タヌキがゆく

《 公共ホール 計画 の手引き 》 環境が悪ければ悲惨な結果を招く

理工系出身の自治体施設課・建築課の担当者に捧げるシリーズ「失敗しない・ホール計画の手引き」講座。

第5回 ホール計画を行うときは先ずは立地から

(※お恥ずかしい、我が古里のお粗末極まりない愚例!紹介したくない記事はこちら

立地のセオリー

1)線路には近づくな

線路の間際は最低と心得よ。(前回参照)

最低10m(歩道付き2車線)以上の側道か、幅5m以上の堀、or用水路で隔てる事。

2)航空路の直下はダメ

空港の近隣では離発着航空路の真下は避けろ。

3)城跡・溜め池を探せ!

平城跡利用

回りを「お堀」と「土塁」に囲まれた平城(ひらじろ)跡地は最高の立地!

溜め池利用

城が無ければ、溜め池、用水路際が良好。

溜め池(人造湖)の一部を埋め立てしっかりした基礎で、頑強な建物を建てれば、あとは防音だけでOK。

好例紹介

都市部河川の中州利用

同じ理由で「中之島」と呼ばれる、大河川河口に開けた平野の「中州」を利用するのも手。

※この手法はIC製造工場などでよく使われる手法で

、鐵道や大幹線道の大型車両の振動の「遮断・制振」に絶大な効果を発揮する。

4)狭い敷地に大型ホール(客席2,000人超)は禁物!

収容人員はスペース(敷地面積)で稼げ、多層テラス(桟敷)で稼ぐな!

多層フロアーは階下の音響を考え、できる限り奥行きの浅いテラス風に。

せいぜい2フロアーで、収容人員を稼ぐ目的での3フロアー以上の軒先の深い構造は最低!

無理をすると各フロアー、特に天井桟敷・大向こうの天井高さが稼げずに、良いホールとは言えない

(悪例;竣工年度順)

1972年竣工 ;NHKホール/最大3,800人!(3,601席)(※紹介記事はこちら

1986年竣工 ;愛媛県県民文化会館・メインホール/最大3000席!(偉大成る丹下健三先生もクライアントの要求には屈したのか?!)

1990年竣工 ;川口総合文化センター「リリア」メインホール/最大2002席

※折角のGood idea(重量級バルクヘッド(隔壁)使用のオープンステージ。1ボックスホール)もクライアントの要求を飲んだことで台無しに!

1992年竣工 ;愛知県芸術劇場・コンサートホール/最大1800席

※、輝かしい処女作に成るはずだったのに、クライアント(見栄っ張りの愛知県)に押されまくりしくじりましたね?

2012年開館 ;2代目フェスティバルホール/最大2700席!

※大阪のクライアント(朝日ビル)の押しつけには、さすがの永田音響も説得する術がなかった?

追1、堺市さん、堺市民芸術文化ホール フェニーチェ堺 大丈夫でしょうね?

追2、山形県さん、総事業費216億円(土地取得費67億5700万円、建設費148億+円)を投じて建設中の新「山形県民会館」大丈夫でしょうね。

ホール基本構造について

1,重量内装に耐えれる様、「屋根と柱の構造材」は頑強に

重量級の天井、舞台ホリゾンタル使用を前提に、重量物に堪える様にホール外郭は頑丈に。

2、天井は無駄な位高くしろ!

sydney_opera_house_concert_theatre.JPG

出展:File:Sydney Opera House Concert Theatre.JPG

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sydney_Opera_House_Concert_Theatre.JPG

天井は出来るだけ高く、「コンニャクやはんぺん」タイプの様に薄べったいホール(&リハーサル室)は最低!

※好例紹介

1996年竣工 東京オペラシティ・コンサートホール/1632席(※照会記事はこちら)

3,防音・防振には金を惜しむな

ホールは窓無しを基本とせよ

出来れば古来より用いられている、砂入2重コンクリート壁を採用し、防音には完璧を期すこと。

最新のフローティング構造(耐震構造)も有効。

【騒音・振動問題が心配ない、僻地?の自治体は木造ホールを。

500人未満の体育館講堂形式のホールなら、最新の集積材を使えば強度も問題なし、何より「人に心地良い響き」が得やすい】

成功例;八ヶ岳やまびこホール(※照会記事はこちら)

<第6回 「夢殿」は夢見ても設計するな!。>へ続く

公開:2017年10月25日
更新:2018年10月24日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

《 公共ホール 計画 の手引き 》 見栄 を張らずに 智恵 を出せ! TOP《 公共ホール 計画 の手引き 》 藝術ホールデザインの 極意・セオリーとは その1 定在波対策




▲エンターテインメント・コラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る