狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

新交通システム & リニア地下鉄は"金食い虫"でお荷物な交通"効カン"の厄介者"!

副題 "ご近所付き合いが悪い"仲間外れのヒッキー路線!

(要約)20世紀初頭のロンドンで始まった深層地下ミニ地下鉄「Tube」

ニューヨーク、ロンドン、東京などの Metropolis(大都市)では、もはや地表近くには地下鉄新線を建設する"余裕"はなく、「美観を損ねる高架軌道」か巨額投資をしてでも地底深くを「Tube」鉄道で掘り進むかするしか(軌)道はありませんが...

Metropolis 以外の痴呆都市では、Tube 鉄道は"人"どころか"水"も流せないような無用の長物「地底土管」と言えるのではないでしょうか?

高床式!Tube 地下鉄や新交通システム? では「無駄なホームドア」無くせま線(せん)

リニアmini地下鉄や新交通システムpropaganda しているのは、開発を支援!した経産省(旧通産省)と、新たな食い扶持を求める鉄関連魏妖怪(ギョーカイ) syndicate にすぎません。

(東京に比べて)地下が安い地方都市では、道を広げてTram car を走らせるほうがトータルでeconomy 且つ ♥safety です

mini・リニア地下鉄はヒッキー路線!

更に日本のminiリニア車両では、直流1500V架空線給電の電車なのに...

ご近所付き合いが悪いので"仲間外れのヒッキー路線(孤立路線)!"になり果てています。

地方都市を走るRural Sub-way line ではメリットどころか「市民生活を脅かす負の遺産!」となり果てています。

"mini リニア地下鉄 " は"金食い虫"のお荷物"公共交通効カン!" の目次

※ハイパーリンク、その他についての御断り

(Version5,Revision2 ー2023年8月30日改訂版)

直接 hyper-link は、当事者・関連団体の Official website 若しくは、"コトバンク"(ジャポニカ等の編纂者が特定できる百科事典・辞書)へリンクするようにしています。

但し(参※xx) は当サイト内の参照関連記事へのリンクです。

※各国版の"まとも"!なGoogle 人工知能翻訳を推奨

"日本語ウィキペディア"は政治色が濃く偏った異見!が蔓延っています。

"コトバンク"にも見当たらないレアもの!は、関連当事国の Wikipedia 言語版へリンクしております。

外来文化!?に関しては

外来文化!?についての日本語ウィキペディアは(USAの主張が色濃く出ている)米語版の"直訳版"が多く、

更に「翻訳者?の主観」も強く表れている content が殆ど!なので、オリジナルの各国語版・原典版!にリンクしています。

英単語優先!表記について

更に"曖昧で不明朗"な日本語(行政用語・表現)は用いずに、できるだけ「論点・観点が明確」に示せる「端的・明解」な英単語を用いるようにしております。

本ファンタジーについて

(Version2,Revision2. ー2023年7月27日改訂)

本レビュー記事は、出来る限りの"記録"(時系列)に下ずいた史実と科学(工学・地政学的(※000)的 な検証"を行ってる semi-documentary すが...

筆者の"億測"を交えた fantasyでもあります。

なので登場する各団体とは直接関連はありません?

また各団体では"答え難い『大人の事情(利害・思惑』つまりあまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本ファンタジーに関して各団体への問い合わせはご無用に願います。 \(^_^ )( ^_^)/

参※000)当サイト関連記事 一研究分野にすぎない geopolitics(地政学)の"概念研究 theme とは... はこちら。

★前書き Traffic と Transit について

(Version1,Revision4 ー9月2日♥敗戦記念日!版)

※ここをクリックすると本節をスキップして次節に進めます!

今年(2023年8月26日)開業した芳賀・宇都宮ライトレールが大きな話題と成っていますが...

『新時代のLRT???』などといううたい文句は、宇都宮名物の"地上げ屋" (-_-メ) 親派が LRT の意味を理解していないだけです!

第0項 公共交通の基本Trafficとは...

Trafficという単語はもともと「貿易」を意味し(現在も)、古イタリア語の動詞Trafficareと名詞Trafficcoに由来します。

イタリア語の語源は定かではありませんが候補としては、カタロニア語の trafegarから派生した、ラテン語の動詞 transfricare の造語「作る、行う」を意味するtrans-とfacere、 アラビア語の tafriq ' 「分配」とtaraffaqa、「利益を求める」から生まれた造語です。広義では、network traffic(空輸、海運、陸上交通など)多くをカバーしますが、道路交通のみを意味する狭義に使用されることもよくあります。《英語版Wikipediaより"意訳"引用

第1項 抑々ライトレール?とは

賢明な福井市(福井鉄道)の取り組み!

第1目 transit; 公共交通機関とは

Public transport (公共交通機関; transit)) は、 private transport(個人用途)とは異なり、多くの一般人が利用するための transportationで...交通機関の種類について厳密な定義はなく、公共交通機関について議論する際に空の旅は考慮されないこともよくあります。

Passenger rail terminology(UMTA認定鉄道用語)では、「バス、電車など」などの用語として使用されています。

transit の例としては、...omnibus(乗り合いバス)、トラム・ライトレール、および鉄道、軌道およびフェリー...《英語版Wikipediaより"意訳"引用

第2目 Light rail

Light rail という用語は、1972 年に都市大量交通局 (UMTA、米国Federal Transit Administrationの前身) によって、ヨーロッパと米国で起こっていた新しい路面電車の形態を表す造語(※001)でした。ドイツでは...北米のライトレールの前身である Stadtbahnという用語を使用しました...UMTA の大勢は独語の直訳 city rail を...しかし、最終的にUMTA はその報告書で、light rail という造語を用いました。《英語版Wikipediaより"意訳"引用》

小生も初めて耳にした当初は『ライトレール...ン軽便鉄道の事か?』ぐらいに考えていました!

小生の記憶では、USAよりむしろ、返還前の香港で新規開業した香港ライトレール(港铁)の報道のほうが記憶に残っています。(NHKの偏向報道の威力は凄まじい!

参※001)尤も殆どの英単語は、16世紀の偉人 William Shakespeare が編み出した造語なのですが...

Passenger rail terminology(旅客鉄道用語)では、

元々、 rapid transit という用語は、1800 年代に、道路交通から分離されたTraffic を持つ新しい形式の迅速な都市public transportation を表すために使用されました。これにより、馬車路面電車路面電車乗合バス、その他の公共交通機関とは異なる高速交通手段が確立されました。《英語版Wikipediaより"意訳"引用

つまりLRTとは...

つまり LRT(Light rail transit) とは正しい日本語表現では"公共交通機関"という事になり、何のことは無い嘗ての Interurban(※001)が renewal しただけの公営交通 street car(チンチン電車)にすぎません!

参※001)当サイト関連記事 直流1500V 日本定番電化と interurban(都市近郊線)の歴史は近畿で始まった! はこちら。

第2項 新たなトラム「バストラム」も登場!

以下は METTIS virage serré ベルギーの VanHool 社製ハイブリッド Bus Tram の例。

欧米先進国?の地方都市で導入が盛んな「BusTram」を使ったBRTでは...

(当サイト内関連記事 トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる!はこちら

更に、低床トラムの利点一般車両進入禁止(バス専用レーン)のメリットを生かした「定刻発着・定時運行」と「ユニバーサルデザイン」の「2大メリット」を活かしながら大掛かりな設備(軌道、トロリーライン、変電設備、信号保安設備など)が必要ない「超低床トラムタイプ」の連接バストラムが「BRT」(※5)がヨーロッパでは都市内中規模トランスポーターの主役になりそうな勢いで普及しだしています!

※5、バス・ラピッド・トランジット(英: bus rapid transit, BRT)についてのWikipediaの解説はこちら。

第3項 反対!するのも賛成?するのも市会議員の先生(専制???)方!

私達納税者!の意向を無視して、反対!するのも賛成?するのも"よとう(夜盗?)"市会議員の先生(専制???)方です!

第1目 反対派は...

何より、トラムブームで一番面白くないのは地下鉄・新交通システムを売り込んでいる、魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)に推された「地元民党」の先生(専制!)方です。

つまり反対しているのは「一般納税者=市民」では無く、liberal(革新系)リベラル会派の主催する環境保護団体!と結託した金権欲の塊!の専制型です。

第2目 賛成しているのも...

推進派に回っているのも、地元の不動産業"地上げ屋" (-_-メ) 共から合法的賄賂(政治献金)と選挙協力を得ている一部の視界偽員共にすぎません!

参※)当サイト関連記事 鉄道新線建設に群がる"政治ゴロ"と自治体長の"大人の事情" とは... はこちら。

第3目 同じ無駄な血税投棄ならば...

新交通システムの1/10以下!の総事業で済む!併用軌道を町の隅々まで Railway track を敷いて?

市街地から"騒音と排気ガス"をまき散らすディーゼルバスを駆逐!したほうが...

★プロローグ 日本型「リニアmini地下鉄」の特徴?は...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

都市の地底深く機械獣「モグラー(シールドマシン)!」が掘り進む日本版「Tube」ですが...

日本では20世紀後半になって、「深層リニア地下鉄道」となって大阪、神戸、福岡、仙台などの"地方都市で蘇った?日本版「Tube」です。

第1項 小さなトンネル・小さな車体でエコ(エゴ?)満載

「地上の住人」に気を遣わずに?用地買収にも阻止されづに、都会に残された聖域?地底深く!を、「交通局のエゴ」のために、小さな断面積の小さな小型モグラー!が掘り進めて...エコ?

小さな体とリニア駆動で「急坂」も「急カーブ」もへっちゃらの不人気公共アトラクション?に...

子供たちに大人気?の町中の「アトラクション」!?

リニア駆動なのでスリップがなく、都会の地底に築かれたアップダウンの激しい「曲がりくねったTube」の中をジェットコースターのように「スイスイ疾走」する都市型アトラクション?に...。

★第2項 どこの municipality の"Tube"も利用者にとっては「深い(不快)」で不便!

地底深くを這いずり回っているので、なかなかホームにたどり着けない!

2駅隣程度だと、下手をすると路線バスより時間がかかり、チョットいつもの病院まで...などと気軽には利用出来ない!

  1. 都営大江戸線 令和元年現在深さ日本記録 地下42.6m!
  2. 大阪メトロ今里筋線 鴫野駅 ⇔緑橋駅間 大阪で最も深い地下 37 m 地点がある

第1目 フツーに造っておけば赤字も防げた神戸市営地下鉄海岸線!

フツーに建設しておけば「他路線かJRと相互直通」出来て、

もっと利用者があったはずの神戸市の地下鉄海岸線!ですが...

当初の楽観的な需要予測は見事にはずれ、真っ赤っかの大赤字!のお荷物路線となり果てています。

JRへの八つ当たり迄...

挙げ句の果てには、JRに八つ当たりして『通勤路線和田岬線を廃止しろ!』と攻め寄る始末、かつての優良自治体も地(中)に落ちたものです...

  • ♥青いラインが市営地下鉄山手線の海岸支線案
  • ♥緑のラインがJR山陽線接続案
JRか既存路線と接続していタラ!
  • ●須磨浦公園付近と神戸駅付近でJRと直通できる路線だったら...和田岬線問題は起きませんでした!
  • ●三宮付近と千歳公園付近で西神・山手線と直通できる路線だったら...バイパス路線として有効に機能していた!

でしょう...

もはや廃線・♥地底遊水池転用しか

以前(高度成長期)の神戸市ならば、初心に戻って!"地底トンネルを作り直し"て、前途したいずれかの案に"先祖帰り!"できたでしょうが...

今の財政破綻寸前の"田舎町"神戸では、それも叶わず...

これ以上傷口を大きくして出血多量!になる前に、

「潔く廃止して、市民の生命・財産を守る"地底遊水地"に転用」

すべきでしょう。

第2目 道路を♥拡幅して"LRT"にしておけば良かった大阪メトロの場合

国内初の長堀・鶴見緑地線

1990年の花博に合わせ開業した日本初のリニア地下鉄長堀・鶴見緑地線の延伸部分は道幅も広く、その後順調に?路線を延ばしましたが...

最初からLRT(Tram)にしておけば、後々に禍根を残さずに済んだ!のではないでしょうか...

今里筋線

今里筋線(※1)もしかり、巨費を投じて地底を這いずり回る、ジェットコースターのようなアトラクション路線?を建設しなくても...

道を40m巾防災道路に拡幅して、中央にトラムを走らせたほうが、今里筋を生活道路としているエリア住人や、Transit としている大阪市民!全員に役立つ真の公共投資となり、路線の延長もたやすくできて在阪私鉄との連絡もはかれた!でしょう。

※1、当サイト内関連記事 『2,718億円もの巨費!』を投じた たった12kmのローカル線! はこちら。

※トラムカーも車もスイスイのあべのハルカス前

★第1節 ニューウェーブ?なのに「融通が利かない!」頑固ジジイ!?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

★第1項 直流1500V電車なのに、ご近所付き合いが悪い"ひねくれ者"ヒッキー状態?

最大の難点は、直流1500V架空線電化路線で標準軌(軌間1430mm)なのに...車両限界が小さく既存の通勤電車と仲良くできない!世にいう「すね者はぐれ者?」

つまり鉄道各社と相互乗り入れができない!ヒッキー路線(孤立路線)にならざるを得ない事。

★第2項 直ぐ自慢話をしたがるが...

おじいちゃん(ミニ地下鉄)は『わしは急勾配に強い?』と自慢しますが...

リニア方式だから坂道に強い?というのはホラ話!です。

♥LRTの京阪京津線は 61‰! 

(1997年以前は64パーミルの急坂もありました!)

鉄輪駆動でも京阪京津線では、雨にも負けず!風にも負けず急坂を力強く登っています!(というより急カーブでは騒音軽減の為に人口雨?(散水)まで降らせています!)

※ゆっくり走っているように見えるのは「急カーブ」のため地下も・坂道も最高速度70㎞/hで高速運転しています!

★タイヤ式の仏トランスロールでは 120 ‰ まで登坂性能保証しています!

湘南モノレール(サフェージュ式モノレール)は 74‰!

更にサフェージュ式モノレールなら、「軌道」が覆われているので、♥雪が降っても大丈夫!

参※ 当サイト関連記事 サフェージュ タイプ モノレール は21世紀の 公営都市交通 の救世主! はこちら。

リニア方式に拘る"変コツ爺?"のリニアミニ地下鉄たち

第3項 ♥超低床トラムカーと大して変わらないmini地下鉄車両の低輸送力!...

『ワシはまだまだ頑張れる?若造(トラムカー)などには負けない』と自慢しますが輸送力でも...

2編成連結運転でも、大阪・神戸・横浜・仙台・福岡などの4両固定編成とは互角!しかも超低床トラムなら急坂も大丈夫!

市街地から続く山を、力強く登るインスブルックの登山トラム?の例

2015年12月開業 仙台市高速鉄道東西線 2000系電車(リニア地下鉄ミニ車両)
  1. 編成長 66m (全幅x全高x全長 2.494mX  3.145 m X16.5m)
  2. 定員 4両固定 =388名/1編成
2004年登場広電Green mover max5100型電車(超低床トラム車両)
  1. 全幅x全高x全長 2.450mX  3.645 m X30m (固定6両連接車両)
  2. 定員 149名/1編成

参考データ1 同じようなサイズの 鉄輪駆動ミニ地下鉄車両の例

1927年開業 東京メトロ銀座線 1000系電車
  • 全幅x全高x全長 2.550mX  3.465 m X16.m
  • 定員 6両固定 =610名/1編成
1957年開業 名古屋市営地下鉄東山線 1000系電車
  • 全幅x全高x全長 2.548mX  3.440 m X15.m
  • 定員 6両固定 618名/1編成
1997年開業 京都市営地下鉄東西線1000系電車
  • 全幅x全高x全長 2.489mX  3.476 m X16m
  • 定員 6両固定 =600名/1編成
1997年開業 地下鉄東西線乗り入れ京阪京津線 京阪800系電車(路面電車?登山電車?)最急勾配61パーミル!
  • 全幅x全高x全長 2.380mX  3.475 m X16.5m
  • 定員 4両固定 =386名/1編成

参考データ2 通常タイプの通勤車両

京阪中之島線使用3000系電車
  1. 全幅x全高x全長 2.782mX  4.138 m X18.9m
  2. 定員 8両固定 982名/1編成
JR東西線使用321系電車
  1. 全幅x全高x全長 2.950mX  3.630 m X19.5m
  2. 定員 7両編成 1.065名/1編成

※参1、当サイト内関連記事 市営モンロー主義の変遷《 歴史ファンタジー令和元年 》 はこちら。

★第2節 旧・通産省に煽られて開発した車両メーカー連合にとっても大誤算?!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

新都市交通同様に日本独自の技術?による輸出産業として、旧通産省が車両メーカーを煽った国産技術開発でしたが...

世界の低容量都市交通システムは Tram が trend に...

第1項 世界の主要都市は超低床トラムカーを用いたLRTの方向に

世界の都市では意外?や、使われなくなった鉄道路線をLRTで復活させたり、利用されていない?地表「道路中央」に併用軌道を敷設して、バリアフリー化」と「低コスト」を両立させるLRT!の方向に進みました!(※41)

つまり開発当時、通産省(現経済産業省)のお声がかりで「業界」一丸となって開発した「リニア地下鉄」は世界に"羽ばたく"どころか、日本国内でも"地底深く封じ込められて"期待したほどは普及しませんでした!

西欧諸国は「地方分権」(※42)が進んでいて、日本のような「無駄な公共投棄!」には関心がないのです。

参※41)当サイト内関連記事 欧米先進国!の市内交通システムの trend が Tram を用いた LRT に転線した背景とは?... はこちら。

※参42、当サイト内関連記事 近畿州成立で関西経済 は甦れる! 《 コラム令和元年 》道州制を考える 続編

※路面あり、地下あり、高架あり! ハーグの HTM RandstadRail の例

第2項 汎用を狙ったが結局は"路線毎のオーダーメード!"

当初は汎用化による量産を狙ったシステムでしたが、(新交通システム同様に)同じ事業者でも路線毎に、車体サイズ、要求性能が異なり、路線毎のオーダーメード、しかも少ロット(少量発注)なので、メーカーにとっても量産効果を出しにくく、「高コストであるにもかかわらず儲けが薄い?」状況に追い込まれている!訳です。

1990年3月開業 大阪メトロ 長堀鶴見緑地線 70系電車

  1. 全幅x全高x全長 2.490mX  3.120 m X15.6m
  2. 定員 101名(先頭車89名)X4両固定 =380名/1編成
2006年開業 大阪メトロ 今里筋線80系電車 
  1. 全幅x全高x全長 2.496mX  3.120 m X15.8m
  2. 定員 4両固定 =377名/1編成

1991年12月開業 都営大江戸線12-000形電車

  1. 全幅x全高x全長 2.498mX  3.145 m X16.5m
  2. 定員 100名(先頭車90名)X8両固定 =780名/1編成

2001年7月開業 神戸市営地下鉄 海岸線 5000形電車

  1. 全幅x全高x全長 2.490mX  3.120 m X15.6m
  2. 定員 97名(先頭車84名)X4両固定 =362名/1編成

2005年2月開業 福岡市地下鉄七隈線 3000系電車

  1. 全幅x全高x全長 2.490mX  3.145 m X16.5m
  2. 定員 4両固定 =378名/1編成

2008年3月開業 横浜市営地下鉄グリーンライン 10000形電車

  • 全幅x全高x全長 2.490mX  3.105 m X15.5m
  • 定員 4両固定 =380名/1編成

2015年12月開業 仙台市高速鉄道東西線 2000系電車

  • 全幅x全高x全長 2.494mX  3.145 m X16.5m
  • 定員 4両固定 =388名/1編成

同じようで、福岡市のように強制操舵装置がついていたり、微妙に車体サイズが違ったり、2路線もある大阪メトロでは全く互換性が無い有様!

第3項 中古車両の引き取り手が無い!

メーカー連合は、汎用(既製品)化でコストダウンを目論みましたが...結局は路線毎のオーダーメード(特注品)になったので...

各路線毎のオーダー仕立ての特殊車両なので中古市場(地方鉄道の引き取りて?)無く!ボロボロになるまで使い倒さ無ければならないハメ!に...

★第3節 "1兆3千920億円!!"の豪華な「ネックレス?」大江戸線は都民への最後のプレゼント

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

東京では1兆3千920億円!!の豪華な「地底ネックレス?」大江戸線が公共交通網のネックを解消出来ましたが?

"地方都市のリニアmini地下鉄"では、地上交通の「ネック」、財政の「ネック」と「ネックレス」どころか「ネックフル!状態に。

第1項 バブル景気の負の遺産!

2000年12月12日に開業した大江戸線は、前世紀のバブル景気以前に計画されて、バブル景気(1986年12月→1991年2月)に後押しされて建設が始まり!、

バブル崩壊後のその後の10年間で完成した「バブル景気の負の遺産」です!

バブル景気崩壊後に「漁夫の利(大手企業本社)」を得た東京都!では、 2008年3月30日に開業した日暮里舎人ライナーを最後に、「都民サービス路線」は全て「もみ消されています」!

大江戸線が都民への最後のビッグプレゼントの「ネックフル!だったわけです。

第2項 不良債権処理金融ビッグバンの火事場泥棒?東京都では...

東京都はバブル景気崩壊後の、不良債権処理問題に端を発した金融ビッグバン(1996年度→2001年度)で、全国各地から一流企業の本社を強奪!して巨大な富(税収)を獲得しました!

反面、東京都民が急増して、現在も増え続けている状況に対処?するために、「痛筋5放免?都民追い出し大作戦!」(※00)を重要政策にしています。

つまり、「富(税収)は欲しいが...公共インフラ整備に金(歳出)が掛かる住人は他県に押し付ける!」方針を立てたわけです。

"名分"は有っても"大儀"が無い「ガメツイだけの愚策」

東京都(超幹部官僚)は、

利便性向上都民残留!に通じる西武新宿線の複々線化計画」(※01)を、

2019年に都市計画事業から外し!ました。

名分では...

『踏切事故撲滅の為に?連続立体交差化事業は引き続き行い(支援)ます...

『将来の少子高齢化による旅客需要減退???を考慮して、複々線化事業計画は除外!します!』

という内容(無様!)でしたが...

「東京一極集中の潮流」は今後ともに無くならず、武蔵野の旅客需要減退などありえません。

つまり完全なる詭弁!にすぎません。

蒲蒲線・地下鉄8号線などの新線計画実現には大東京都・首都州の実現が...

だから、今話題になっている???

  • ●3セク蒲蒲線妄想!(※02)
  • ※但し、どの路相互直通運行できない蒲蒲線ならば、急勾配対策?でミニリニア地下鉄路線でもいいかも?
  • ●3セク豊住線妄想!(※03)
  • ●日暮里・舎人ライナー の設備増強構想(※04)
  • ♥新金貨物線LRT化旅客化構想(※05)

などの「都民サービス事業」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)が合併して大東京都・首都州!(※05)が実現でもしない限りは着手されない!でしょう...

参※00)当サイト関連記事 武蔵野 エリア住人の" リストラ 策"が東京都と政府で密かに... はこちら。

参※01)当サイト関連記事 西武新宿線 と沿線住人はアーバンネットワーク から見放された! ? はこちら。

参※02)当サイト関連記事 蒲蒲線 も LRT なら実現できる! 東急池上線・多摩川線 先祖返り案!はこちら。

参※03)当サイト内関連記事 3セク豊住線は実現しない! はこちら。

参※04)当サイト関連記事 新金貨物線 は" LRT " なら50億円程度で旅客化が実現できる!はこちら。

参※05)当サイト関連記事 最大混雑率187%の 日暮里・舎人ライナー は大成功?それとも大失敗?作り直すなら『サフェージュタイプ・モノレール』で...はこちら。

参※05)当サイト関連記事 東京都の財力を back にした横暴!を阻止するには神奈川県・埼玉県・千葉県と合併させて"首都州"を成立させる以外には... はこちら。

★第4節 鉄道新線建設プロジェクトの在り方とは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

(Version2,Revision9ー9月2日敗戦記念日!版)

第1項 21世紀の日本は3E並立を目指す世紀...

21世紀の日本は...

『現状の♥ resource を有効活用して無駄な重複投資を省き、ecologyエコロジー)economy(節約)に配慮した evolution (進化)の3Eを並立すべき世紀』

労働組合との馴れ合いを断ち切り!『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で reconstruction(再構築・復興・再建)不可欠な時節』なのです。

第1目 飛鳥時代から続く権威主義・官僚機構

『日本書紀』によれば

推古11年12月5日(604年1月11日)に始めて冠位十二階の制定などの国制改革が日本で行われ、官に12等があると『隋書』倭国伝に記されている...身分秩序を再編成し、官僚制度の中に取り込む基礎を作る...646年...大化の改新...中央(朝廷)による統一的な地方統治制度を創設...《日本語ウィキペディアより引用

今も生き続けている鉄道関連法!は...

charter(特許)に縛られて「お伺い!(廃止許可申請)が必要な軌道法!」と、 「"廃止届"で済ませる、"鉄道事業法"」の違いは、遵守する constitution(憲法)の違いなのです。

敗戦後のDemocracy(民主主義)に下ずく日本国憲法を遵守した法律は少ない

(稀代の悪法)全幹法(※00)に繋がる日本鉄道建設公団法も、「国家公務員法、国家行政組織法の虚(不備)を突いて!」

明治の大日本帝国憲法(1890年11月29日施行)以前の(奈良時代!)からあった!官吏の分類(1886年)親任官制度を引きずる官僚制度!つまりAuthoritarianism(権威主義!)に下ずいた「恣意的独裁主義!を大幅に認めた憲法違反の法令!なのです。

参※00)当サイト関連記事 よとう(夜盗!)整備新幹線建設推進派の拠り所「全幹法」は憲法違反の立法! はこちら。

官僚・政治ゴロ・軽罪怪の癒着構造!

「官僚・政治屋・経済怪の癒着構造」は今に始まったことではありませんが...

Authoritarianism(権威主義!)の象徴ともいえる✖大日本国帝国憲法制定で顕在化したといっても過言ではないでしょう!

第2目 NHK等 mass media(journalist)が挙って煽り遂行!した大東亜戦争... 

大東亜戦争(侵略戦争)も、「軍部が起こして軍部が継続させた???」のではありません!

"火をつけて焚きつけた!"のは一部のhighbrow(財怪人),bureaucrat(官僚)とPropagandaの旗頭となったNHKなど mass media ( journalist )共です!

  • ●1945年6月26日 対日戦線連合国「United Nations」成立
  • ●同年7月26日 ポツダム宣言(無条件降伏要求)プレスリリース!
  • ●同年8月15日 大日本帝国が玉音放送!(降伏声明記念日!)
  • 1945年9月2日 大日本帝国政府!が無条件降伏文書へ調印し、正式に終戦・敗戦!終戦となる。
目に余るNHKの責任逃れの appeal,promotion

毎年8月15日の玉音放送記念日?が近ずくと、NHKを筆頭にmass mediaが敗北記念"特殊"番組(とくしゅうばんぐみ)を"放映しますが...

8月15日は終戦記念日ではありません!真の終戦記念日は"無条件降伏文書"への調印日9月2日!です。

空白の2週間に日本人を襲った数多くの惨劇

彼ら communism を信奉する journalist 共は、この空白の2週間に起こった惨劇を隠蔽!してしまったのです。

旧・CCCP(独裁者スターリン)が日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、大日本帝国のTerritory(領土)旧大韓帝国満州国北方領度に侵攻し、日本人社会への略奪・拉致・抹殺・殺戮を行い、白旗をあげている大日本帝国を侵略したのです。

許せない mass media(journalist)の大東亜戦争!続行 Propaganda 責任!

敗戦処理として行われた仕上げ(極東国際軍事裁判!?)においても...

彼らは戦争責任を全て軍人に押し付けて、自らは「USAお得意の司法取引」で極刑を逃れ!戦争責任を回避して生き延び、

その後も highbrow,bureaucrat 共つまりgoverning classes(支配階級)、the exploited classes(搾取階級)、米国(軽罪怪)の悪人共と結託して、私達 citizen(庶民)に戦後復興期・高度成長期というDelusion(妄想)を抱かせて「洗脳」し続けてきたのです。

※とくに近年は、切り抜き・偏向編集で、遺族の方の同意も得ず!当時の教育者・地方自治体官吏の戦争遂行責任を追及するような"disrespect"番組を放映するようになりました!

『お亡くなりになった先人への哀悼の意を表するとともに、遺族の方へは謹んでお悔やみ申し上げます。』

存命していたならば小生の父も強い怒りを感じたでしょう!

町役場の徴兵係だった父は退役していたにもかかわらず自ら志願して大陸戦線に赴きました!

参※)当サイト関連記事  patriotism(愛国心)は nationalism(国粋主義!)とは別物! はこちら。

敗戦後も踊り続けさせられている一般市民

1945年の敗戦後、世界の警察??? USAの腰巾着!、Democracy(民主主義)の斥候!そしてバックヤード要員として、

USAの highbrow(軽罪怪!)が扇動する恣意的戦争「朝鮮動乱ベトナム戦争中東戦争反イスラーム主義」を支え続けているのです。

敗戦後の繁栄は幻影!

20世紀末に訪れた「バブル景気崩壊の後処理による暗黒の十年間???」等では無く!

『敗戦後の半世紀が"悪魔の齎した幻想・虚構"」だったのでしょう...

第2項 交通政策審議会は Authoritarianism(権威主義!)に偏った"違憲"組織!

第0目 Democracy(民主主義)の敵!はAuthoritarianism(権威主義!)

authority(権力)を ostentation(誇示)してbureaucrat(官僚)の prestige(威信)を示そうとする交通政策審議会の"答申"は、よとう(夜盗)運輸賊!の政治ゴロ・利権屋どもが、己の私利私欲の為に「恣意的に企んだ政治路線案」を、私たち利用者に押し付ける為の"卑怯千万!な手口"なのです。

参※)当サイト内関連記事 交通政策審議会の答申とは与党政権・産業界の"思惑!"を表明しているにすぎない はこちら。

liberal 会派(革新勢力)からも反論は出ない!

Liberalism(自由主義)はDemocracy(民主主義)ではありません!

むしろ、liberalist(革新会派)≒ anarchist(アナキスト・自由主義者・無政府主義者)≒ terrorist ≒socialist

つまり『liberalism(自由主義?) は民主主義の敵! Authoritarianism((権威主義!)』なのです。

日本のリベラル会派は、Marxismussocialismcommunismに毒されたanarchist(自由主義者・無政府主義者!)despotism(独裁主義!)の赤い輩なので、authority(権威)を認めて!反論しないのです。

第1目 新規路線の素案(議題)を作成しているのは lobbyist!とゼネコン系コンサルタント

オマケに新規路線の素案(議題)を作成している連中は、交通専門家(地政学者)等ではありません!

後述する lobbyist や大手ゼネコン系コンサルタント会社です。

簡単に言えば「一儲けを企む鉄道魏妖怪(ギョーカイ)関係者 つまり商人(あきんど)」と言う事実でもあります。

日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などです。

mass media の報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中(※003)です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(専門家!)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!

だけです。

彼らに丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは...

母体となっている証券会社(投資ファンド)に中国系企業や、「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れているからです!

なので社会問題となっている、全国の痴呆自治体に蔓延している防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)で、中共から常に監視されているのです。

※防犯監視カメラだけではありません!中共製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局に hacking されています。

Propaganda の旗頭は政府機関に深く食い込んだ advertising agency の"伝痛"が

更に政府機関にも深く食い込んでいる!政府御用達 advertising agency "伝痛"network(傘下)を通じて、「私たち無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

そして、 "伝痛"ネットワーク末端の"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) から製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって新線建設 Propaganda Content を upload し続けているのが、おバカな紛い者・高痛傾Youtuber共(※004)なのです。

参※004)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第2目 お墨付きとなる交通政策審議会の妄想 Proposal は過去に何度も覆されている!

もっとも有名なのは、埼京線開業後も"東北通勤新線"地上げ妄想 Proposal 固執!していた事実であり、北陸震撼線ルートが2転3転している事例でしょう。

つまり、伝痛までもメンバーに加えた!彼ら交通政策審議会は、単に運輸ゴロ共 (-_-メ) の手先として、提灯持ち!をしているにすぎない訳です。

参)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

※横浜市営地下鉄関内駅の例

第3項 鉄道新線は市民の Consensus が無ければ...

『都市計画・鉄道新線計画は"♥人の営み、暮らし向き"と切り離しては成立しま線(せん)!』

つまり、魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)のロビー活動を行う lobbyistが恣意的に引いた「政治路線!」では、地勢までも変える力は無い!わけです。(※03)

さらに今や、巨大設備事業!である鉄道建設Scheme(企て!)には、Municipality の建設スキーム(血税投入!)が伴はなければ実現出来無い!世の中になっています。(※04)

参※03)当サイト内関連記事  "軍部"と" 政治屋 ! "によって画策された!大廻り迂回路・廃線の歴史 はこちら。

参※04)当サイト内関連記事 鉄道建設に必ず登場する事業費・自治体分担の"仕来り" Schemeの由来は "企み!"で " 言い得て妙 ... はこちら。

第1目 ルート設定には"民主主義へ原点回帰"が...

  • 新線建設ありきの一方的な"Compliance(追認・承服)を強要する 強権施政!をすて。
  • 地域住人の望む「真(誠)の鉄道"神"線」を目指す♥consensus(総意)を得る姿勢!

つまり鉄道事業者(民間企業!)の"エゴ"と、視界偽員共の権益を取り除き!Compliance(追認・承服)を強要する oppression(圧制)では無く、Consent(納得)に下づく国民のconsensus(総意)を大前提!とすべきではないのでしょうか。

参※)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

鉄道新線構想は大多数の市民の願いを基にしてい無ければ...

Municipality の citizen の Consensus(総意・協心)も得られ無い様なScheme(企て)など、中共政府の despotism(独裁!)oppression(圧制!)と何ら変わりません!

assessment の基本を ♥ public hearing 重視に... 

独断後にCompliance(承服)を強要!する explanation meeting(釈明会!) などに大事な血税をかけるのは愚の骨頂!です。

求められているいのは事前の♥ public hearing(公聴会)・パネルディスカッションではないのでしょうか...

最も重要なのは♥市民全員から"異見"を収集すること!
  • 1)事後承諾釈明会!ではなく、自治体全ての地域で♥事前公聴会を開催して市民の異見を集める。
  • 2)協議会は(傍聴人ありの)♥公開形式!で行う。
  • 3)限られた(沿線)利用者だけでは無く自治体全域の(納税者)全員賛同!を得る♥住民投票で決する!
事前公聴会を開催して沿線自治体から広く課題を求める

  • 市民(納税者)の要望に耳を傾け
  • 民意をくみ上げる

事前(協議会を開催する以前)に、幹事役!のPrefectur(県当局)が、予定ルート候補?の自治体内で"事前"に(パネルディスカッション"などの)公聴会を開催して、沿線自治体市民全員から広く"異見"(意見・要望・課題)を拾い上げ、

『Municipality(自治体)としての要望(意見)をまとめる』行為が必要でしょう。

つまり(予定路線沿線の"ごく限られた利用者の要望"だけではなく!

広くPrefecturのdistrictにある全てのMunicipalityのcitizen(納税者)全員から、神線建設に対する"異見(意見)"を求める姿勢』が大事なのではないでしょうか!

つまり構想段階での、事業予定 Zone に当たる District(行政区)のcitizen(納税者)全員の(異見!)に耳を傾ける姿勢こそが大事なのです。

Prefecturは公聴会の結果に下ずいて、「要望」をまとめて、政府(中央省庁)に働きかける!

県(患部官吏)が権威(県意)を振るうのではなく!

Prefecturが建設スキームを背負いこまされる!通過予定沿線 Municipality(自治体)の 納税者全員の異見・要望をまとめて、

政府(中央省庁)に働きかける!事が重要です。

参※)当サイト関連記事 政治用語!スキームの語源となった Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 ... はこちら。

第2目 最終決断は住民投票

スイスでは国民投票案件!

スイスでは"憲法!"で『(国家プロジェクトとしての)SBB(スイス連邦鉄道)新線建設は、国民投票で過半数の賛同を得る必要がある』と掲げられています。

つまり、たとえ国民のRepresentative(代表)が集まった国会でさえ、鉄道新線建設を"決することができない!"のです。

日本でも国民投票制度が必要

現状の、通過県(民)の建設スキームに頼る新線建設方式では、僻地にある過疎県!には、高速鉄道"神線""が実現できなくなっています!

高速鉄道だけが光明ではありませんが、the essentials of democracy(民主主義の本質的要素),Popular sovereignty(主権在民)、human rights(人権意識),autonomy(自立思想)に繋がる"機会平等"を成立させるためにも、新たな "高速鉄道整備法 "の検討・整備に乗り出すべき時期ではないでしょうか?...

参※)当サイト関連記事 全幹法と"建設スキーム・仕来り"に代る!新たな "高速鉄道整備法 "の提案 ! はこちら。

第3目 ♥ Popular sovereignty(主権在民)の Democracy(民主主義)を標榜する日本国?ならば...

Popular sovereignty(主権在民)が民主主義の基本!となるべきで、前述した事項が無ければ、

『中共の prestige(威信)のostentation(誇示)政策! つまり governance,oppression(支配!・抑圧!) と何ら変わりない!』といえるでしょう...

お分かりですか?"威信の怪!"の皆さん...

参※)当サイト内関連記事 "日本維新の会"は中国共産党中央統一戦線工作部の手先だった!...時系列から読み取れる相関関係とは はこちら。

狸穴総研 交通問題研究所 テロ対策研究室 主観 出自多留狸

★エピローグ 最大の誤算巨額な建設費!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

新都市交通が普及しないのと同様に、深層地下地底Tube建設や高架軌道建設コウカ(高価)過ぎる割には期待するほどの投資コウカ(効果)がありません!

第1項 事業費は掘削断面とは完全比例しない!

第1目 機械獣モグラーは一回こっきりの使い捨て!

つまり建設距離が長いほどお得で、短ければ割高になります!

テッチャンに人気の「京阪・中の島線」の先端に「記念碑」として放置されているシールドマシンがその証!

決して「京阪電車の粋な計らい」などではありません!

掘り出すにも費用が掛かり、掘り出しても再利用できないスクラップ・鉄の塊、そのまま放置してTubeの蓋にしておくぐらいしか使い道がないのです!

第2目 建設費「建設深度」「駅の数」とに比例!し、建設距離に反比例!します

ニューヨーク、ロンドン、東京などのMetropolis(大都市)では、もはや地表近くには地下鉄新線を建設する"空隙"は無く!、巨額投資をしてでも地底深くを「Tube」鉄道で掘り進むか、「美観を損ねる高架軌道」(※91)を建設するしか(軌)無くなりました!が...

  • 1990年開業都営大江戸線が40.7㎞で1兆3千920億円! 342億円/1㎞ 新設38駅
  • 1997年開業のJR東西線が 12.5kmで約3194億円 255.5億/km 新設(改築)9駅
  • 2006年完成の今里筋線が11.9㎞で 約2,718億円 239億円/1㎞ 新設11駅
  • 2008年完成の中之島線が3㎞で約1300億円 433億/1㎞、新設5駅
  • 2030年開業予定?のなにわ筋線計画が 7.2㎞で3300億円 458億円/1㎞ 新設3駅

一見脈絡がなさそうで、行き当たりばったりの数字のように見えますが...

京阪中之島線は大幅な工期短縮で当初予定の1500億を約200億円下回る1300億で終了していますが、れっきとした「架空線集電の19m級の通勤電車」が走る路線です。(但し京阪電車はもともとチンチン電車路線なので、JRタイプの20m級通勤車両よりは車両限界・建築限界(掘削断面)は多少小さい。)

さらにJR西日本の東西線は通常の大阪メトロ(第3軌条集電)より掘削断面が大きい架空線集電のJR通勤車両に対応した大断面!であるにもかかわらず、この程度で収まっています!

つまり

  • ●地下鉄建設費は「建設深度」と「駅の数」とに比例し、建設距離に反比例!する。

という大原則!があるわけです。

つまり、短い路線長に多くの駅を詰め込むと、フツーの地底地下鉄路線大差なくなる!訳です。

地下鉄を安価?に実現するには地表直下の♥「どぶ板方式(開削方式)」しか手はないわけですが...

それでも150億円/㎞以上と連続高架橋建設と同等以上の高額公共?投棄!となって終います。

つまり、完全立体交差高速軌道を市街地に建設することは、非経済的!な発想な訳です。

第3目 ミニ地下鉄でも駅施設は巨額!

特に深層シールド工法では、駅付帯設備(地下の巨大構造物、ユニバーサルデザイン対策、ホームドア、エレベーター、エスカレーター、自動改札機、自動発券機、空調設備等々)に莫大な建設費が必要!です。

多少なりとも安上がり???なのは...
  • ●小断面なので掘削速度が速く結果として短工期で人件費が安上がり。
  • ズリ搬送・処理(掘り起こした残土処理)が楽で経費節減できる?

ミニ地下鉄建設で多少有利な点???は、以上2点で総工費が(通常地下鉄より圧縮できる???屁理屈ですが、実際には京都市営地下鉄の例の様に、500億円/㎞前後なので、大差の無い馬鹿げた暴挙!でしかありません...

つまり「小型リニア地下鉄」が通常の「大型車両用地下鉄建設よりも安上がり?」という"都市伝説!"地下鉄建設推進派(※92)のデッチ上げた"作り話!"にすぎません。(※93)

参※91)狭い裏道・の上でも建設できる「サフェージュモノレール」なら100~150億円/km程度!

参※92)当サイト関連記事 整備 新幹線 都市交通網 等の 交通インフラ整備事業 に進路を転線?した 土建業界 はこちら。

参※93)当サイト関連記事 地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは? はこちら。

★第2項 呉越同舟の国交省では...

夜盗(よとう)内閣の都市交通政策は行き当たり場当たり!です。

元運輸省派は地下鉄建設に熱心でも、元建設省派は道路の有効利用「トラム建設(併用軌道)」を推奨しています。

2001年1月6日の両省統合以来、20年がたとうとした令和元年。

仲良く?統合したはずなのに、全く異なった「都市交通行政!」で、其々の派が「欲欲考えた!」結果こうなったのでしょうが...

第1目 タ・ダ・シ、旧・建設省には優秀な人材が...

タ・ダ・シ、旧建設省は伝統的に優秀な技官!をそろえています!

国交省(道路局)も応援してくれいる道路拡幅事業!

※参)2011年国土交通省編街路交通施設課作成 LRT等の都市交通整備のまちづくりへの効果 公式ガイダンス資料はこちら

※参)LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム に関する公式ページはこちら。

※国交省の支援で見違えるようになった豊橋市内

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

後書き《Omnibus と RTD で築く21世紀の地方都市》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

世界のMetropolis・地方都市ではナチュラルバイアフリーTramに脚光が...

※路面あり、地下あり、高架あり! ハーグの HTM RandstadRail の例

世界のMetropolis(大都市・地方都市)では都市圏交通システムの"trend"は、地下鉄やモノレール、新都市交通、等のMetroに拘らずに...

エコロジー・エコノミー・ユニバーサルデザイン(バリアフリー)・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろったUltra-low floorのTram Carの走る"LRT"(Light Rail Transit)路面交通が見直されています。

更に♥軌道レス交通システム・バストラムも普及!

更に"軌道"に拘らずに一般公道(専用レーン)を走る超低床バストラムを用いた"都市型BRT(Bus rapid transit)基幹バスとomnibus(乗り合いバス)システムで構築されたOmnibus Town も着実に増えています

21世紀を都市圏赤字ローカル線が生き抜く為に...

急成長している"バイアフリー関連の鉄道施設産業!"すが...

"橋上駅舎・エレベーター・エスカレーター・ホームドア"等と言った大掛かりな"道具立て"は、生活路線であるMetropolisのローカル線や、地方都市のInterurban(都市圏近郊電車)では資金面で設備不可能!です。

小規模な公共交通事業者や地方都市の公営鉄道について、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )などの総合的な検討を加えた上で、(現在計画中の路線も含めて)交通事業者が(分相応な背伸びしない)"身の丈に合った都市交通システム"としての路面交通の優位性を考察してみました。

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

※hyper-linkについて

(Version2,Revision4ー2023年8月30改訂)

ハイパーリンクは事業者の Official Website を基本に、♥各国語版Wikipedia該当 content にリンクしてあります。

第1目 地名は言語表記を基本に GoogleMap のフリカナ

更に、地名は GoogleMap 検索を容易にするために言語表記を基本に、カナ表記GoogleMap で使用されている Google「フリカナ」を使用しています。

第2目 海外事情は各国言語版 Wikipedia を優先!

引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版 content の"直訳"が多く!

更に編集者(lobbyist)に都合よいように、かなり"歪曲!"された content が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia 直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので 、"意訳"し直してあります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;(繁体)維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;(簡体)维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)の intellectual が趨勢を占める韓国狂育怪が"関与"している為に著しく信憑性に欠けていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (簡体)维基百科,自由的百科全书 のほうがはるかに信憑性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

第3目 『歴史とイデオロギー』に関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグ

特に日本語版ウィキペディアの「歴史と ideology 」に関するイエローフラッグは...

(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達・日狂祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"Communism!喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ『"糞"フラッグが立っている ほうが fairness(公正)な立場のcontent(内容)と言えなくもありません!

なので、冒頭で記したようにできるだけ、各団体の official Site 又は"コトバンク"(ジャポニカ等の♥定評のある百科事典・辞書へリンクしてあります。

第4目 日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

※Version1,Revision2(7/25/2023改訂)

syndicate(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などの民間 think tank です。

mass media報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、

官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

更に政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛"のネットワーク(傘下)を通じて、「私たち無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

そして、"伝痛"ネットワーク末端の"怪しげな"AV零細プロダクション (-_-メ)から製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって、

新線建設 Propaganda Content を upload し続けているのが、おバカな鉄オタ擬きの紛い物 Youtuber 共(※001)なのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第5目 鉄道網に関する記述 は魏妖怪syndicate,cartelプロパガンダの温床

transportation system の content は紛い物Youtuberにも虚仮にされている!ように、

寄稿している lobbyist の連中が、スポンサーである軽罪怪・鉄道関連魏妖怪 (ギョーカイ)syndicate,cartelの意向を強く反映した propaganda 媒体として利用!されており、特に整備整備新幹線・鉄道新線関連などの traffic network 構築に関する content では、『"地上げ"!につながる"偏った主張"で貫かれて』います。

しかも、引用文献?も universality (普遍性)に欠けた private document(私文書!書簡)に下ずく一般書籍や、鉄オタ向けの鉄道雑誌記事を、引用している content がほとんどとなっています。(つまりは本人が起筆した私文書!)

なので Academic(学術的)な根拠のない content なので、ボランティア管理者(Marxismus!)が 恣意的(志位?てき)にfairness(警鐘:イエローフラッグ)"で牽制している場合が数多くあります。

(何れにせよ所詮日本語ウィキペディアはその程度の贋物?にすぎないのでしょう)

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《しくじり交通効カン 》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

 

公開:2019年8月17日
更新:2023年9月20日

投稿者:デジタヌ

オムニバスタウンは地方都市が「地方衰退の逆風」を走り抜ける"秘策!TOPヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LTR・トラム網の取り組み方とは...


 

 



▲都市圏交通問題 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る