音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

トップアマチュアオーケストラとは?

,

トップアマチュアオーケストラの功罪

本コラムで以前から繰り返し取りあげた、日本を代表するアマチュアオーケストラの双璧「東大オケ」と「慶應ワグネル」の主催するコンサートについて。

彼らが一流ホールで行う定期公演が庶民クラシックファンに取っていかに有り難いかというお話

小生は、ジェラシーも含め「自己陶酔型」金満アマチュアオケとか「大曲・難曲指向病」の病根などと揶揄してきたが、視点を変えれば庶民クラシック愛好家の強いみかたでもある。

彼らの定期公演入場料は彼らが好む「一流ホール」 サントリーホールのS席で\2,000!
しかも演目はマーラー: 交響曲第5番 嬰ハ短調!等ファンにはたまらない選曲。
そして演奏の完成度は非常に高く、各公演で聴衆に圧倒的な感動を与えてくれている。

彼らの定期演奏会は世界の一流オーケストラのライブ公演に決して引けを取らないコンサートだと確信している。

そして、どれぐらいお得?かというと。

例えば2017年下期の同ホールを始めとする都内有名ホールの本年度の来日演奏家公演予定を調べると。
2017年10月6日(金)指揮:リッカルド・シャイールツェルン祝祭管弦楽団S席/¥35,000

2017年11月11日(土)ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団》 S席/¥32,000
2017年11月20日(月)ダニエレ・ガッティ(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団》 オーケストラS席/¥32,000 
2017年11月24日(金)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演 サイモン・ラトル(指揮)》 オーケストラS席/¥45,000
2018年03月13日(火)《ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック》 オーケストラ S席/¥30,000
2017年07月04日(火)東京芸術劇場・コンサートホール/ミヒャエル・ザンデルリンク(指揮)ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団 S席/¥14,000 

郊外の格落ちホール?例えば武蔵野市民文化会館でのコンサートで
2017年06月26日(月)ミヒャエル・ザンデルリンク フランソワ=フレデリック・ギイp、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団S席/¥7,800

このすさまし「エクスペンシブ」ぶりから考えていかに「お得」かがお判りいただけるであろう。

CDなどのメディアの価格が変化していないので、S席/¥2,000が安いと思わない人も多いだろうが、「破格のお値打ち価格」であることには間違い無い。

チケットぴあ

公開:2017年4月29日
更新:2018年2月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京23区内の音楽練習施設について。TOP医科大オーケストラがある理由。




▲このページのトップに戻る
▲デジタヌの音楽談義へ戻る