タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

耐震補強工事と言う名の、手抜き隠蔽工事《 天声狸語2006 》

お隣K国だけが手抜き土木工事の"エキスパート?"ではない...

昨今ホテル・.マンションの耐震強度偽装問題が話題になっていますが、実は私たちの身近なところで、もっと大惨事になりかねない手抜き建造物の"隠蔽工事"が密かにと言うか堂々とでも言うか進行しているのをご存じですか。

それは全国各地で行われている、鉄道高架橋の橋脚・耐震補強工事!なのです。

なぜ"耐震補強工事が"手抜き隠しなのか"というと、補強工事を施工する前の橋脚自体に、根本的な問題を抱えた橋脚が多いからです。

専門的に言うと、"打ち継ぎ不良"と言われている"手抜き施工"です。

<本記事は03/03/2006に初稿公開した記事です>

プロローグ コンクリートは"水"との"化学反応"で固まる

一般の方はご存じありませんが、コンクリートは"水"との"化学反応"で固まる!のです

いや本当は中学校の理科で学んだはずなのですが...

コンクリートは乾いて固まると思って居られる方が多いのです。

固まる過程で"土埃"が表層に

前出の通り実はそうではありません、さらにコンクリートが固まる際にセメントや骨材の砕石より軽い"土埃"は浮遊土として上面表層に浮き上がるのです。

つまり固まった後のコンクリートの上面は土で覆われています!従って、多くの橋梁工事で見られるように、橋脚をたてて、数週間放置後、上部の梁(鳥居に例えるなら横に渡した天梁棒)を後から追施工する一般的な工法では、接合面に積もった土塊"研磨"もしくは"高圧水洗浄"でとばして、コンクリート面を露出させることが規定されています。

殆どの橋脚は重リ合っているだけで繋がっていない!

しかしよほどの注目工事でもない限りそんな面倒なことを実施している現場は見あたりません!

つまりほとんどの現場では積もった土埃を未処理のまま上にコンクリートを継ぎ足しています!

結果コンクリートはこの部分で繋がらないで!バームクーヘン状態のまま、上に載っただけの状態、例えるなら、だるま落としのダルマと同じように重リ合っているだけ!と言う結果になります。

歳月と共に土埃が流れ落ちて...

歳月がたつと、雨水などがこの部分に流れ込み、徐々に泥を洗い出すこととなり、目で見てはっきりと判るかるほどの隙間(私が目撃した最もひどい例では、1m角の橋脚の向こう側がはっきりと見通せるほどの、平均5mm程度の隙間が口を開いていました!)が生じます。

元来橋脚は、コンクリートで上下の加重を、内部の鉄筋で上下左右の引っ張り加重を支えています。

瘦せた鉄筋だけで高速通過する新幹線を...

つまり打ち継ぎ部分隙間が空いていると本来支える必要のない橋本体の重量鉄筋がささえる事になります。

さらにまずいことに降雨時は雨水に、荒天時は空気と交互にさらされる結果となり、内部の鉄筋は腐食で"やせ細っている"状態がほとんどです。

耐震補強工事はこの"欠陥橋脚"の欠陥部分を外から見えなくするがごとく、鉄板や、鉄筋コンクリートで巻いて見えなくしてしまっているのです。

耐震補強工事が行われた橋脚は点検できなくなる!

一度この工事をほどこすと、橋脚を作り替えるまで、外から確認する術はなくなります。放射線ではもはやこれだけの厚さは透視できませんしその他の方法も現状不可能です。(小生は長年 非破壊検査機器の開発に携わってきました、だから自信をもって断言致します。)

つまり、これらのことが示す結論は、高速道路、新幹線を含む全国至る所の高架橋において、いざ地震の時には、阪神大震災と同じように崩壊する!と言うことです。

特に突貫工事で建設した東北新幹線の大宮以北や山陽新幹線全線は震度5以上で必ず崩壊するでしょう!

JR各社、高速道路各社は、書類上のつじつま合わせのために、欠陥隠しの見せかけだけの補強工事をするのではなくて、

各橋脚の症状に応じた処置、つまり最悪は"作り直す"などの抜本的な対策が必要ではないでしょうか!

東北新幹線では

かつて小生が関わった東北新幹線橋脚補強工事では、既にかなりの線工で工事が終わっており、証拠写真は取れませんでしたが、(私が工事に従事していた当時カメラ付き携帯がまだなかった!)

ただ"最近建設された新線橋脚"でも相変わらず、手抜き工事は横行しています!

だから注意深く観察すれば、素人でも欠陥施工は確認できます。

(※例えば東京近郊では赤羽駅周辺在来線連続高架工事区間などでは、継ぎ目から泥水がにじみ出して、流れた形跡がはっきりと目視できます。)

JR各社に任せるのでなく、我々一般利用者が疑わしい部分を発見したら、写真を撮り新聞社や市民団体に報告して「普段から監視を強める必要」があるでしょう。

 

公開:2006年3月 3日
更新:2021年4月 5日

投稿者:狸穴猫

TOPニート増加の根にあるもの《 天声狸語2006 》発達障害児への「教職員ぐるみの集団虐め!」


 

 



▲社会問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る