デジタヌの電脳道場

フルレンジSP伝説 《 オーディオ ライフ 》

<本記事は11/14/2014'タヌキがゆく'に初稿公開した記事のお引っ越し記事です>

エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ

第6回 音の良いフルレンジスピーカー列伝

"ダイヤトーンの16㎝フルレンジスピーカーユニット P-610"

フルレンジスピーカーといえば、今やレジェンド!とまでなっている名器
"ダイヤトーンの16㎝フルレンジスピーカーユニット P-610"

このスピーカーは、今は無き!BTS(放送技術規格)に始めて合格したスピーカーユニットとして有名

オリジナルP-610では再生周波数帯域80~10KHzでAM放送の公称伝送帯域100 Hz~7,500 Hzをクリアしていた。そして最終型P-610MA/MBでは 70~20KHzをカバーするまでに至った。


P-610に次いで有名なのはご存じBOSEの101シリーズに使われていた11.5㎝ユニット。スピーカーシステムとしては70~17Khzの帯域をカバーしていた。 

故長岡鉄男さんが愛したフルレンジスピーカー FE103

もう一つ有名なのが、故 長岡鉄男さんが生前気に入って贔屓にしていた、フォステクスの10㎝フルレンジユニットFE103シリーズ。最新型FE103Enではこれもf0(最低共振周波数)~22KHz以上をカバーしている。

ただしこれらのスピーカーは低域が伸びていない!よって、何らかの手段でこの重低音の部分を補強しないと。今時のハイファイ録音のコンテンツには対応できない。

ただし、ドス~ン音?には変えられない、楽器の"響きの豊かさや,音の艶、音の表情の変化といった音色変化を通じて奏者の熱気の様なモノが伝わってくるような気がする。


続く。

デジタヌのおすすめスピーカー
手軽に長岡サウンドが楽しめるP1000-E +P1000K+YAMAHA YST-SW010

【自作スピーカーセット】《フォステクス》FOSTEX P1000K+P1000-E (1ペア) 《自作スピーカーセ...

【自作スピーカーセット】《フォステクス》FOSTEX P1000K+P1000-E (1ペア) 《自作スピーカーセ...

公開:2014年11月14日
更新:2018年8月28日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

名機対決 JBL A520 vs ONKYO D202 《 オーディオ ライフ 》TOP故長岡鉄男氏の目指したサウンドとは? 《 オーディオ ナビ 》




▲デジタヌのオーディオ道へ戻る

 

ページ先頭に戻る