音動楽人(みゅーたんと)

YAMAHA サブウーファー NS-SW500 購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》プロローグ 

,

意外とクラシック音楽に向くJBL 《 長期使用レポート》 JBL A520 vs ONKYO D202 で記述したヤマハのサブウーファーAST-SW100ですら、我が庵が"揺らい"でいたこと...。

そしてついにご臨終遊ばし(経年劣化と操作ミスのためロールエッジが破壊された!)たので、昨年末(2018年末)に最新型NS-SW500を購入し約1っか月以上試聴とセッティングを繰り返しているところで、詳細な結果報告は後日に...。

NS-SW500使用レポートのさわり?

型式;アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジーⅡ(A-YST Ⅱ)採用の「アクティブ(Amp.内臓)スピーカー」

再生周波数帯域 20Hz~160Hz/(-10db)(※2)

ヤマハ NS-500シリーズ サブウーファー ブラック NS-SW500(B)

※2、(-10db)とは音圧が1/3になるpointなのでTANNOYと同じ尺度の-6dbで表示すると低域限界は25Hz程度。

18Hz /-6dBのTANNOYは別格で「やはりスゴイ!」

旧型シリーズで用いられていた前面ポート配置の優位性とは?

元々サブSPシステムとしての重低音域の周波数特性はできるだけ「平坦」となる様に設計されているシステムなので、メインSPシステムとのクロスオーバー周波数の設定と音圧(Vr)調整だけで良いはずであるが、現状のYAMAHA新シリーズ流の変則(反則?)側面ポート配置では置き方に苦労するわけ!

この点においても、むしろ旧型SW100を横に倒して20Cm左右タンデム配置で使っていた時のほうが「ピアノ」「オケ」共に「サブウーファーの存在を感じさせない自然なつながり感」であったように思う。

という訳で、現状のラインナップでは唯一前面ポートを採用している NS-SW901が「デジタヌの超おすすめ品」ということになる。

置き方に苦労しない?NS-SW901の仕様

18Hz~160Hz(ー8/dB)(-8db)とは音圧が約1/2.3になるpointなのでTANNOYと同じ尺度の-6dbで表示すると低域限界は22Hz程度。

内部搭載AMP 音声出力 600W(100Hz、4Ω、10% THD)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NS-SW901 YAMAHA[ヤマハ] サブウーファー
価格:167937円(税込、送料無料) (2019/7/25時点)

アバック楽天市場店 で手配できます。

嘗てのフラッグシップSW-1000の思い出

アナログ盤時代では、20Hz以下のペダル音の再生はAmp以前のピックアップカートリッジとメカ部分(レコードプレーヤー)の特性とSPシステムの周波数特性で不可能でした。(※8)

CD時代に入り、本物の重低音再生が比較的簡単に可能となりSonyのヘッドホン+CDorDAT再生の耳元で鳴る「重低音を聴き」本物の重低音を「体験(体感!)」したくなり試しにYamaha AST-SW100を購入したのが重低音フェチ?の始まりでした!

しかし...SW100では飽き足らずに大枚15万円近くをはたき SW-1000(※9)を購入し、これまた当時最高だったAVアンプ AVX-2000DSP とオールBOSEスピーカーによる7CHサラウンドで映画コンテンツや当時放送されていたCS音声放送「クラシックセブン」のDATエアチェックなどで「重低音」を「体感」して楽しんだものでした。

(※但し賃貸マンション階上の隣人にはかなりご迷惑をおかけしたことだと、この場を借りてお詫び申し上げます。)

総重量30㎏以上のSW-1000の威力はすさまじく、軽量鉄骨+軽量発砲コンクリートパネルの3階建てへーベルハウスの賃貸では部屋(建物)全体が震えるほどのド迫力であったように記憶しています。

※8 当時SonyTTS4000+Grace(トーンアーム)+SHUREカートリッジを揃え、挑戦しましたがカットオフ周波数40HzのバスレフSPでは、スピーカーが「バタバタ」するのを見て喜ぶ?だけでとても「腹にしみる重低音」など再生できるわけがなく「雰囲気」だけでおしまいでした...ワッハッハー!

※9 嘗てのYMAHAフラッグシップ YST-SW1000は 再生周波数帯域 16Hz~160Hz/(-10db)ありTANNOY WESTMINSTER/GR 、autographに迫る「重低音」が再生可能でした!

チャプター1 セッティング予備編に続く。


 

公開:2018年12月22日
更新:2020年9月 2日

投稿者:デジタヌ


アナログレコードはやっぱり真空管アンプだよね! 《 最高の音質を求めて 》手に入れたい懐かしい音の世界!TOPファンタジー令和元年《 最高の音質を求めて 》真面目なパロディーシリーズ?


 



▲AV 機器へ戻る

 

ページ先頭に戻る