タヌキがゆく

日本音楽コンクール金管部門のお偉い審査員の方々にもの申す。

今年で78回を迎えた日本音楽コンクール(毎日新聞社・NHK共催)であるが、ピアノ、バイオリン、声楽、木管などの部門に比べ、金管楽器、特に久しぶりに今年開催されたトランペット部門の審査には首をかしげたくなった!

入賞者本人達が一番自覚しているであろう世界のコンクールのレベルを考えるなら、"少々甘いのでは?"と言わざるを得ないだろう!

今年の結果を見た限りでは、お偉い先生方の弟子達の「お稽古ごと発表会」程度で とても国際コンクールのレベルとは感じなかった!

審査員のお偉い先生方の顔もあるのだろうが、規定にもしっかりと定められているのだから、無理矢理1位を選出することは無いと思うのだが。

世界の有名コンクールでは当たり前の"1位無しの2位"とか、"1.2.3位無しの入選者のみ"とかの審査結果を採用すべきであった。

今の選考法では、世界から有能な若者を集めることなど不可能と思えるのだが。

優勝者に要求される条件とは、音楽性を云々する前に、「超人的で完璧なテクニックとノーミスで無ければならない!」

海外の例で言うなら、ミュンヘンなどでは1位なしの2位を何度も出している。

ホルンの話で恐縮だが、あの有名なペーター・ダムでさえ優勝を取り損ねている。

有名な話では、マリー=ルイーズ・ノイネッカーが1983年のミュンヘン国際音楽コンクールで1位を取り損なったのは、譜めくりに失敗したのが原因だったといわれている。

決して、テクニックや音楽性の問題ではなかった!本の少しのミスで、フレーズをおとしたのであった。

日本に話を戻せば、学閥を重んずる日本の楽壇では、お偉い先生方の弟子達であればコンクール本番でミスッてもあまり問題にならないのか?

楽壇のはぐれものではあるが?元バンベルク交響楽団の水野伸行さんの演奏なんかミスしたところを聞いたことがない。(彼はほぼ独学で日本の楽壇の派閥には属していない)

蛇足?

日本音楽コンクール入賞者のTV放送と相前後して、アリソン・バルサムのコンサートの模様が放送(プロムス2009、とビデヲリサイタルの2本)された、本人以外知りようのないマイナーミス?をのぞいて、ハイノート、ペダルノートとも、その音色の素晴らしさは絶品!
そして特出すべきは、アタックの正確さと種類の豊富さ、そしてリリースの巧さ、まさにすばらしいの一言。

ついでに音楽とは関係ないが「天は2物を与えず」という逆説諺?を改めて思い知らされた。
彼女はとびっきりの美人なのである!

"放送を視聴した全国の数多くの女子生徒達が彼女にあこがれ バンドガールの道を進むであろう!"などと変に納得したりなんかした放送でもあった。

【この記事はタヌキがゆくより転載したものです】

公開:2009年12月18日
更新:2017年7月 3日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックて何なの?  ーコラム2008ーTOP世田谷区民は「オーケス虎」はお嫌い?




▲エンターテインメント・コラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る