音楽・演劇・便利帳

びわ湖オペラ2019 《 グランドオペラ ナビ 》

       

ワーグナー作曲 楽劇ニーベルングの指環 第2夜『ジークフリート』<新制作>

https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2016/12/27/-13-1.html

新春一番を飾るに相応しい、豪華絢爛な春の絵巻

  • 世界中の歌手が大絶讃「お土産に持って帰りたい?ホールNo1のびわ湖ホール」がお贈りする、「2夜限りの夢のオペラ超大作!」

開催期間 2019年3月2日(土)~3月3日(日)

びわ湖オペラとは

  • 日本最初の本格的なオペラハウスとして登場した夢の殿堂「びわ湖ホールが年に1度2日間だけ行う自主オペラ公演」
  • 採算度外視の「客引きパンダ」たった2夜の春の夢。
  • 世界の?流歌手・演出家の助けを借り、我がびわ湖オペラの誇る歌手陣とお隣から借用したオーケストラと、巨額を投じて在阪有名舞台装置工房が製作した豪華絢爛な舞台装置でお贈りする夢のオペラ超大作!。
  • 2度と再演されない夢のオペラをこの機会に!
  • びわ湖ホールが"創造"する無謀とも言える空前のスケールで挑戦し続けている夢のオペラ。

    2016年度以来「たった2日間の夢の公演」の為に毎年新制作しているワーグナー畢生の大作<ニーベルングの指環>全四作シリーズの一作。
    演出には2016年度以来、オペラ界の重鎮であるミヒャエル・ハンペ、舞台美術・衣裳デザイナーには画家でもあるヘニング・フォン・ギールケをわざわざ、招聘し減選したソリストで、「世界中見渡しても珍しい楽劇」を提供してくれる。

    びわ湖ホールが悲壮な決意で望む楽劇に色んな意味で期待が集まっている。

びわ湖オペラとはが開催される都市「滋賀県・大津市」とは

滋賀県

日本1の湖「びわ湖」がど真ん中にどっかと腰を据えている県。

  • 推計人口、1,412,956人/2017年10月1日

東海道新幹線・新栗東駅計画白紙撤回、北陸新幹線通過お断り宣言で有名な滋賀県は、

観光資源で水資源でもある「びわ湖」が、総面積の実に約17%を占める水資源県。

人口1,412,956人(推計人口、2017年10月1日)の可憐な県である.?

京阪神と言う大都市圏の外れに位置しており、京セラ、ダイハツ、ヤンマー、東レ、以外にはこれと言った大企業は無く、観光依存度が高い県でもある。

大津市

大津市は滋賀県の南西端の琵琶湖畔に位置する市で、同県の県庁所在地でる。

県民は宮崎県の1.4倍程度、大津市民は宮崎市より6万人ほど少ない1地方都市と言ったところ。

  • 推計人口、341,187人/2017年10月1日
  • 大津ー(京都)ー品川 2時間34分/14100円/在来線京都乗り換え。

大津市と周辺にある観光スポットのトリップアドバイザー くちこみ情報 はこちら。

会場ガイド&プログラム情報

びわ湖ホール

4面舞台をもつ国内きっての規模と設備を誇る本格的「オペラハウス」(※ホールNaviはこちら)

『ジークフリート』<新制作>(全3幕)の注目のポイント

  • 2019年・今年もぶっ放します「R・ワーグナーの大作・楽劇ニーベルングの指環・全四部作シリーズ」の1編楽劇『ジークフリート』。
  • 奇想天外、空前絶後、波瀾万丈の一大スペクタクル巨編
  • 他では真似の出来ない、日本のオペラ界空前絶後・前代未聞の制作費数億円!をたった2日間に惜しげも無く投じた「一大スペクタル超大作」

[演出]ミヒャエル・ハンペ

[演奏]沼尻竜典 指揮 京都市交響楽団

[キャスト]

  • ジークフリート;クリスティアン・フランツ
  • ミーメ;トルステン・ホフマン
  • さすらい人;青山 貴
  • アルベリヒ;町 英和
  • ファフナー;伊藤貴之
  • エルダ;竹本節子
  • ブリュンヒルデ;池田香織
  • 森の小鳥;吉川日奈子

『ジークフリート』のチケット情報

※2018年9月29日(土)10:00より一般発売開始となりました。

※10月6日現在残念ながらソールドアウトしています。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

主催者 サイトびわ湖ホール/公益財団法人びわ湖芸術文化財団

デジタヌのつぶやき

日本では開催費用がかさみすぎて「コンサート形式」上演が当たり前の「ワグナーの楽劇」が"拝める"?数少ないチャンス。

ここ以外では「新国立劇場」(※ホールNaviはこちら)でしか見れないグランドオペラ形式本公演。

だから仕方ないが、毎年発売当日にソールドアウト!では...

何とか5日間ぐらいのロングラン公演ができないものか?(※関連記事はこちら)

公開:2017年9月 1日
更新:2018年10月15日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ル・ポン国際音楽祭2018 《 音楽祭 ナビ 》 TOP佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2018 《 芸術週間 ナビ 》 兵庫県立芸術文化センター歌劇「魔弾の射手」公演




▲このページのトップに戻る
▲近畿 の クラシック 音楽 イベント 情報 まとめへ戻る

 

ページ先頭に戻る