音動楽人(みゅーたんと)

スタジオモニターヘッドフォン SONY MDR-Z1000  購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》その1

,

お誕生日プレゼントとしてSONY MDR-Z1000をプレゼントされた。

初代 SONY MDR-1000を1991年頃に購入して愛用していたがイヤーパッドが朽ち果てて2002年にお釈迦に...。

その後別記したようにオーテック などに浮気してみたが、どうしてもあのクリアーな重低音が忘れられずに、あこがれは日々募るばかりだった。

丁寧なパッキング、で感激

写真の通り非常に丁寧なパッキングで届き、感激。

mdrz1000_2.jpg

開封してみた

同包されていたのは、ドキュメント(マニュアル、インフォメーション、保証書)コード(1.2m&3m)、miniプラグ⇔標準プラグ変換コネクタ、キャリングポーチ。

mdrz1000_1.JPG

ソフマップ楽天市場店 で購入しました。

セッティング?

...といってもケーブルを接続するだけ。

次回のモデルチェンジでは4極バランス接続に改良?

10万円以上の高級機種では近年アンバランス接続がなかば常識化しており、必須条件となっている。

プロ用途のスタジオモニターもバランス接続に移行している傾向なので、次回のモデルチェンジでは4極バランス接続に改良?されるように察せられる。

オーテックATH-SR9との仕様比較

コンシュマー用途としては登場が古いので、前途の90°回転に対応していない点、さらにはせっかくの着脱ケーブルがアンバランスの3極コネクタタイプで近年主流の4極グランド分離接続に対応していない点が...、オーテックは同社の別売ケーブルを使えばバランス接続が可能となっている。

ドライバー(スピーカー)はATH-SR9の45mmΦに対して50㎜Φ 

再生周波数帯域 5~45,000Hz に対して 5~80,000Hz 

最大入力 1,500mW に対して4,000mW

出力音圧レベル 97dB/mW に対して108dB/mW

公称物理データでは MDR-Z1000がそれぞれ上回っている?

ハイレゾでなくても「メディアの記録情報に忠実な音」

但し人の聴覚能力は一般的には20~20,000Hzとされており、後述するように上限が45,000Hzでも80,000Hzでも大差はない?!

ただしピアノについては"基音"だけでも約25Hz~約3.6KHzあるのも事実で、ピアノの「輝き、きらめき」を聞く(実感する)には、4倍音の15KHz程度までの帯域は必要で、

FMでは公称周波数帯域  50 Hz~15,000 Hz(実質運用約20Hz~17KHz)(※19KHZのステレオパイロット信号との混信を避けるために)

Youtube 動画が 1Hz~16kHz

Gogleの周波数帯域規制は一般的な「FM放送」に倣ったものなのだろう。

事実CDの公称帯域が課長帯域ぎりぎりの DC~20KHz

ハイレゾが威力を発揮するのは音の立ち上がり・すなわち「粒立ち」「スピード感」「くっきり感」に効いてくる?...はず。

但しAM放送の公称伝送帯域が 100 Hz~7,500 Hz(※2) でもピアノの「大まかな音色?」は伝わってきている!

参※2)送信遠距離の減衰も考慮して実際には20Hz~12KHz程度の"オーバー変調"をかけている?

事実放送局近傍の拙者宅(強電界エリア)では20Hzの信号を拾って(AMステレオ放送時代のパイロット信号が20Hz) 受信回路が誤動作する場合もある!

プロ用途のスタジオモニターとしては...

楽天ビック(ビックカメラ×楽天) で購入できます。

最近発売開始された同社のプロ用MDR-M1STや、ライバル?オーテックATH-M50xと比べて 、片耳視聴に必要な90°回転が効かないのが最大の欠点?という事でスタジオモニターとしては使用されていないだろう...。

コンシュマー用途で比較するとオーテックATH-SR9がライバル?

コンシュマー用途で比較すると実売価格もほぼ同程度のオーテックATH-SR9がライバルとなるだろう。

ソフマップ楽天市場店 で購入できます。

また、通常のLow Rezo?のCDをアップコンバージョン機能でハイレゾ変換して再生系に流すと、肉声の「サ行」が強調される傾向にあり、トークなどでは耳障りなこともある...。

という事で今回は「研ぎ澄まされた音」を持つワイヤード接続の「 MDR-Z1000」を購入した。

以下次回に続く。


 

公開:2020年1月11日
更新:2020年2月13日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンタジー令和元年《 最高の音質を求めて 》真面目なパロディーシリーズ?TOPスタジオモニターヘッドフォン SONY MDR-Z1000  購入・長期使用レポート 《最高の音質を求めて 》 その2 重低音チェック


 



▲AV 機器へ戻る

 

ページ先頭に戻る