音動楽人(みゅーたんと)

《オーディオ・マニア的クラシックコンテンツ・ナビ》その1 デジタヌ流着眼(聴)点とは...

,

当サイトの「クラシックコンテンツナビ」はできるだけ吉田秀和流?の「形而上」学的?"問答・論評・表現"は避けて、計測データ(周波数分析)と"ミュージシャンの端くれ"としての「感性に基づいた(聴)観点」で分かりやすく紹介することを心がけています。

アマチュアホルン奏者でもあるデジタヌのクラシックコンテンツの楽しみ方とは

小生は以下の観点(聴取観)でオーディオマニア的に"記録音源"を楽しむ事にしている。

interestingness grade of the audio


dynamic range(ダイナミックレンジ)

:CDの制作指針?を基本に50dB(※1)以上録れているかが一つのポイント。

参※1)当サイト関連記事 アナログディスクLP懐古趣味・信奉論者に一言 はこちら。

S/N

: 同じく、DDD(フルディジタル※1)プロセスを基本に、トータルで96㏈(実数比60000倍) 弱音部分で40dB(実数比100倍)以上取れているか。

heavy bass sound( 重低音)

: 同じく重低音を過不足なく収録しているか?

これはピアノ曲では特に重要でフルグランドの再低音A(ラ)27.5Hz付近の音が基音27.5Hzだけではなく響き(側波帯)も含め可聴帯域ぎりぎりの20Hzまで確実に"記録"されていないと「ピアノらしい音」にはならずベートーベンのソナタやショパンがつまらなくなってしまう!

clarity(明瞭度)

 :各パート(楽器)が明瞭に分離しているか?「ハモリ」と楽器の明瞭度は別問題!2管なら2人、3管なら3人が、ホルンなら4人が、声楽なら付きなら独唱者個々の分離は当たり前で合唱付きなら「個々の団員」までもが明瞭に聞き取れるぐらいでないと...


saturation(音割れ)

:サチュレーション(録音レベル飽和の有無)、衝撃音(パーカッションの)の再現性など :音割れはしていないか、ピアノやパーカーションなどの衝撃音の再現は十分か?

musicality(演奏・音楽性)

演奏については以下の2点が重要

Individuality(個性度合い)

:個性的であるか?但し固有の「何々節、誰それ節」は辛く評価している。

Dependence(繰り返し愛聴度:依存ド愛?)

:ライブ録音以外は取り直しのきく「録音セッション」なので完璧に越したことはないが...、

少々の(演奏・録音)ミスはあまり問題にしてない!

それよりは「記録音源」の重要条件として、「繰り返し聞く気になるか?」が重要ではないかと考えている。

狸穴総研音響研究所ミュージックコンテンツ研究室 代表 出自多留狸


 

公開:2020年2月 6日
更新:2020年2月14日

投稿者:デジタヌ


マミニャンのお気楽クラシック超入門 のご案内TOP


 



▲お気楽クラシックへ戻る

 

ページ先頭に戻る