語ウィキペディア"などに投稿した"その筋の関係者!"どもは、

未練がましく地上げ路線妄想!を書き連ねていますが...

何れも地元市民(住人)の意向を反映した構想ではなく、タダの地上げ妄想!にしかすぎません。

第2目 鉄道新線は市民の Consensus が無ければ...

都市計画・鉄道新線計画は♥人の営み、暮らし向きと切り離しては成立しません!

つまり、地上げ屋共が、好き勝手に引いた「地上げ路線!」では地勢までも変える力は無い!わけです。

さらに今や、巨大設備事業!である鉄道建設には、自治体(市民)のScheme(企て!)が無ければ実現できない世の中になってしまっています。(※03)

地下鉄延伸・新線などの鉄道新線建設は「良し悪し(※04)」は別にして"♥市民の Consensus(総意・協心)に下ずく自治体(市民)のScheme "が得られ無ければ建設できない!ご時世なのです。

参※03)当サイト内関連記事 鉄道建設に必ず登場する事業費・自治体分担の"仕来り" Schemeの由来は "企み!"で " 言い得て妙 ... はこちら。

参※04)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

ルート設定には♥"民主主義の原点回帰"が...

  • 新線建設ありきの(一方的Power harassment!)施政捨て!
  • 民間企業!(鉄道事業者)の"エゴ"と、視界偽員の野望取り払い!
  • ♥地域住人の望む「真(誠)の鉄道"神"線」を目指す姿勢!

つまりCompliance(追認・承服)を強要?する施政ではなく、

♥Consent(同意)を大前提とすべきではないのでしょうか!

その為には
  • ●Power harassment!Scheme(企て!)の Compliance(追認)を求める説明会は廃止するべき
  • ●パネルディスカッションなどの♥"公聴会"開催するべき

つまり建設予定エリアの

  • ♥住民の要望に耳を傾けて、
  • ♥民意をくみ上げる

姿勢が大事!なのではないでしょうか...

自治体(利権集団)の"猿芝居!"(地元説明会)では中共のパワハラ圧政!と何ら変わりません。

第1項 大阪の両顔キタとミナミ

第1項 茶屋町・中津周辺まで拡がった大阪の右顔?「キタ」

現在グランフロント大阪「元梅田貨物駅」再開発事業が進み、大阪の顔「北」は大きく拡がっています!

梅田・大阪駅界隈の北限は阪急電車本社のある「茶屋町」「中津駅」周辺まで広がっています。

第2項 対して西に伸び始めたもう一つの左顔「ミナミ」

茶色のラインがウッドデッキ


道頓堀再開発で「ウォーターフロントデッキ」が整備されて、かつての目抜き通り「堺筋」から「御堂筋」「四つ橋筋」を通り越し「湊町船着き場=JR難波駅前」まで拡がりました。

大阪ドームのある「大正橋」までとは行かないまでも、もう一区間「桜川=汐見橋」エリアまでは延ばせるでしょう?

第2項 千日前線と谷町線が一体化すれば...第3の南北アクセスルートが誕生する!

  • ♥ピンクのライン 谷町線・千日前線ルート!

現在建設中の「なにわ筋線」に次いで、キタ(茶屋町)ミナミ(難波)を結ぶ、第3のアクセスルートが誕生する訳です!

この延伸事業で現在大阪市都市開発局が主導して進めている「大阪・梅田新都心化事業」(※01)が完璧なものとなるでしょう!

大阪の交通インフラ網を南北幹線主体から「大阪梅田新都心」を中心とした放射状に広げるには最適な路線といえるでしょう!

天神橋筋6丁目駅で「茶屋町・難波」に向かう乗客と「東梅田・天王寺」方面に向かう乗客を分散できて谷町線の混雑緩和にも繋がります!

勿論平野以南についても同じ!で天王寺駅からの混雑が相当緩和できるでしょう!

さらに後述しますが、多めに見積もっても両端延伸工事合わせてたったの3,380億円程度で収まります。(※現在発表されているなにわ筋線建設計画では、可成り少なめ!に見積もって約3,300億円!なので実際には軽く4000億円は突破するでしょう!しかも現在工事中の新大阪⇔北梅田駅間の新駅建設費と梅田貨物線移設工事費は含まれていません!)

参※01)当サイト関連記事 大阪梅田新都心計画の裏に隠されている推進剤(陰謀)とは はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 谷町線が天王寺系統とナンバ系統の2系統運行が可能に!

千日前線南端の南巽⇔平野駅間と阿波座⇔天神橋筋六丁目間の2区間延伸が完成すれば...

世界の大都市では系統別運行が当たり前

世界の3大都市東京・ニューヨーク・ロンドンに世界の大都会では常識となっている「系統別運行」(※11)が可能になります!

天神橋筋六丁目⇔平野間で2系統分岐運行!

  • 千日前・新1系統天神橋筋六丁目ー(なんば)ー平野間 
  • 谷町線・現行2系統天神橋筋六丁目ー(天王寺)ー平野間 ※基本折り返し区間運行
  • ♥全線走行メイン1系統 ⇔天神橋筋六丁目ー(なんば)ー平野⇔八尾南間(ピンクのライン)
  • ●ラッシュ時補完2系統 日⇔天神橋筋六丁目ー(天王寺)ー平野⇔八尾南間

千日前線のメイン運行経路を新系統に移して、現行の通し運行系統は2系統として、ラッシュ時の利便(分散)を計ることとします。

※参11) 本サイト関連記事 第3節第3項 「不要不急路線の千日前線」と「稼ぎ頭・谷町線!」の助け合い相互補完運行!をご覧ください。

  • ♥ピンクのライン 谷町線・千日前線ルート!
  • ●紫ライン 谷町線 通勤ルート

第1項 朝夕のラッシュアワー(通勤時間帯)は

全線通し運行を2系統に分散して行う

  • ♥千日前1系統 
  • ♥天王寺2系統

朝夕のラッシュ時のみ現行谷町筋線全区間の列車を難波系統(千日前線)と現行天王寺系統(谷町線)の2系統に系統別運行を行えば、八尾南→東梅田への通勤需要も賄えます。

第2項 昼間(ショッピングタイム)は

  • ♥全線通し運行は1系統のみとして、2系統は折り返し運行とする。

八尾南⇔難波⇔大日の難波系統のみとして、天王寺系統は平野⇔天王寺⇔天神橋筋六丁目間の区間折り返し運行とします。

これにより、谷町線沿線の両端、守口・大日方面と平野・八尾南方面から繫華街ミナミへ乗り換えなしで容易にショッピングに出かけられるようになります!

第3項 陸の孤島"西区住人に明るい光"が!

阿波座(西長堀)と北梅田(茶山町)が直結!

現在、中途半端な終点"野田阪神駅"で役立たずだった千日前線が、大阪梅田新都心の北の玄関口"茶屋町"に直結されます。

これで茶屋町駅(中津駅)乗り換えで、♥新大阪駅にもグッと便利になります!

つまり"なにわ筋線"(※12)が開業しても、陸の孤島状態が続く西区千日前線沿線が交通至便エリアに変わり、一気にこのエリアの利便性(人気)が増します!

※お判りですか、やとう(夜盗)視界偽員?の皆さん。これが本当の住人サービスです!役にも立たない"アトラクション路線?(※13)を延伸しても、喜ぶのは貴方たちと地元地上げ屋と土建屋だけです!)

参※12)当サイト関連記事 『なにわ筋線』は 特急短絡路線それとも「都会の秘境駅」を結ぶ都会の秘境路線・観光鉄道?! はこちら。

参※13)当サイト関連記事 今里筋線を走るリニア・コースター?と逝てまえ!バスで"都会の秘境"をめぐる旅はいかが? はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 具体構想

  • ●紫色ライン 谷町線
  • ●ピンクライン役立たずの千日前線
  • ●千日前線お役立て延伸区間

第1項 千日前線南端延伸『谷町筋線』平野駅接続

第1項 千日前線に在って谷町筋線に無いもの、谷町筋線にあって千日前線にないものは?

なぞなぞの答えは谷町線にないものは『ナンバ駅』、千日前線にないものは『東梅田駅』と『沿線住民?』です。

別稿で取り上げた、『民鉄の採算セオリー』と言う物があって、谷町筋線が黒字で千日前線が赤字なのは正にこれに尽きます!

第2項 千日前線を谷町筋線『平野駅』迄延伸し谷町線に『路線接続』するには

『南巽』で唐突にとぎれている千日前線を谷町筋線『平野駅』迄延伸し谷町線に『路線接続』する案です。

建設費約1,126億円≒延長2.6㎞x 433億円/km(※0)

※参0、京阪中之島線/(事業主体;中之島高速鉄道)の建設実績1300億円 /3km、より算出したあたい「433億円超!/km。」

南端を延伸『谷町筋線』平野駅に接続すれば、平野駅以南の利用者にとっては「ナンバ・ミナミ」への直結ラインが完成して、昼間利用客が増加し現金収入増につながり千日前線の「黒字転換」も可能となるでしょう!

第3項 現行計画のJR衣摺加美北方面延伸案では赤字を増やす!だけ

道路建設にかこつけて利用者も見込めない地下鉄をついでに建設しようという千日前線東進延伸案では利用客の増加がさほど見込めずに黒字転換は困難!で赤字を増産する結果になるでしょう!

※当サイト内関連記事 大阪市内の黒字鉄道のセオリーは、背骨・御堂筋線に結節している事が重要!はこちら。

第2項 千日前線北方延伸『谷町筋線・天神橋六町目駅』接続

「千日前線・阿波座駅」⇔「谷町筋線天神橋筋六丁目駅」延長約5kmの地下鉄連絡線。

路線距離 4.9 km
営業キロ 5.2 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 直流750V 第三軌条方式
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 WS-ATC
最高速度 70 km/h

総工費 433億円×5.2Km ≒ 2,250億円ぐらいで建設できます!

第1項 つまりは千日前線「阿波座駅」と谷町筋線「天神橋筋六丁目駅」を結ぶ短絡線

千日前線の活性化の決め手!

千日前線の活性化の要ともいえる路線です。

メリット1 沿線の西区住人の「使える足」に

今だに梅田方面へ出かけるにはバスに頼っている千日前線沿線の西区住人にとって、「定時運行」の担保された「使える地下鉄」は非常に有難い存在となります。

メリット2 「なにわ筋線」のおよそ半額

「なにわ筋線」最終総事業費5000億円超!の半額2500億円超ぐらいで建設できます。

メリット3 市中心部の南北交通に対する「過剰投資(施設)」が防げる!

現状ご存じ通り、市中心部を走る南北主要幹線「筋」には、東から「谷町筋線」「堺筋線」「御堂筋線」「四つ橋筋線」そして「千日前線」とすでに「5本もの南北ライン」が通っており、更に「なにわ筋線」「環状線」の内・外回りまで加えるとこの狭いエリアに8本もの「大量輸送」アクセスラインが出来てしまうことになります。

このうち「キタ新地歓楽街」と「ミナミの歓楽街」を結んでいる「歓楽路線」となると「御堂筋線」「四つ橋筋線」のみで現状でも7本有る南北線の内のたった2本だけです!

だから、「なにわ筋線」の路線計画を「南海新難波駅」「JR難波駅」と「北梅田(JRグランフロント)」駅に変更したのでしょう?

なにわ筋線計画では「途中駅利用」は殆ど見込めません!

「不要不急」路線がもう1本増えるだけで難波⇔梅田間の移動が多少は便利良くなっても(※21)、"四つ橋線"の現況を見る限りは「なにわ筋」沿いに「企業が積極進出」してくれるとは思えなし、現・なにわ筋線計画では「途中駅利用」は殆ど見込めません!(利用できない?)

すなわち"なにわ筋線"は沿線住人=大阪市民には利用価値が殆どない!と言い切ってもよいでしょう。(※22)

しかし、現状のリソース「千日前線」を延長すれば「不要不急」路線の代表格?千日前線が「梅田⇔難波間の連絡線」として"定期券"利用客だけではない「昼間の現金収入客が多い優等路線」に蘇生?できる可能性が急浮上します。

※21)前途の通り、有料特急のみの運行予定なので、一般庶民?の役には立たない!

※参22、当サイト内関連記事 タイムカプセルから蘇った"都会の秘境路線" なにわ筋線 に勝算はあるのか?はこちら。

第3項 但し若干の不都合「盲腸線」が残る問題も?

新線を建設すると既設の「阿波座-(玉川)-野田阪神間」は単なる「盲腸線」となります!

そうでなくとも利用客の少ない「両駅」を結ぶ「野田阪神支線」は「不要不急」路線として廃止対象区間となるかもしれませんが...

まあ元々「近鉄・阪神」連絡鉄道計画に対する「当てこすり路線」だから「阪神なんば線」が開通した今となっては、この区間の存在意義は無くなった!といっても言い過ぎではないでしょうし、

この区間の利用者(沿線住人)は少ない!

事実沿線住人は現状でもこの区間はあまり利用していなく、大阪環状線か大阪シティーバス利用者が殆ど?です。

※ ロンドン盲腸線の例

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 大都会の秘境?を結ぶ『千日前線』の現状は...

当時の大阪市が『市営モンロー主義』を盾に、当時の大阪高速鉄道(近鉄・阪神共同出資)の連絡線(現近鉄難波線阪神なんば線)計画をぶち壊すために急遽特許申請した「嫌がらせ路線」の代表格、それが祟って今になって市交通局の「お荷物路線」の代表格に成り果てた路線...。

ご存じ「漫才ネタ」や「YouTubeネタ」で度々登場する「大阪の闇の名物」!

第1項 「長~い!ホーム」のある駅に「短~い!電車」がやってくる!?

現在大阪メトロの車両は中間車両が全長18.7m、先頭車両が非貫通タイプの先頭車両が18.9mで統一されている。

千日前線では各駅8両編成分約160mのホームが整備されており、両端を安全柵で閉ざされた「長~いホーム」にラッシュ時でもたった「4両編成(約76m)」の短い列車が恥ずかしそうに?遠慮しながら入線して来ている。

第1項 両端の「ター未成る?(ターミナル)」は昼間も薄暗い、不気味な様相を呈し!

北端の「野田阪神駅」にある1日・1本の列車が止まる2番ホームには「エレベーターもエスカレーターも無く!」ご親切にも車内放送で「一つ手前の駅で後続列車に乗り換える」ことを勧めている有様...。

『この電車は野田阪神駅2番線ホームに到着いたします、出口は前寄りの階段をご利用願います、尚野田阪神駅2番線ホームにはエレベーター、エスカレーターがございませんので、ご利用されるお客様は(こんどの野田駅で)次の電車にお乗り換えください!???』<車内放送,全文紹介!>

更に両終点駅では、最終列車がそのまま留置され、南端の「南巽駅」では早朝の始発電車2編成が各番線に「縦列駐車!」している有様。

第2項 乗客が定員に近づくのは『谷町9丁目⇔鶴橋』間だけ?!

大阪市営地下鉄の8路線の中では利用客数は6番目!(2013年度の1日平均利用者数は18万1,238人)と言うことは、御堂筋線(2013年度の1日平均利用者数は112万9,679人!)の約1/6。

  • ※ミニ地下鉄の「今里筋線」「長堀鶴見緑地線」を除いてビリッケツ!営業係数で言えばもちろん大赤字!
  • ※御堂筋線の1日平均利用者数は112万9,679人!/2013年度

通勤時間帯でも「始発駅ではガラガラ」の状態で出発しており、乗客が定員に近づくのは鶴橋⇔桜川間だけ!その前後は全員着席でゆったりとローカル線気分を満喫できる!

※先頭車両の定員が130人X2、中間車両の定員が140人X2の固定編成で合計一編成540人。

この数値は着座定員と立ち席(吊り皮の数)の合計なので、実際は昼間の「都心部混雑区間」でさえ一列車当たりの乗客は400人程度と思われる。(平日の14時頃の実地見分による!)

第2項 千日前線 の生い立ち

第1項 近鉄⇔阪神連絡鉄道を阻止するために作った路線

千日前線は、近鉄⇔阪神連絡鉄道を阻止するために急遽作成した計画に基ずき、当時の大阪市(大阪市議団と大阪市交通局がつるんで)が策定した計画路線を具現化したもので、需要予測など全てでっち上げて?(近鉄難波線に)当てこすりで1970年3月11日新深江⇔野田阪神間を開通させた路線。

その後、需要が全く見込めないまま南辰巳まで無理やり延伸させために、予想通り今里⇔南辰巳間は「車両の空気を入れ替えるために?」運行している有様。

地元民党市議団の先生方以外は地元でも全くと言ってよいほど有難がられていない路線!

皮肉なことに競合路線(近鉄難波線・阪神なんば線)がある桜川⇔鶴橋区間以外は乗車率(輸送密度)が極度に悪く、全体では赤字路線となっている!

元々当てこすりで作った路線なので仕方無いかもしれないが、「出来てしまった子供と地下鉄」は育てないと致し方ない?」ので...。

そこで今回妙案を思いついたので、地下鉄建設大好きの「欲ボケ地元民等の先生方」と大阪市交通局にご提案申し上げることにした。

第2項「なにわ筋」と千日前線の通る「新なにわ筋」とは千日前通りの最接近部ではたったの450mしか離れていないが!...

「なにわ筋」と千日前線の通る「新なにわ筋」とは、千日前通りの最接近部で約450m、中央大通り部分でも約600mしか離れておらず北梅田(大阪駅)⇔新大阪直結に新路線「なにわ筋線」が完成すれば本町・中の島周辺の西区住人がそちらに流れる可能性もある?

※但し、半休?電車さんが新大阪(十三)連絡線を自力で建設して、新大阪⇔南海難波間に通勤型車両を走らせてくれた場合の話であって、現状では「なにわ筋線」内には有料特急(はるか、くろしお、ラピート、荒野号?)しか乗り入れる予定はないので、通勤・通学・お買い物には使い物にならない予定!(※31)でしょう。

したがって、当分の間は千日前線は廃線にはならない?でしょうが...

※31)当サイト関連記事 当初のコンセプトは「ほぼ崩壊・壊滅常態!」はこちら。

第3項 大都市の秘境駅?野田・南辰巳の両駅の現状

また現状でも福島区内の玉川駅(JR乗り換え)駅⇔終点野田阪神駅間は「廃線?廃駅」と鉄オタに揶揄される状態で利用率(乗客)が低い区間でもあり、今後ともに未来永劫に渡って大赤字は続く予定となっている?

この両駅周辺住人は「JR環状線」か阪神電車orJR東西線、または大阪シティーバスを利用して大阪(梅田)に向かっている。

ということで野田阪神という「中途半端なところ」で行き止まりの当線は、沿線住人から「そっぽを向かれ」不要不急路線に転落しかけており、、成り行きに任せれば 民営化した大阪メトロでは手に負えない状態になるのは必定でしょう!

更には、今も燻っている南巽からの「東進計画」などというバカげた"妄想"に突き進めば、間違いなしに...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ OTA(Osaka Metropolitan Transportation Authority )に改組できれば...

やとう自民党市議団の親方、自民党政府が、不良債権処理問題に託けて「金融ビッグバン」と称して、都銀を合併させて「本店を東京に集中」させてしまい、証券各社、大手商社、在阪有力企業の殆どの本社も、東京に移転してしまい、財政(税収)が破綻しかけている大阪市では、単独で「地下鉄新規路線」を建設できる状態ではなくなっています!

第1項 実現するにはOTA(Osaka Metropolitan Transportation Authority )に進化することが...

大阪府、大阪市、守口市などの沿線自治体で「一般地方独立行政法人 大阪都市圏広域交通事業団」(※92)を設立すれば、野党連合が望む、♥路線バス運輸事業の再統合も含めた 大阪都市圏広域交通の再編成が可能!となります。

第1目 一般地方独立行政法人 大阪 都市圏広域交通事業団 設立案

大阪メトロと大阪シティーバス、京阪バス、近鉄バス、JR西バス、阪急バスまで含めて再統合して、♥府民・市民の利便性に最重点を置いた都市圏広域交通網が構築可能!となります。

つまり、維新の会、自公連立野党がお互いの"私利私欲"(※93)に拘らずに、♥府民・市民の「営み・暮らしぶり」を最重点に歩み寄れば...

一般地方独立行政法人に対する労働組合の反発はFake

一部の労働組合が騒ぎ立てる身分問題などありません!

大多数の、乗り入れ先関連鉄道会社、バス会社の出向社員(現業関係)は今まで通り所属会社の社保が適用されるので実害はありません!、さらに所属会社の♥組合員活動も継続できます。(但し所属会社ごとの給与規定となるので待遇は...)

困るのは天下り先を無くす市患部職員だけ

困るのは、天下り先や出向先を無くす大阪市の患部!連中だけです。(つまり公務員資格が無くなるので、手厚すぎる!退職金・恩給資格、社・保の受給対象から除外!されて、甘い汁が吸えなくなる!為です、つまり困るのは天下り先を無くす、市患部職員だけと言う事です。

参※92)当サイト内関連記事 都市圏 広域交通事業団 の必要性! と実現への途とは... はこちら。

参※93)当サイト内関連記事 運輸族・地方議会議員 が 鉄道 新線を "建設したがる訳!" とは... はこちら。

★第2項 実は影武者を使う秘策も...

将来的にはOTAを目指すとして、とりあえず千日前線の輸送密度(営業係数)改善のための新線建設ならば...

中央線コスモスクエア駅延伸時に活躍していただいた㈱大阪港トランスポートシステムさんに一肌脱いでいただく手も残されています!

第1目 大阪港トランスポートシステムのリファイナンスで建設できる!

大阪港トランスポートシステムをリファイナンス(再投融資)して、もう一度第三種鉄道事業として、千日前線の南部延伸(南巽→平野延伸)、北方延伸(阿波座→天六)を行えば、

中央線同様にOsakaMetroが千日前線(第二種鉄道事業)として開業できます!

これだと、大阪市の、自己調達資金も少なくて済み、かつかつての中央線延伸時の様に、「利益誘導問題も躱せて」道路特定財源も利用でき、昨年(2021年)来、の政府(国交省)の路線変更で、「都市計画事業」指定も可能となり、

稜線合わせて総事業費 3400億円も

大阪港トランスポートシステム自己調達資金 8.5% 約287億円!ですみ、

大阪市の建設スキーム 1,440 億円程度で収まります!

しかも、土木事業は出来高払いなので、10年計画とすれば毎年150億円程度!で実現できます!

当初 1,632億円の予定で開始された阪急淡路駅周辺連続高架都市計画事業(※94)が、

すでに予定金額に達してしまい、2022年現在の予想で、残り4年追加予算694億円!で2,326億円!以上になることが確実視されて、大阪市から公表されました。

つまり、 3400億円程度の都市計画事業ならば、現状の大阪市でも、取り組めるわけです!?

参※94)当サイト内関連記事 阪急淡路駅周辺連続高架都市計画事業は完工できるか? はこちら。

株式会社大阪港トランスポートシステム
  • ●1974年7月10日設立 (大阪メトロ中央線大阪港⇔コスモスクエア間)
  • ●非上場・非公開株式会社 主要株主 大阪市 69.56%、三井住友銀行 3.33%、三菱UFJ銀行 3.33%、りそな銀行 2.95%、みずほ銀行 2.95%、日本トラスティ・サービス信託銀行 (信託口) 2.95%(2019年3月31日現在)
  • 1997年12月18日:OTSテクノポート線大阪港駅 ⇔コスモスクエア駅間 (2.4 km) 間(中央線)、コスモスクエア駅 ⇔トレードセンター前駅間 (ニュートラム)開業。

第3項 やとう自民党大阪市議団にとっても美味しい話です!

両端で谷町線と繋がれば、「ミナミ・難波新地」には繋がっていても「キタ・梅田界隈」に繋がっていなかった「千日前線」の地上げ(路線価値の急上昇!)に繋がります!

サイドビジネス(本業?)の"地上げ屋"が儲かるようになります!

やとう(夜盗?)大阪市議団にとっても美味しい話です!

千日前線沿線の"新なにわ筋沿道"では

新たに茶屋町(中津)乗り換えで、新大阪と繋がり!路線価値が急上昇します。

谷町線平野以遠ではミナミ直結で路線価値が急上昇

谷町線平野以遠では大阪の歓楽街ミナミと直結出来て、気軽にショッピ主ングに行けるようになって、♥人気沸騰して路線価値が急上昇します!

つまり、都心部と直結していない"継子路線"今里筋線延伸妄想より、サイドビジネス?の"地上げ"には、計り知れない効果が期待できます!

大阪市民にとって(都心に繋がらない)役立たづの今里筋線(※99)建設ナンゾより数段役立つ路線となり、OsakaMetroの収支改善にも貢献できます!

参※99)当サイト内関連記事 井高野 今里 矢田 を結ぶ 被差別 路線! 今里筋線 延伸妄想では沿線の名誉回復・地域振興には繋がらない! はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《大阪都市圏広域交通 への"Road"とは》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックすると、特集記事全てにジャンプ!できます。

後書き 《 Future Local transportation conception 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

市民生活に欠くことのできない"都市内ローカル線"や、21世紀を生き抜く(鉄)路として、さらには輸送密度8000人以下のrural line 地方交通線(地方ローカル線・3セク線)についても、21世紀を生き抜くためには何が必要なのか?

鉄軌道に拘らずBRTも含めたトランスポーター全般について利害・得失や、エリア(路線)ごとの状況(発展or衰退)、旅客需要(輸送密度)、延伸or新規路線、などのシチュエーションに見合った"適性"でとらえて、22世紀に向けた「ローカル交通網」のあり方を考えてみました。

狸穴総研 地域交通問題研究室 出自多留狸

※脚注 関連団体 ♥問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2018年7月 9日
更新:2022年10月27日

投稿者:デジタヌ

Osaka Metro 御堂筋線 は 高石市方面延伸と快足 運転 で「なにわ筋線の脅威」を乗り越えないと...TOP地下鉄なら赤字!間違いなしの 城北公園通りも♥トラムなら初年度から黒字達成可能!


 

 



▲大阪メトロ 追跡班へ戻る

 

ページ先頭に戻る