タヌキがゆく

第2青函トンネル の検討を開始しないと "手遅れ!" になるかも?...

第3次世界大戦は始まっている?ロシアの北海道侵攻を防ぎ "北の守り" を固めるには...

青函トンネルは建設後半世紀以上経過しており、老巧化で水没!寸前の状況です。

更に、最近の世界情勢を考えると、長年にわたり日露親善の融和策を主張してきた親露派が多い北海道は、危うい状況にさらされています!

"北の守りを固める"意味でも、ロジスティクスとしても重要な第2青函トンネルを早急に建設しないと北海道大陸?が敵国に占領されてしまうかも...

《 地政学 と ロジスティクス 》シリーズ

いま世界は第2次世界大戦直前の状態、

いやそれよりも悪い事態になっており、もしかしたら第3次世界大戦が始まっている!

と言える緊急事態ではないでしょうか?...

軍事力を背景にした帝国主義がまかり通り...

超大国の武力による「自国の正義感・道徳観の押し付け」

一般市民への「中産階級意識洗脳プロパガンダ」

社会主義耶蘇教一派の韓国、フィリッピンなどの東南アジアの低開発国・後進国!に対する「反日感情プロパガンダ」...

永年ロシア帝国、CCCP、そして新ロシア帝国?に搾取・迫害され続けて、発展から取り残されてきた中央アジア、シベリア各地の共和国・同盟国の native people の鬱積...

等などが、各地で一揆?を起こし、かつての朋友 ロシア人 VS ウクライナ人 、ロシア人VSチェチェン人、ロシア人 VS アルメニア人,更にはMuslim VS 耶蘇教徒とのキプロス問題などの民族対立;宗教戦争の嵐が世界各地で吹き荒れているわけです。

これは、第2次世界大戦直前の世界情勢に極似!しています。

♥ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

※ここをクリックするとこのページの"Top index"にジャンプ出来ます!

プロローグ 緊急を要する老巧化した 青函トンネル 対策!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

北海道新幹線の所要時間短縮のためだけに、第2青函トンネル建設Delusionをを、ぶち上げている運輸族(※93)ですが...

第0項 交通政策審議会答申・妄信説は過去のおとぎ話・迷信にすぎない!

現在、地上げ屋傾「紛い物鉄道Youtyuber」共(※01)が、交通政策審議会答申に示された「提言」(※02)を"錦の御旗に振りかざし"「非現実的な新線建設Delusion」を、さも尤もらしく、吹聴していますが...

神線を神(お上)から授かっていたのは、遠い昔の「神話時代?」のお話です!

お上が"国民の僕(しもべ;公務員)"と"国民の代理人(国会議員)"で構成されている現在、

charter(許認可)申請は民間企業(営利企業)となった鉄道事業者が"自らの大人の事情"で計画して、申請を行うものとなっています!

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

参※02)当サイト内関連記事 交通政策審議会 の"提言"は 与党運輸族 のアドバルーン? はこちら。

第1項 第2青函トンネルは国防上も重要に!...

投資額の(地元土建屋への)直接経済効果?を前面に押し出すより、"国防論"で必要性を訴えたほうが地元(垢の巣窟北海道)は別にして、大多数の国民に受け入れやすいのではないでしょうか!

"国防"の観点から眺めれば、大事な「北の防人(さきもり)」北海道を死守するためには、寿命が近づいた現在の青函トンネルだけでは、心もとないのは事実です!

現状海面下?で燻っている、第2青函トンネル(※94)の発想を転換して、Channel Tunnel(ユーロトンネル)のような、大口径単線並走トンネル計画に転換して、現在の青函トンネルは大規模改修で、自動車道に転用する方向で検討にいるべきでしょう!

現青函トンネルの工期1961年着工→1988年3月13日開業)から考えても、早急に検討に移さないと、"手遅れ"になる恐れもあります!

参※93)第2青函トンネル構想 についてはここをクリックしてください。

参※94)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 ユーロトンネル"Train ferry方式"の利点

第1項 長大トンネルの換気設備には、膨大な設備(費用)が

水深の深い津軽海峡を、結ぶような長大トンネルでは、東京湾アクアラインのように人工島(換気塔)をこさえて換気を行うのは実質不可能です!

更に国際海峡でもある津軽海峡では、航行の妨げにもなります!

第2項 Train ferry ならば排気ガスを考慮しなくて良い!

Channel Tunnelで行われているTrain ferry ならば、排気ガスを考慮しなくて良く、付帯設備が簡素化できます!

しかも、地球温暖化対策にもなります!

第3項 北海道新幹線の東京⇔札幌間 "4時間切り問題" が簡単に...

東京⇔広島間の例を挙げるまでも無く、空路に伍して新幹線利用客を"ある程度確保"するには"4時間の壁"は破る必要があるのですが...

現状の、"津軽半島大廻!"(※10)では...

津軽半島ルート(青森通過ルート)は、嘗ての明治新政府の、"国家体制"をそのまま引き継いだ国土計画が基本になっているにすぎません!

下北半島を蘇生する意味でも、下北新幹線?と高規格幹線道路(or 地域高規格道路)を整備して"放射性廃棄物のごみ箱"から"青森県の新時代を担うフレッシュ下北?!"にポイントを切り替えるべき時期ではないのでしょうか...

参※10)当サイト内関連記事  "軍部"と" 政治屋! "に翻弄された 大廻り迂回路 ・廃線 の歴史 はこちら。

歴代の"統治者"の系譜を見れば一目瞭然に...

青森県を統合して県庁を青森に移した初代青森県惨事 野田豁通 は熊本藩士。

初代青森県権令 菱田 重禧 は尊皇派の大垣藩士。

3・6第権令  北代正臣 は土佐藩士

初代青森県知事 鍋島幹 は佐賀藩士

以後綿々とよそ者が青森県を"統治"して、

敗戦後の 初代公選知事になり始めて地元民の代表として、五所川原出身の津島文治 が県知事に就任したわけです。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 第2次大戦"誘発"直前と似通ってきた世界情勢?!

独裁者と一部資産家(投資家)による"富の独占"、"貧困層の爆発的増加"に尽きるのではないでしょうか。

更には、武力でterritoryを拡張し、"粛清"を通じて native peopleを未開の僻地に追いやり(強制移住)、鉱山開発などに自国民"白人"を送り込み"傀儡政権""恐怖政治"で自国の利権:国粋主義を貫いた"超大国独裁者"の正義感?"にあるのではないでしょうか...

天然のお堀、海に囲まれた能天気な「我が日乃本」は、昔からこれらの"軍事超大国"にもてあそばれ(不平等条約締結など)、

日露戦争でやっと国際社会(耶蘇社会)に"主権"を認めさせて、

欧米列強との間で交わされていた「不平等条約を解消」出来て「国際社会の隣組一員」になれたわけですが...

その後はご存じの通り、国力(財源)を伴わない背伸びしすぎの"ちょっとしたミス(※01)"で、欧米列強から袋叩きにあい、

『窮鼠猫を噛む』を実践してしまい、敗戦(壊滅状態!)となったわけですが...

敗戦後に、"朝鮮動乱"など思わぬ幸運?が起爆剤となり大発展(戦後復興)を成し遂げて、"20世紀中は経済大国"と呼ばれるまでに発展できたわけですが...

参※01)当サイト内関連記事 垢(アカ)の巣窟 日"教祖 " の"間違った歴史認識に基づく歴史教育の闇"をあばく はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 既に20世紀末に"騒乱・動乱の時代"に...

20世紀末に再び世界は"動乱の時代"に突入して、前途した native peopleの一揆が世界各国で頻発するようになり、21世紀になりこの trend が Tunami のように世界に広まり 「権力(資本家) VS 民衆(被搾取階級)の闘争」の嵐が全世界に波及しているわけです。

しかし、搾取階級である超大国指導者層はいまだにterritory拡大を夢見ており...

我が日乃本も、アムール虎に虎視眈々と狙われているわけです。(※11)

参※11)「虎視眈々」の虎視とは、嘗ての清王朝の起源となった満州族が起こした"金国"を揶揄した言い回しで、ちょうど現在のロシアХабаровский край(ハバロフスク県)ロシア直轄地に当たる訳です。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第4節 北の防人(さきもり)を強化するべき時期に

次期整備新幹線検討ナンゾより「北の防人(自衛隊)」を強化するべき時期では無いのでしょうか!

第1項 歴代ロシアの指導者は信用できない!

ロシアから見れば、宣戦布告なしにРусско-японская война(日露戦争)を"おっ恥じめた?"嘗ての大日本帝国は卑怯者?と言うことにいなるのでしょうが...(※21)

日乃本からすれば大東亜戦争末期に日ソ不可侵条約を一方的に破り開戦して、停戦(8月15日)後も進軍を続けて!

樺太を奪回?した旧ソ連は、卑劣な国家(首脳)と言えるわけです!

参※21)当時の国際法?では宣戦布告をし無くても良いことになっていいましたが...

第2項 西国脅威論を煽り、北の防人(さきもり)を蔑ろにする元極左翼!の転向組右翼?

現在、Youtube 動画?(静止画)投稿では、右翼紛いのUp主による"韓国いびり"と中国警戒論が流行っていますが...

事実は...彼らの多くは、元極左翼・学生運動の闘争家崩れ危険分子が右翼転向した連中にすぎません。

彼らは、感覚的に朝鮮半島が嫌いなだけです。

だから、冊封体制下においた朝鮮半島の元宗主国;China もこき下ろすわけですが...

実は、Red China よりもっと恐ろしいのは露助共です!

大東亜戦争末期に日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、旧・対日戦線連合国軍(国連軍)に加わり、日本が万歳(降伏宣言8月15日)したにも拘らず、侵攻を続けて、北方領土を奪還?して、北海道に攻め入る寸前まで、我が日乃本のterritoryを蹂躙したのは、旧CCCPでした!

教職員組合が行っている偏向教育!洗脳教育の"闇"は根深い!

理想主義者・平和主義者が主体の平和ボケした教職員組合が課外(加害?)授業事業にかこつけて、行っている"偏向教育""集団虐め体制擁護!"を崩さないと、平和ボケした"お気楽な青少年"が溢れて、我が日乃本は大変なことになるでしょう!

彼らは、学習指導要領の盲点を突いた課外授業(ホームルーム)と称して、文化大革命当時の、吊るし上げ(集団虐め)、平和(ボケ)憲法堅持を、若年層に押し付けています!

実際に小生の親しい知人も"吊るし上げ"(集団虐め)にあい、登校拒否・ヒッキーになりかけたそうです!

近代日本史は割あい!

"高等学校とも話がついている"ので、中学3年生の社会課の授業では、明治期以降の近代史は全てCutされます。

曰『後は、各自で自習しておいてください!』

更に、義務教育(小・中学校)の夏季合宿・修学旅行先に、大久野島などの旧大日本帝国・軍事施設を選び、捏造されたウサギ実験動物神話などを地元の平和組織員にう語らせる歴史捏造偏向洗脳教育を行っています。

引率する教員たちも、偏向教育で育った世代であり、北朝鮮の祖国解放戦争勝利記念館の案内人や大韓民国航空機爆破事件を起こした金賢姫 同様に、自分たちが信じこまされている「捏造歴史プロパガンダは正しい」と思い込んでいる平和ボケしたお気楽な連中(売国奴共)です!

だから、嘗ての修学旅行先の定番、お伊勢さん、日光東照宮が、修学旅行先 Best 10 から落っこちたわけです!

この流れを食い止めないと、我が日乃本の将来も朝鮮半島同様に...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ "自己の権益"には躍起になっても国防意識が薄い与党内政治屋!

そんな露助から宗谷海峡トンネル、Siberia Shinkansen(※91)の Delusion を持ちかけられて、好機到来?とばかりに燥いでいるのが「お気楽な運輸族」の先生方です。(※92)

彼らの金権慾でいっぱいのお頭には「国防」と言う観念が無いのでしょう!

日米安保条約を過信!して、米軍に頼り切っていても、援軍(米軍)が駆けつける前に"クリミヤ半島のように北海道を占拠"されてしまったら...

参※91)当サイト内関連記事 与党運輸族の野望 "北海道新幹線 稚内延伸?と宗谷海峡トンネル & シベリア新幹線 モスクワ直通は夢物語! はこちら。

参※92)当サイト内関連記事 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム とは... はこちら。

第1項 役にも立たない旅客専用の北海道"震撼線"延伸より

役にも立たない旅客専用の北海道新幹線の旭川延伸全線開業 Delusion などはさっさと捨てて...

同じ血税投機をするなら、苫小牧(千歳)⇔稚内 間の(石狩線)室蘭本線・函館本線・宗谷本線を標準軌に改軌して、logistics road(兵站鉄道)としたほうが余程気が利いているでしょう!

第2項 稚内に基地を作っても"国防には役立たない"がアピールには...

稚内に基地を作っても実戦には役立たないでしょうが...

ロシアに対するアピールにはなります!

事実ベーリング海峡を挟んで米露双方に軍事基地が設置されています!

第3項 先ずわ新たなる"教育改革"と憲法改正!が...

最近またぞろ、理想主義の垢にまみれた任意団体・脱税組織!の日"教祖"が恥も外聞も無く?

頭が空っぽな親派(実子?)を利用して"なりふり構わぬなプロパガンダ"(※93)を再開していますが...

彼らが行ってきた、理想主義 平和教育Delusion は

buta 『日本人から国防意識を消し去り、平和ボケさせてしまった!』

と言えるでしょう!

文科省は、高等教育関係者(各教育大学などから)垢にまみれた理想家・思想家を一掃して国防意識教育を再開するべきです!そうでないと大変なことに...

日本の恥「平和ボケ憲法」に固執して、今以上に"国際社会から不信感を持たれる"前に、現状に即した憲法に改正して、"二枚舌"の汚名を返上すべき時期でしょう!

参※93)当サイト内関連記事 背後にイデオロギープロパガンダを強く感じさせる煽動タイプ はこちら。

狸穴総研 国防研究所 出自多留狸

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

最新関連記事 

交通政策審議会 は 利権集団・与党運輸族 の宣伝塔!? のご案内

2021年7月14日更新版・公開

要約

国交省の外郭諮問機関「交通政策審議会」「地方交通審議会」がまとめた「答申」に記された「提言」が、さも「お上」から拝領した金科玉条「錦の御旗?」のごとく都合の良いように使いまわされていますが?

そんな有難いものではないことは、当の「審議会メンバー」である先生方?が一番よくご存じでは...

続きはこちらから...

後書き 《 地政学 と ロジスティクス 》について

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ているつもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶素?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはずの"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 代表 出自多留狸

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

※パブリックコメント制度とは...

パブリックコメントとは聞こえはいいですが。

その都度行政側の一方的な押し付け Delusion! についての assessment(評価)を求めている?だけで、consensus(総意・協心)を得るための意見聴取ではありません!

なのでパブリックコメント受付しか行っていない自治体は、独善的・独裁的!な施政を行っている自治体(長)と言えるでしょう。

♥誠実(民意をくみ上げている)な自治体とは...

「市長(市政)への声」、「あなたのご意見ご要望」「市政へのご意見箱」等のページで、常に府民・県民・市民の声耳を傾けて、

住人自らの発想!(needs)に下ずいて、都市計画・交通行政を模索している"♥民主的な地方自治体(長)ではないでしょうか。

あなたのお住いの自治体では?...

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2022年1月24日
更新:2022年5月27日

投稿者:デジタヌ

アメリカ建国に重要な役割を果たした大河川とロジスティクス ー 中編 ーTOP海外 の 鉄道 ・ 空港 関連 ご当地 (各国語版 Wikipedia )リンク集


 

 



▲近・現代史 と地政学から学ぶ ロジスティクスとは?へ戻る

 

ページ先頭に戻る