音動楽人(みゅーたんと)

第33回 倉敷音楽祭 《 マミニャンのお気楽コンサートNavi 2019 》 お堀と屋敷町の倉敷美観地区で有名な倉敷市で毎年開催されている春の風物詩 

開催期間 2019年3月8日(金)~3月24日(日)

開催地 主会場;倉敷市美観地区

今年で33回目を迎えた倉敷音楽祭

今年で33回目を迎える伝統ある「町おこし音楽祭」。

昨今全国各地で盛んになってきた「市民ボランティア&実行委員会ベース」の「手作り芸術祭」の草分け的存在でもある。

日本全国に知れ渡ったと同時に万襟(マンネリ)状態にも

1871年(明治4年)廃藩置県により倉敷県役所が置かれ以後翌年の 倉敷県・福山県合併を含む深津県になり、さらに小田県を経て1875年(明治8年)岡山県に併合!されて以来長年にわたる元天領・倉敷村と元岡山藩の確執(※倉敷市歴史ヒストリアはこちら)があり事あるごとに対立してきた歴史はわかるが、

例えば、「瀬戸大橋音楽祭」など企画できないであろうか

(関連記事※音楽祭・芸術祭 のあり方について感じたこと

1988年の瀬戸大橋・JR瀬戸大橋線の開通以来32年の時を経たことだし、この辺で両者が和解?し瀬戸大橋を挟んで、倉敷市、岡山市、高松市が共催し、沿線沿いの坂出市、早島町などにも呼びかけ、、5市・町協賛で、このエリア全体の一大観光イベントを目指してみてはいかがであろうか?

現在、各々単独で倉敷音楽、岡山音楽祭を,高松市は高松国際ピアノコンクールを開催しているが、この3つを統合して、瀬戸大橋音楽祭・芸術祭を開催すれば、音楽祭とは関係ない(期間外のサブイベント)イベントまで加えた水増しイベントで量を稼ぐ様な姑息な手段を取る必要がなくなり、市民も観光客も歓迎するはず。

JR西日本、JR四国にも協賛依頼

音楽祭期間限定の高松ー岡山間の1日、3日、1週間の各フリーきっぷを発行して頂けば、県外からの観光客以外の地元音楽ファンにとっても有効なアクセス手段となるで在ろうし、春・秋2回開催となれば今以上にインパクトの強いイベントとなり、観光客の誘致にも今以上に貢献できるはずである。

まずは体面を重んじる各自治体に直接アタックせずに、普段の生活で瀬戸大橋エリアを生活圏としている学生・会社員などで構成されている音楽団体(ウィンドオーケストラ、合唱団、アマオケなど)が県境を越えて結束し岡山・香川両県に話を持ち掛け、「地域おこし」の為に県の力を借りて「頭の固い地元自治体のお役人」を説得して見てはいかがであろうか?

3都市地元出身のアーティストに調整をお願いする手もあるし...

倉敷音楽祭が開催されている倉敷市とは?

※タウンレビュー・ヒストリアはこちら。

音楽祭の主舞台となる白壁の町並みが残る倉敷美観地区や、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋などで知られる。中国地方で三番目の人口を擁している。

推計人口、477,181人/2017年10月1日。

東京-倉敷 3時間49分/岡山乗り換え新幹線-在来線/¥17,140/748.8km。

岡山-倉敷(4駅目) 16分/JR/¥320/15.9km

岡山都市圏に含まれ岡山市とは人的交流に加え行政面でも密接な関係を持ち、全体的に岡山への通勤・通学者が圧倒的に多い。

倉敷市と周辺にある観光スポットのトリップアドバイザー くちこみ情報 はこちら。

2019倉敷音楽祭のプログラム情報と"豆知識"

毎年特定地域出身の日本人アーティストにスポットを当てて招聘し、地元倉敷のアマチュア団体の市民制作による出し物など、「藝術・音楽の町」倉敷を全国にアピールしてきた。

発足当初より、クラシック、ポピュラー(J-POP)、Jazz,ミュージカル、邦楽など音楽ジャンルにこだわらない「クロスオーバーな音楽祭」を特徴として開催されてきた、「ご当地音楽祭(ローカル音楽祭)」でもあり「国際音楽祭」でもある。

※2018年11月30日公開されました。

今回のテーマは「近畿のアーティスト」、クラシック演奏家のみならず、庶民に親しまれてきた芸能「落語」を始め、歌舞伎役者「人形浄瑠璃」特別公演など、「なにわ・上方文化」を中心に構成。

第33回倉敷音楽祭の日程別プログラム情報とチケット情報

※2018/12/13(木) 10:00~から一般発売開始されています。

第33回倉敷音楽祭の会場別チケット情報

2019倉敷音楽祭日程別プロブラムPick Up

3月9日(土)14:00~ ミュージカル「北前ザンブリコ」 →チケットぴあ)

於ける倉敷市芸文館 (※ホール ナビはこちら

出演予定アーティスト
予定プログラム
  • ミュージカル「北前ザンブリコ」 

聴きどころ&豆知識

宝塚歌劇団、劇団四季と並び称せられる、日本を代表する「創作ミュージカル」劇団の新作。

民芸調の「創作ミュージカル」は全国で老若男女を問わづ大衆の心をつかんでいる。

3月16日(土)17:00~ 松下奈緒コンサートツアー2019 〜Synchro〜→チケットぴあ)

於ける倉敷市芸文館 (※ホール ナビはこちら

出演予定アーティスト
  • 松下奈緒
聴きどころ&豆知識

彼女の自作曲をたっぷりと聞かせてくれる。

3月18日月曜日18:30開演 田中彩子 ソプラノ・リサイタル (→チケットぴあ

  於ける倉敷市芸文館 (※ホール ナビはこちら

出演予定アーティスト
  • ソプラノ独唱;田中彩子

予定プログラム
  • ヨハン・シュトラウス2世作曲;オペレッタから(作曲家・作品Navi はこちら)
  • リヒャルト・シュトラウス作曲;愛のキューピッド他(作曲家・作品Navi はこちら)

聴きどころ&豆知識

ヨハン・シュトラウス2世のワルツ「春の声」などの親しみやすい名曲からのアモール~ リヒャルト・シュトラウス作曲の難曲までご自慢の超絶技巧をご披露してくれる。

3月22日金曜日の公演から

18:30開演 Life is Songs ! 於ける倉敷市芸文館 (※ホール ナビはこちら)(→チケットぴあ)

元タカラジェンヌトップスター3人が贈る、ヒットメドレーの数々、熱烈な宝塚ファンならづとも必聴の一夜。

2019倉敷音楽祭の注目のアーティスト

劇団「わらび座」

(劇団Navi はこちら)

「衆人愛敬(しゅにんあいぎょう)」心を育てるビジネスを通して広く社会に貢献する事をモットーに活動している(株)わらび座」がプロモートしている「劇団」が「わらび座」。

劇団四季にも並び称せられる団体で、本拠地「あきた芸術村」のわらび劇場(※ホールNavi はこちら)以外にも全国で年間数百回の公演を行っている。

松下奈緒

NHK朝の連ドラ、『ゲゲゲの女房』でおなじみの女流ピアニスト・作曲家!彼女の自作曲の数々を演奏してくれる。

田中彩子

日本を代表する美人ソプラノ?22歳でベルンの州立歌劇場でソリスト・デビュー。以来、ウィーンを中心にヨーロッパで活躍。世界が注目する歌手。

元宝塚トップスター

一路 真輝、真琴 つばさ、香寿 たつきの元タカラジェンヌ3人組。熱烈な宝塚歌劇ファン以外にも、退団後の彼女たちにも新たなファン層が芽生えるなど、現役時代に勝るとも劣らない活躍を見せている。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

2019倉敷音楽祭の併催イベント情報        

  • 3月23・24日(土・日)00:00~ 市民創作ミュージカル「湊玉嶋刻紡ぎ」 於ける倉敷市玉島文化センター(※ホール ナビはこちら

オーガニゼーション(事務局)

倉敷市文化振興財団

Official Website http://arsk.jp/m-fes/

主催者(事業主体) 

 倉敷市、山陽新聞社、倉敷市文化振興財団

共催(共同参加)

倉敷市教育委員会

協賛(便乗参加)

 JFE21世紀財団 ほか

後援(パトロン)

文化庁、岡山県、岡山県教育委員会、朝日新聞岡山総局、共同通信社岡山支局、中国新聞備後本社、毎日新聞岡山支局、RSK山陽放送、RNC西日本放送、OHK岡山放送、KSB瀬戸内海放送、TSCテレビせとうち、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、エフエム岡山、FMくらしき。

倉敷音楽祭のこれ迄の歩み

1987年に第1回を開催し、回を重ねて今年で第33回を迎える倉敷音楽祭。


 

公開:2017年9月10日
更新:2019年2月20日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかやま国際音楽祭 2018 《 マミニャンのお気楽コンサートNavi 2018 》秋の岡山を彩る一大音楽ページェントTOPばらのまち福山国際音楽祭 《 マミニャンのお気楽コンサートNavi 2019 》 広島県福山市で開かれるばらのまち福山国際音楽祭


 



▲中国・四国地方のコンサートナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る