音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

倉敷音楽祭 ーお堀と屋敷町の倉敷美観地区で有名な倉敷市で毎年開催されている春の風物詩のコンサートガイド 

       

このイベントはすでに終了しています。

倉敷音楽祭

Official Website http://arsk.jp/m-fes/

 

開催期間 2018年3月9日(金)~3月25日(日)

倉敷音楽祭のあらまし

毎年特定地域出身の当代の1流アーティストにスポットを当て招聘し、地元倉敷のアマチュア団体の市民制作による出し物など、「藝術・音楽の町」倉敷を全国にアピールしてきた。

音楽ジャンルにこだわらない「クロスオーバーな音楽祭」を行っている。

第32回倉敷音楽祭のチケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

2018倉敷音楽祭の見どころ・聞き処

今回のテーマは「首都圏のアーティスト」、クラシック演奏家のみならず、庶民に親しまれてきた芸能「落語」を始め、歌舞伎役者「市川海老蔵」特別公演など、「江戸文化」を中心に紹介。

倉敷地区のコンサートからは

  • クラシック畑からは、今を時めく名ソプラノ「森麻季」のリサイタル。
  • 若きバイオリニスト石川綾子と地元出身阿部篤志の共演。
  • 3年目となる倉敷ゆかりの若手プレーヤーによる室内楽コンサート。

マービーミュージカル「大地の響き:吉備王国ものがたり」/マービーふれあいセンター竹ホール

倉敷市創作舞台育成事業真備市民創作「マービーミュージカルin倉敷」 「大地の響き」(真備町のみなさんが作りあげる、故郷・真備創造のものがたり)

など見どころ一杯。

会場ガイド&プログラム情報

  1. 3月10日(土)菅野祐悟サウンドトラックコンサート2018/於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  2. 3月11日(日)石川綾子ヴァイオリンコンサート/於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  3. 3月11日(日)「倉敷天領太鼓」/於ける倉敷市民会館 (ホールガイド記事はこちら
  4. 3月11日(日)くらしきビッグバンド・フェスティバル/ 於けるマービーふれあいセンター (※ホールガイド記事はこちら
  5. 3月12日(月)於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  6. 3月12日(月)市川海老蔵「源氏物語」於ける倉敷市民会館 (ホールガイド記事はこちら
  7. 3月13日(火)森麻季ソプラノリサイタル/於ける於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  8. 3月15日(木)Yamazaki Masayoshi String Quartet "BANQUET"/ 於ける於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  9. 3月18日(日)倉敷アマチュアトップ・コンサート/於ける倉敷市民会館 (ホールガイド記事はこちら
  10. 3月18日(日)倉敷のヴィルトゥオーゾ  於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  11. 3月19日(月)江戸花型落語会/於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  12. 3月20日(火)高橋誠Ⅵジプシー・ジャズの夜/於ける於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  13. 3月21日(水)倉敷管弦楽団演奏会/ 於ける倉敷市民会館 (ホールガイド記事はこちら
  14. 3月24日(土)ミュージカル・「大地の響き:」/ 於けるマービーふれあいセンター (※ホールガイド記事はこちら)         

併催イベント

  1. 3月17・18日 町並みコンサート/於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら)、倉敷物語館ステージ、倉敷美観地区水上特設ステージ 他
  2. 3月17・18日 お琴とお茶の会/於ける倉敷美観地区「新渓園」
  3. 3月17日 倉敷音楽祭 謎解きバックステージツアー/於ける倉敷市芸文館 (※ホールガイド記事はこちら
  4. 3月17・18日 倉敷の民俗芸能/於ける倉敷美観地区一帯。

デジタヌの知っておきたい豆知識

主催者  倉敷市、山陽新聞社、倉敷市文化振興財団

共催 倉敷市教育委員会

協賛 JFE21世紀財団 ほか

後援

文化庁、岡山県、岡山県教育委員会、朝日新聞岡山総局、共同通信社岡山支局、中国新聞備後本社、毎日新聞岡山支局、RSK山陽放送、RNC西日本放送、OHK岡山放送、KSB瀬戸内海放送、TSCテレビせとうち、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、エフエム岡山、FMくらしき。

倉敷音楽祭のこれ迄の歩み

1987年に第1回を開催し、都市を重ねて今年で第32回を迎える倉敷音楽祭。

倉敷音楽祭が開催される倉敷市

推計人口、477,181人/2017年10月1日。

東京-倉敷 3時間49分/岡山乗り換え新幹線-在来線/¥17,140/748.8km。

岡山-倉敷(4駅目) 16分/JR/¥320/15.9km

白壁の町並みが残る倉敷美観地区や、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋などで知られる。中国地方で三番目の人口を擁している。

岡山都市圏に含まれ岡山市とは人的交流に加え行政面でも密接な関係を持ち、全体的に岡山への通勤・通学者が圧倒的に多い。

かつて倉敷市は代官所が置かれた天領、岡山市は外様大名の城下町であったという中心地域成立の歴史的違いによる対抗心もある。

平成の大合併で倉敷市と成った旧児島市域は岡山市と同じ旧備前国、江戸時代は岡山藩の支配下におかれ、交通の便も岡山市の方が良いなど岡山市との繋がりが強い。

県境を越えて西にある福山都市圏や、瀬戸大橋(瀬戸内海)を越えた対岸の高松都市圏との交流はあまりない。

但し両地域とも地理的な位置関係からJR山陽本線沿線の玉島地域・倉敷地域では福山が、南の児島地域は高松が通勤・通学圏になっていたりする。

倉敷市のこれまでの主立った出来事

天領になった倉敷旧市街は高梁川と児島湾を結ぶ運河として倉敷川が作られ内陸の港町となった。

1550年 - 玉島湊と松山(高梁市)間で高瀬舟による物資の輸送がはじまる。
1584年 - 宇喜多秀家が早島から高梁川河口まで汐止め堤防を築く。

1614年備中松山城の城番で備中代官であった小堀政一が陣屋を構えた後、代官所(支配所)がおかれ玉島地区一帯が備中松山藩の支配になる。

1616年 - 倉敷・玉島近辺の水島灘で新田開発が始まる。
1642年 - 倉敷村が幕府の直轄地(天領)になる。

倉敷代官所は商人たちの自治を認め優遇したことで人口も増加し、領地は名目上5万石であったが、実質は10万石以上の領地を支配した。美観地区の蔵屋敷はこれによって富を得た商人の蔵である
1656年 - 児島阿津に塩田が開かれる。

1871年(明治4年) - 廃藩置県により、窪屋郡倉敷村に倉敷県役所が置かれる。

1872年(明治5年) - 倉敷県・福山県等が合併し深津県になり、翌年小田県に改称

1875年(明治8年) - 小田県が岡山県と合併
1881年(明治14年) - 乙島(玉島乙島)に玉島紡績所が操業。
1891年(明治24年) - 窪屋郡倉敷町に山陽鉄道倉敷駅が開業、初めて鉄道ができる。

1925年(大正14年) - 高梁川改修工事が完成。
1928年(昭和3年) - 都窪郡倉敷町が市制施行し、倉敷市(初代)が発足
1930年(昭和5年) - 大原美術館が開館。
1945年(昭和20年) - 水島空襲が発生(6月22日)。水島航空機製作所が米軍の空襲により破壊される。
1948年(昭和23年) - 児島郡の3町1村が新設合併し、児島市が発足
1952年(昭和27年) - 浅口郡玉島町が市制施行し、玉島市が発足
1953年(昭和28年) - 水島臨海工業地帯の建設が始まる。
1967年(昭和42年) - 倉敷市(初代)・児島市・玉島市が新設合併し、現行の倉敷市(二代目)が発足。
1975年(昭和50年) - 山陽新幹線新倉敷駅が開業(玉島駅から改称)。
1988年(昭和63年) - 山陽自動車道倉敷JCT - 福山東IC間、同早島支線倉敷JCT - 早島IC間が開通。
1988年(昭和63年) - 児島・坂出(香川県)を結ぶ瀬戸大橋が完成し、瀬戸中央自動車道が開通、JR瀬戸大橋線が開業。
2002年(平成14年) - 中核市に指定される(全国で30番目)

倉敷市の周辺観光スポット&イベント情報ガイド

岡山県で行われる「倉敷音楽祭」などのイベント情報音楽祭カレンダーはこちら

 全国お祭りカレンダーはこちら。

倉敷市にある倉敷美観地区などの観光名所ガイドはこちら

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

岡山県の特産品&名物ガイド

岡山県の「むらすずめ」などの名産品ガイドはこちら、岡山県の「備前幻」などの銘酒ガイドはこちら、岡山県の「独歩ビール」などの地ビールガイドはこちら。

公開:2017年9月10日
更新:2018年6月16日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山国際音楽祭 ー秋の岡山を彩る一大音楽ページェントのガイドTOPばらのまち福山国際音楽祭2018  のガイド




▲このページのトップに戻る
▲山陽・山陰エリアのクラシック音楽イベント情報記事リンクまとめへ戻る