音動楽人(みゅーたんと)

Bluetooth接続ノイズキャンセリングヘッドフォン BOSE QUIETCOMFORT 35  購入・使用レポート

,

Bluetooth接続、のノイズキャンセリングヘッドフォンで果たして「ピュアオーディオ」レベルのコンテンツ聴取が可能か?

比較のために(マミニャン専用)BOSEも購入した、BOSE QUIETCOMFORT 35 とメインモニターヘッドフォンSONY MDR-Z1000 との音質比較を行ってみた。

BOSE QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES IIもget!

というわけで比較のためにパソコン(& iPhone)→(Bluetooth)→ヘッドフォンでの聴取を確認するために、「プロのオーディオ評論家?」達が雑誌などのオーディオ専門紙(WEBサイト)で「持ち上げまくっている?」QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES IIも、同時に購入してみました。

伝統の細かいSpec一切発表無し!正体不明?

昔から、12㎝単発スピーカーや、オールコーンスピーカーシステムなど「数値でデータ」にはこだわらない「実感優先型」製品をリリースしてきたBOSEの代表的製品?

今回の特徴は「ノイズキャンセリング」だけではなく 「GoogleアシスタントとBluetooth 接続」が可能なこと。

iPhoneを使用している方には最適、ワイヤー接続ももちろん可能なので、試したが...。

やはり、小生はSONYの「容赦なく、録音の荒を暴き出す?」ような無機質な音?のほうが気に入っている!

QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES IIもget!

boose.JPG

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

16%OFF Bose QuietComfort 35II ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / Amazon Alexa / アレクサ / Googleアシスタント / Bluetooth / ブルートゥース / NFC対応 / iPhone対応
価格:34100円(税込、送料無料) (2020/1/15時点)

ボーズ・オンラインストア で購入しました!

ちなみにこちらのライバルはご存じSONYのWH-1000XM3



こちらはSONYらしく細かいSpecで勝負といったところ


本体重量 255g

デジタルノイズキャンセリング機能
タイプ(ヘッドフォン・イヤホン) オーバーヘッド型
感度 104.5dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
ハイレゾ音源 ハイレゾ対応 再生周波数帯域  4Hz-40000Hz
リモコン・マイク リモコン・マイク対応
マイク機能 有
コード 約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ 片出し(着脱式)
インピーダンス 47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
ワイヤレス・接続端子 Bluetooth

BluetoothのClass 2
Bluetooth 対応プロファイル A2DP、AVRCP、HFP

付属品 USB Type-CTMケーブル(約20cm)、ヘッドホンケーブル(約1.2m)、キャリングケース、航空機用プラグアダプター、取扱説明書、保証書、使用上のご注意と主な仕様

とびっしり。

もちろん片耳モニターにも対応。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー SONY ブルートゥースヘッドホン プラチナシルバー WH-1000XM3 [リモコン・マイク対応 /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応][ワイヤレスヘッドホン WH1000XM3SM]
価格:32664円(税込、送料無料) (2020/1/15時点)

楽天ビック(ビックカメラ×楽天) で購入できます。

但し、第2回で詳述した「デジタル音響機器の弱点」は内在しており、コンテンツによっては思わぬ

「幽霊ノイズ」と出くわす可能性も考えられます?

Bluetooth経由で聞いたほうがまともな音に...

iPhoneに尻尾?が生えるのが嫌な方は「モニターヘッドフォン」に拘らずに流行りの「Bluetooth」接続のヘッドフォンも選択技の一つですが。

但しこの場合は伝送系・増幅系のノイズは避けられても前途したように「Bluetooth」による音質劣化が避けられませんので、

「クリアーな音」を望まれるのであればやはりスタジオモニターヘッドフォン+「「USB DACヘッドフォンアンプの使用」のほうがよいでしょう。

QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES IIの聴取レポート

一事で言ってBOSEらしい長時間聞いていても疲れない「よく作りこまれた!自然な音?」

「聴感的には低域も広域も十分伸びていて!「ヒーリング用」にはぴったりのヘッドフォンです!

参考データ 

BOSE QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES IIではBluetooth伝送の特性でしょうか「DC~30HZ」の重低音域で明らかに聞き取れるれべル-20dB(1/10)程度のフラッター周期ノイズが生じています!

まあ通常「ロック」などを聞いている場合は「バスドラ」の音に重なっていても、足蹴り音(アタック音)程度で気にならないでしょうが...、

クラシックコンテンツでは大太鼓・どら・パイプオルガンの再生などには多少の問題を感じました。

しかしこの手のノイズキャンセルヘッドフォンを用いて「静かな住宅地のリスニングルーム」にこもって?「真剣にクラシック」を聞く人はまあいないでしょうから問題はないでしょう...?

ノイズキャンセリングヘッドフォン「ご使用上の注意!?」

「あくまでも電源SWオン、ノイズキャンセリング回路経由でご使用ください?!」

SONYのデジタルノイズキャンセリンヘッドフォンもそうですが「あくまでも電源オンで内部AMP」で増幅(ノイズキャンセリング演算)を行うことを前提にデザイン(設計)されているようで...。

「SWoffでケーブル接続」するとなんとも情けない音に!...

スイッチoffで「ケーブル接続すると」なんとも情けない音!になってしまいます、

特に本製品は「Bluetooth接続+ノイズキャンセリングON」を前提に「"音作り"」されているので、付属のケーブルで直接「DAC」に接続しても、百円ショップで購入した「おもちゃ」ヘッドフォン?以下の音にしかなりません!

さらに悪いことにこのケーブルが「絶望的な細さ!」で、クロストークバンバンで、頭の中心部に音が集まり「まるでモノラル録音?のよう」...。マジで300円ヘッドフォン以下!

付属ケーブル接続でもSWオンで内蔵アンプを働かせると

この状態でも、逆相ミキシング回路(ノイズキャンセル)は効く!ので電源をONにすると、「途端に音像が広がりびっくり!」

「Bluetooth接続」に切り替えると「アーら不思議!」

更に、おまけケーブルに愛想をつかして「Bluetooth接続」に切り替えると「アーら不思議!」

さっきまでの300円の"カップ中華"が途端に3万円5千円の「ふかひれラーメン?!」に...。

更に、ノイズキャンセルをONにして働かすと、プロ評論家のプレビュー記事にある通り「ノイズだけがサッ~と消えてなくなり」まるで「カラオケルーム?に入ったように」、しかもベールまではがれて「妖艶なあらわな姿に?」...。

全く驚きの「変貌ぶり!」

但し周波数特性は後述するSONY MDR-ZX110NC と大して違わないのではないでしょうか?(※25Hz前後の重低音を多く含んだコンテンツと50Hz以下の音がほとんど入っていないコンテンツで明確な差!が現れない

ノイズキャンセル効果設定は3step

感じとして

Max設定で-18dB(実数比1/6)でかなり優秀!これなら無音設定で騒音対策のイヤーマフ代わりにも使える。

mid 設定が-12dB(実数比1/4)

min設定iが-6dB(実数比1/2)で外来ノイズキャンセル効果ほとんどなし。(※但し、前途したように、内部アンプにより音は格段に良くなる!)

過日とある歌謡ショー!であまりうるさかった(※1)(客席中央部で常時80dBオーバー)だったのでイヤーマフ代わりに使用した感想、当然Max位置で使用していましたがこの位置でも65㏈と同等の感じ十分演奏が聴けるというよりやや煩い感じ、「2時間のコンサートで気分が悪くなってきて音楽に浸れるような気分にはならなかった」

参※1)騒音に関する一般サイトの記事はこちら。つまり常時70dB以上の騒音にさらされるとうるさくて「神経障害も含めた健康障害」が起こる。

ノイズキャンセリングヘッドフォン共通の特徴的な音作り

実は小生は30年ほど前に「初代国産ノイズキャンセルヘッドフォン」として登場したSONYの「MDR-NC20」を所有していたことがあり、「当時からノイズキャンセリングヘッドフォン」のファンでもありました。

このヘッドフォンは「当時最高性能」を誇っていたウォークマンプロとともに大活躍してくれていましたが、「ウォークマンDAT]の登場で引退。

「以後」は初代MDR-1000 とコンビを組んで「小生の行商のお供として全国行脚に大活躍してくれていました。

もちろん聞く曲は「ブルックナーのシンフォニー!」

ノイズキャンセルヘッドフォンは電源が切れるとダイソーの中華ヘッドフォン以下!

前置きが長くなりましたが、近年ワイヤー接続タイプのMDR-ZX110NCを購入してみましたが、"電池切れ"を起こした時の音は最悪!ダイソーで買った300円ヘッドホン以下の音?。

おまけに、密閉型とは言うものの、「耳殻」に乗っけるタイプ!

薄い「耳殻」から容赦なく「外界」の騒音が飛び込み「ノイズキャンセル効果」もいまいち!

安いからこんなもんか...、とあきらめて「嗚呼あの時の感動は何だったんだろう?」と今は亡きMDR-NC10を懐かしみつつも、ほとんどお蔵入り状態に...。

電池さえ切れていなければ...まあまあ聞けるジャン!

今回、MDR-Z1000 を購入したので比較?のために持ち出してみて、「電池さえ切れていなければ...まあまあ聞けるジャン?」

こちらは"お安い"ので「Bluetooth」などという「飛び道具」は備えていませんが、内部(ノイズキャンセル)アンプSW ONでTEAC USD301につなぐと、結構な音が!

但し、この値段(の内蔵アンプ)ではさすがに耐入力不足で「迫力満点の耳をつんざくような大音響」は無理!(※10)

但し思いのほか伸びた低域で「弦楽四重奏」程度の室内楽ならそこそこ...。

参※11)主なスペック

ドライバ(スピーカー)系30㎜Φ

能率 115dB/mW

最大入力28mW!(これじゃだめだよネ...)

総騒音抑制(キャンセル効果) 約13dBあることになっているが、耳を覆うタイプではないので「耳殻」を通して騒音が伝わり、実際には-6dB程度しか効果はない!

再生周波数帯域 10Hz - 22,000Hz(-10dB)(※実際には30Hz/-3dbB程度の低音域で25Hz付近の重低音は今一?コンテンツによる重低音のあるなしの差もはっきりとは出ない!)

耳栓はやはり耳に突っ込まないと?

昔から騒音対策は「航空母艦の誘導員」が使っているような耳をすっぽり覆う「イヤーマフ」か、製鉄会社で使っているような耳に突っ込む「耳栓」と相場が決まっています。

中途半端な耳たぶ乗っけタイプの耳栓なんぞこの製品以外は見当たりません!

「耳たぶのっけ型密閉型」より「耳の穴に突っ込んだほうが」外部騒音の遮断効果が大きいのは、皆さんよくご存じの通りで(それにノイズキャンセルがついてこの価格なら「失くして」も、どおってことないし?...。

"MDR-ZX110NC"は現在も販売されていますが、"かさばる"!だけで役立たず?の"本気?"より

カナル型(耳穴突っ込み型?)のソニー SONY イヤホン MDR-NWNC33が安くてお勧め!

事実デジタル耳栓も含め"耳栓は大概この方式!"

但しノートパソコンでない限りは「スマホ」ではイヤホンジャックがないのでアウト!です...。

SONY イヤホン MDR-NWNC33 : ノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン専用 カナル型  ¥4,061-

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングジム/デジタル耳せん/MM1000シロ
価格:4125円(税込、送料別) (2020/1/19時点)

JET PRICE で販売しています。

騒音に弱い発達障害の方にうってつけ

それにわざわざ更に7千円も出して尻尾(USB・DAC)をつけて聞くほどの「代物」でもないし?

ここは奮発して「BOSE」を購入したほうがお得?!

通勤・通学電車のロングシートが「グリーン席」に変貌すること請け合い!

毎日の通勤が「至福のひと時」に変貌するでしょう!

※マミニャンは外出時には「弁当忘れてもBOSE忘れるな?」で年甲斐もなく巨大な「BOSE]ですっぽり耳を覆って!大好きな「パバロッティーや藤山一郎」の懐メロ?で都会の騒音を遮断して「耳にやさしい音量」で「静寂?」を楽しんでいるそうです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

16%OFF Bose QuietComfort 35II ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / Amazon Alexa / アレクサ / Googleアシスタント / Bluetooth / ブルートゥース / NFC対応 / iPhone対応
価格:34100円(税込、送料無料) (2020/1/15時点)

ボーズ・オンラインストア で購入しました!


 

公開:2020年1月20日
更新:2020年2月13日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタジオモニターヘッドフォン SONY MDR-Z1000  購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》その3 リスニング編 TOPYAMAHA サブウーファー NS-SW500 購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》 セッティング本編


 



▲AV 機器へ戻る

 

ページ先頭に戻る