音響研究室便り『旅するタヌキ』

建築音響デザイン研究所

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

長年音響工学関連会社のセールス・エンジニアを務めてきた、特許ホルダーの出自多留狸(デジタヌ)が、半世紀に及ぶ研究成果をまとめたレビュー集。コピペ、登用?大歓迎!(著作権フリー)のノウハウ集!

スポンサード リンク

 

ウィーンフィルが"どさ周り"する現代では大都市の巨大ホールは役目を終えた?...
1950年代は高度成長期に差し掛かっていたとはいえ東京、大阪、名古屋、福岡以外の地方空港の整備も行き渡っていなかった...当時は娯楽も限られており、東京・大阪の2大都市には収容人員4000人を越す大劇場が多数有り、大衆娯楽の聖地「浪速」には「地方」から大挙してお上りさんが"夜行列車"で「舞台芸術の聖地巡礼」に訪れ大商業ホール・大芝居小屋は「我が世の春を謳歌」していた。
自画自賛『 ラーメン店と コンサートホール 』の共通点!?《 コラム 令和元年 》
「自賛飲食店に旨い店無し!」とは「グルメ記者・評論家」の定説ですが、同じことが「コンサートホール」にも当てはまります。殆どのホールは根拠に乏しい「自賛コピー」で自らを飾り立てています。甚だしきは、「xx氏がデザインしたホールで素晴らしい音響効果を持っています...」等と喧伝しています。しかし有名建築家がデザイン(設計)しても「駄作は駄作」にしかすぎません!
日本の" オペラハウス "列伝!
Opera はイタリアではなどのラテン語圏、英語圏では音楽劇を差し、ノルマン圏ではWiener Staatsoper(ウィーン国立歌劇場)に代表されるように歌劇段・歌劇場双方に使われる単語ですが... 日本では英語圏のMetropolitan Opera House(メトロポリタン歌劇場)に代表されるように歌劇と歌劇場は別々の単語となっています。
全国から テルサ が消滅する日は近い?...テルサ事業の行方
役人は自己の「メリット」が無くなると「行政合理化」を錦の御旗に役人に取っての「不要不急」施設を、巧妙な手口でどんどん切り捨てる...。旨味とは、我が身の将来=天下り先=再就職先としての温存「外郭団体」のことであり、直属事業として復帰した公共事業では「将来の糧」とはならづ、簡単に切り捨て新たな不要不急施設建設に邁進する?
狸穴総研 建築音響デザイン研究所 のご案内
日本全国の 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 伝統的芝居小屋 などを主に音響面にフォーカスして開設した ナビ 記事を集めたコーナーのメインメニューテーブル。
全国の 温泉町 にお見舞いと町おこし策の提案
バブル経済"消泡"後の(企業福利厚生費の削減で)団体客利用が無くなり倒産する"大型観光ホテル"が相次いで、税収基盤(固定資産税)を失い、おまけに従業員の離散で人口までも激減してしまった町村の観光課・振興課の担当者の方は肩身の狭い毎日を送っておられることでしょうが...
伝統的芝居小屋こそ地方で役立つ "真の多目的ホール" では? 《芝居小屋2017》
シリーズ「歴史的木造建造物蘇生」。芝居小屋は寺院同様に「活きた文化財」でなければ成らないし、そうでなければ今後レトロブームが去った時、訪れる人も無くなり再度荒廃への道筋を辿る結果となってしまうであろう。デジタヌがいくつかの策をご披露。
大阪万博 に合わせ『東洋一のオペラハウス』を作りませんか?
音楽大好きのデジタヌの「叶わぬ夢?東洋一の歌劇場」を大阪万博開催に合わせ大阪市に作る夢物語。「東洋一の壮大なオペラハウス」を建設し、文化都市「大阪市」を全世界にアピールしましょう!
後世に残したい真の"銘コンサートホール"74選 『建築音響工学総覧 』プロローグ 
お住いの近隣エリアで聞きたいアーティストのコンサートが数公演予定され、どこに行けば「一番感動できるか・会場選び」で頭を悩まされた経験はありませんか?そこで演奏家、聴衆双方にとって満足できる真の銘ホールを厳選してみました。
『建築音響工学総覧 』第1巻 地方公共団体のホール計画
公共ホールも個人宅も、先ずは資金の目処を立ててから。新耐震基準不適合と施設老巧化を「錦の御旗」に、数多くのホールリニューアル計画が水面下で検討されているようですが...いずれの計画も「最初に(興業)規模ありき」では... 自治体の「身の丈に合った規模と予算」で堅実なホール計画をすることこそ一番大事なのではないでしょうか?
『建築音響工学総覧 』第2巻 音響工学の基礎知識(音の反射と指向角 )
建築音響デザインを志すデザイナー(設計者)にとって、最も重要な重要な基礎知識、音の反射と指向角についてまとめました。
多目的ホールでの諸悪の根源 過大な エコー 『建築音響工学総覧 』第3巻 
何故「ワンワン」エコー渦巻くホールがいけないのでしょうか... 「ワンワン」エコー渦巻くホールは健常者・障碍者両者に重大な健康被害!を及ぼします! 過大なエコー(初期反響)は更に重大な"定在波音響障害のトリガー"ともなり、ホールにおける"諸悪の根源"といっても過言ではありません! "反響処理が不十分なホール"では健常者にとっては「聴覚と視覚情報との不一致」による「ホール酔い」に繋がり「気分が悪くなったり」します!
定在波 ( standing wave )と音響障害( disturbance)『建築音響工学総覧 』第4巻 
定在波とは"通り過ぎていく"音波"ではありません!両壁間に停留して、Bad modification(改悪)!を行う「Amplitude modulator 」音圧変調ゾーンです!ホールデザイン上で配慮すべき点としての「諸悪の根源」定在波の正体を、身の回りの現象を例にわかりやすく解説し、あわせて定在波が引き起こす「特定周波数の音が消失したり」「幽霊楽器」が聞こえたりするミステリーエリア現象について、理論式・実例などを交えて解説し、その駆逐法と音響障害回避法も併せて掲載し、ホール品定め?のガイドラインを記述しています。
残響 残凶?大便覧!『建築音響工学総覧 』第5巻 
仕組まれた"都市伝説"『音の良いホールの条件 残響時間2秒以上 信奉』を史実をもとに、仕組まれた経緯と脳科学・音響工学両面から一刀両断に!1982年ザシンフォニーホール建設にかかわった関係者の証言を交え論理的に否定するコラム。都市伝説誕生の裏にはホールオーナーの傲慢ともいえる「演奏家・音楽家を見下した」思い上がった自己主張・個人的趣味の押し付けが隠されていた!
『建築音響工学総覧 』第6巻 応用編 " Backstage-Chamber Resonance Technique"
"音響チャンバーバランス法?"聞きなれない手法ですが共に多目的ホール・コンサートホールの音響改善を図るには有効な手法です。
『建築音響工学総覧 』第7巻 現代の3大迷発明?!
アダプタブルステージ、残響調整装置、そして可変容積ホール別名「3大珍発明?」とも呼ばれており、コストパフォーマンスの悪い設備でしかも稼働率も悪い?いずれもまともなホール設計をしておけば必要のないいわば「不要不急」の設備で、戦時中であればまちがいなしに「金物供出」の餌食になった設備である。
『建築音響工学総覧 』第8巻 奇妙奇天烈 奇怪 面妖 摩訶不思議 な "迷ホール!"
全国に3千ケ所以上あるといわれる「公共ホール」!このうちの半数以上が「奇妙奇天烈・奇怪・面妖・摩訶不思議」なホール達となっています!クライアント(施主)の無理な要求、デザイナーの過度のお遊びや自己主張から生まれた実用性無視の造形作品?...そんな数々の「迷作」のほんの一例を、「迷作」たるが所以とともに解説した全国迷ホール?列伝リンク集。
音の良いホールの"条件"と"評価法"について『建築音響工学総覧 』付属書 (1) 
優れたホールの条件とは、真近で聞こえた「生楽器の音色」がホール隅々まで「変化しないで行き渡り」、どこで聞いてもスタインウェイはスタインウェイ、ベーゼンドルファーはベーゼンドルファーの音色が聞こえて来なければならないのではないでしょうか...
『建築音響工学総覧 』付属書 (2)新 音響測定法 の提案 
都市伝説・良いホールの条件「残響2秒異常?」が一人歩きしてしまい、後のホールデザインにおける「足かせ」の一つになってしまったのも事実であり佐藤武夫先生達の先駆者が確立した定在波対策が軽んじられ,「エコーさえかかっていればどんな代物でも良い」という「エコー信奉」が幅を利かすようになったのは誠に嘆かわしい限りではある。そこで新たなる音響測定・評価法を検討してみた。
新耐震基準不適合と建て替えビジネス《コラム2017》昭和56年以前建設の公共ホールが狙われている! 
耐震強度不足解消とコンサート専用ホール建設プランをセットにした「ホール立て替え商法」に踊らされている痴呆自治体に警鐘を鳴らす。1981年以前に建設された耐震補強を施せば、まだまだ現役で頑張れる公共ホールが、2000年以降「耐震強度不足」を錦の御旗に次々と建て替えられている...
レトロブーム? 《芝居小屋2017》
シリーズ「歴史的木造建造物蘇生」。最盛期全国に3000件以上有ったと言われているおらが町の「芝居小屋」。現在その多くが姿を消し、変わってお上の有難い(補助金付きの)ご沙汰で、ほぼ同数の市民会館・公民館などという、鉄と、コンクリートでできた「モダン・ホール」に取って代わられてしまった。
歴史的文化施設の施設維持・永続策について 《芝居小屋2017》
シリーズ「歴史的木造建造物蘇生」。芝居小屋は公共施設、施設は自治体所有とすべし。民間や、NPOでは運営・施設維持管理が手に負えなくなり、最後は廃墟とならざるを得ないだろう。
日立市の愚例! 《芝居小屋2017》
日立市の誇る有形文化財「共楽館」の置かれた現状とは。
永田音響設計は神ではない!《 コラム2017 》もしかしたら...
ホールの音響は投資金額で決まってしまう場合が多い!理由と、永田音響設計の手がける芸術作品?のコンセプトと、彼らとて人の子「全能の神」等では無く、「(資金に)困ったときの永田音響設計頼み」は成立しない!理由について。2019年7月1日深夜未明に放映されたNHKドキュメンタリー番組の最新情報を交えて考察した一文。
老ホール に朗報 預言者 YAMAHA 現る!
新耐震基準施工以前に立てられた1950年代以降の「荒くれ・老ホール」の処遇に頭を悩まされている「自治体施設担当者」のみなさまに「朗報」、建て替えなくても「更生・蘇生」させて立派な紳士(文化施設)に生まれ変わらせる事が出来るかも!
公立文化会館・支配人資格認定制度の制定を望む 《コラム2017》
図書館には「(図書館)司書」」の資格(文科省管轄国家資格)をもった文官が普及しはじめたが、「コンサートホール」の切り盛りができる、資格認定制度の制定も望まれる。現状ホール運営に長けた「支配人」の養成コースが舞台芸術関連大学に整備されていないのも問題の一つではあり「支配人」養成カリキュラムの設置と人材養成が望まれる。

全国野音ナビ

全国には有名無名含めて数多くの野外音楽施設が有り、ポップス関連の野外コンサートに限らず、広くクラシックイベントにも供されています。日本の伝統芸能である地歌舞伎(農村歌舞伎)の舞台も元はこの形式(野外ステージ)で日本全国に舞台だけの施設が数多く残っています。

北海道 の劇場 コンサートホール ナビ

北海道 にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメニューテーブル。

東北 の劇場 コンサートホール ナビ

東北 にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

北関東 の劇場 コンサートホール ナビ

北関東(茨木県、栃木県、群馬県)にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

首都圏 の劇場 コンサートホール ナビ

首都圏エリア(東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県)にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

甲信越 の劇場 コンサートホール ナビ

甲信越 ( 山梨県 長野県 新潟県 ) にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。。

北陸 の劇場 コンサートホール ナビ

北陸 ( 富山県 石川県 福井県 )にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

東海 の劇場 コンサートホール ナビ

東海エリアの 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県 にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

近畿 の劇場 コンサートホール ナビ

近畿 エリア 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

山陽 山陰 の劇場 コンサートホール ナビ

中国地方 の 山陽エリア 岡山県 広島県 山口県 と 山陰エリア にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

四国 の劇場 コンサートホール ナビ

四国 エリア 香川県 愛媛県 高知県 徳島県 にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。

九州・沖縄 の劇場 コンサートホール ナビ

九州 エリア 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 にある 音楽専用ホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのについての音響評論記事《 ホール音響 ナビ 》を集めたコーナーのメインメニューテーブル。


 



▲ホームへ戻る

 

ページ先頭に戻る