音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

第5回刈谷国際音楽コンクール2018 のコンサート・イベント情報

       

刈谷国際音楽コンクール

Official Website http://kariya-imc.com/

刈谷国際音楽コンクールのあらまし

2014年以来毎年夏季に行われている青少年対象のオープンエントリー(国籍無制限)の「国内ローカル器楽コンクール」。

国際音楽コンクールを標榜しているが、交通費、滞在費などの補助は一切無い。

弦楽器部門(ヴァイオリン&チェロ)、フルート部門、ピアノ部門の4部門で開催される。

コンクール日程 

2018年8月7日~8月26日(詳しくはこちら

刈谷国際音楽コンクールの開催部門

対象楽器

弦楽器部門(ヴァイオリン&チェロ)、フルート部門、ピアノ部門の3つの楽器部門13のエントリークラスクラスで行われる。

年齢に応じてエントリークラスが設けられている

  • 弦楽器部門(ヴァイオリン&チェロ)では小学校低学年の部(1~3年生)、小学校高学年の部(4~6年生)、中学の部、一般の部(高校生以上)の4エントリークラスで。
  • フルート部門 では 小学生の部、中学生の部、高校生の部、一般の部、の4エントリークラス。
  • ピアノ部門では 小学校低学年の部(1~3年生)、小学校高学年の部(4~6年生)、中学生の部、高校生の部、一般の部(高校生以上)の5エントリークラス。

刈谷国際音楽コンクールが催される会場

刈谷市総合文化センター アイリス(※ホールガイド記事はこちら

会場へのアクセス

JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅南口よりウイングデッキ直結徒歩3分

刈谷国際音楽コンクールコンクールが目指すもの

...本コンクールは音楽をもっと勉強したいという小中学生の豊かな表現力や可能性を引き出すとともに、優秀な若手演奏家の育成と日ごろの研鑽の成果を披露する場を刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センターの協力のもと提供し、音楽文化の振興を図ります。<公式サイトより引用>

刈谷国際音楽コンクール2018の見どころ・聞き所

未来の「ビルトーゾ」を目指し若き音楽家の「タマゴ」が熱い戦いを演じる。

刈谷国際音楽コンクールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

ご注意;以下の記事中※印は当サイト内の紹介記事リンクです。
但し、その他のリンクは事業主・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

コンクール概要

  1. 開催要領 毎年
  2. 課題曲 バイオリン(詳しくは公式サイトで)フルート(詳しくは公式サイトで)ピアノ(詳しくは公式サイトで)
  3. 審査員 詳しくはこちら公式ガイド)
  4. 応募要領他(詳しくはこちら公式ガイド)
  5. 各賞 (詳しくはこちら公式ガイド)
  6. その他の関連イベント。「公開レッスン」「受賞者お披露目演奏会」等が併催される。

微酔い狸の独り言

明日の芸術家を目指して頑張れちびっ子ミュージシャン!

デジタヌの知っておきたい豆知識

  1. 運営組織/主催者 刈谷国際音楽コンクール実行委員会
  2. 共催団体 刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センター(KCSN 共同事業体)
  3. 後援団体 愛知県 刈谷音楽協会 CBCテレビ 中日新聞社 一般社団法人 日本弦楽指導者協会(JASTA)
  4. 協賛団体 

    (株)豊田自動織機 トヨタ紡織(株) (株)デンソー アイシン精機(株) (株)ジェイテクト トヨタ車体(株) 愛知製鋼(株) 豊田通商(株) 一般財団法人 石田退三記念財団 角文(株) 刈谷ハイウェイオアシス(株) (株)河合楽器製作所 (株)レクスト (株)南愛知冠婚葬祭互助会

刈谷国際音楽コンクールこれまでの歩み

2014年8月に第1回が開催されて以来毎年開かれている。

コンクールの開催都市刈谷市とは

トヨタの城下町

愛知県のほぼ中心に位置する刈谷市は自動車産業と音楽活動が盛んな文化都市として成長しています。<公式サイトより引用>

旧尾張国との国境であった境川が市の西部を流れる。この川に沿って市域は南北に長い形をしており、南北最長は13.2kmとなっている。旧三河国の西端に位置する。市域は海抜10m前後の、全体的に平坦な土地であり、田畑が広がる地域もある。<Wikipediaより引用>

  • 推計人口; 151,429人/2017年10月1日現在。
  • 刈谷(JR)→金山駅(市内ハブ駅)410円/17分/21.1km
  • 刈谷(名鉄)→豊田市(名鉄)500円/39分/19.6km

年々人口が増加し続けている躍進中の都市である。

年齢別人口構成比率は全国平均より就労年齢人口の割合が多いで、いわゆる工業地帯型。

刈谷市の観光ガイド

じゃらんの周辺観光ガイドはこちら。

愛知県の名産・特産品ガイド

愛知県のお土産物ガイドはこちら愛知県の銘酒ガイドはこちら愛知県の地ビールガイドはこちら。

公開:2017年12月23日
更新:2018年6月16日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡国際オペラコンクール2017 のイベントガイドTOP名古屋国際音楽祭 と言う名の長~い音楽イベントのガイド




▲このページのトップに戻る
▲東海エリアへ戻る