『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

阪急・阪神グループ 調査班

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

阪急阪神ホールディングスの完全持株会社として義兄弟の契りを結んだ半休?電車・半身?電車について、不休の努力?と全身全霊(感)を使い切って「まじめに論評」!したコラム。

スポンサード リンク

 

阪神電車の醍醐味は各駅停車!" ジェットカー "の胸のすくような加速!
関西のテッチャンにとっての阪神電車の魅力は直通特急でも無ければ快速急行でもない、言わずと知れた「ジェットカー」を使用した「各停」!
神戸電鉄 は大都会の"市街地を駆け登る!登山電車"
東京一極集による転出者増と中少子高齢化、による沿線利用客の減少、競合路線の登場、など大都会の市街地を昇り降りする「登山電車」神戸電鉄はあらゆる意味で転機を迎えようとしているといえる!神戸市のLRT市内トラムライン復活構想にも合致する「市民の頼りになる足」を目指して「市電」?に戻るべき時期ではないだろうか?!
なにわ筋線十三支線と淡路駅周辺連続立体交差化都市計画事業との"関連"とは
《概要》歴史に"もしもあの時"はありませんが...大阪市の横やりが無く、阪急・京神連絡線計画が実現していたならば、新大阪駅北側一帯は、新横浜駅北口一帯のように大躍進を遂げていたでしょう!
阪急淡路駅周辺連続高架都市計画事業は完工できるか?
《概要》最近土建屋系の一部のYouTuberが淡路駅周辺連続高架事業の"失態"を弁護する投稿を行っていますが、これは明らかに当時の大阪市都市計画局の"調査不足"による失態であり、その後も事業を容認し続けてきた現「維新の会」市政の責任ともいえます!
"阪急阪神グループ"として「阪急・大阪梅田駅偏重」の姿勢を改める時期では?...
《概要》育ての親「故小林一三氏」が日本に持ち込み、関東の東急にも影響を与えたInterurban(高速電気軌道 )による、利益誘導型の軌道事業・デベロッパービジネスは大成功をおさめ、民営化したJR各社など鉄道事業者で広く採用されている定番ビジネスモデルとなりましたが...terminal station(終着駅)に全ての路線を終結させる手法は、現代のMetropolis(大都市)には馴染めなくなってきました!
待たずに乗れる 阪神電車 の再来には巨額投資が...
甲子園駅の朝7時台の上りは20本、夕刻ラッシュ時17・18時台にはなんと21本!現在の閉塞区間方式阪神型ATSではこれが限度でしょう!デジタルタイプのATC&ATOに設備更新すれば 時間30本迄増発できて更なるの高密度運行も可能となりますが...
なにわ筋線十三支線を建設しても 阪急 宝塚本線 の混雑 緩和 には繋がらない
《概要》十三⇔大阪梅田間のボトルネックを解消して、輸送力の限界にさしかかっている「宝塚本線」の混雑はどうすれ」解消できるでしょうか? 退避設備のある追い越し駅が少なすぎる!事による「鈍間↑↓低輸送密度」が原因の「負のスパイラル」解消!が...当面は「蛍池と服部天神に通過線」を設けて急行通過駅!にする以外には混雑緩和の手立ては...
阪急電車 四つ橋筋線 直通 についての2つの夢物語
《概要》現在「国・大阪市」と(建設費捻出で)協議中のなにわ筋線「十三盲腸線」計画だが、十三ー梅田間の逼迫した輸送力改善?につながっても、関空までは乗り入れできない!4つ橋筋線をトラム化し、宝塚本線と相互乗り入れできるようにすれば...阪急大阪梅田駅の一極集中・大混雑は回避できて!かつ四つ橋線の西梅田⇔大黒町間の利用率(営業係数)改善にもつながる!
阪急 今津線 の 阪神 本線直通!移籍案...な~んていかがでしょうか?西宮市さん
今でこそ「 義兄弟の盃 」を交わした両社ですが、かつては何かにつけライバル意識剥き出しで「阪神間の覇権争いをしていた」両社でしたが...阪急今津線を、「阪神電車」に移籍させて、宝塚と大阪難波を直結しましょう!という夢物語。阪急阪神ホールディングスだからこそ成し得る快挙! では...
阪急は大阪空港廃止後?跡地転用ニュータウンのアクセス路線を目指している!?...
《概要》少子高齢化、東京一極集中による沿線旅客需要の先細り予測と、現状の宝塚本線「十三(じゅうそう)⇔梅田」間の「輸送力改善問題!」この矛盾する難問に対する答えが"なにわ筋線"参入表明と"意図不明な阪急大阪空港連絡線計画???もしかして『関空・大阪空港直結連絡線』建設が狙い?...てなことあるわけないので!本当は...
廃止問題 に揺れる 神戸電鉄・粟生線の緑ヶ丘駅以遠は廃線への(鉄)路を?但し三木市・小野市が和解すれば...
《要約》上下方向共に、アップダウンの連なるジェットコースター路線 神鉄粟生線は鉄チャンには、堪らない魅力をhなっていますが、このことが仇となり、スピードアップや省エネ化・省力化が難しい路線となっています。並行する、一般道の整備が進み、沿線利用客は"高速バス"に移り、今や"風前の灯火"状態となっています。但し、神戸市に梯子(鈴蘭台⇔押部谷間)を外されない限りは、三木市・小野市で支えることもできるでしょう!?
阪神 姫路線の旅? 姫路行" 直通特急 "を乗り通してみて...
阪神・姫路線?を走行する阪神8000系電車は阪神本線での欲求不満を解消?するかのように「水を得た飛び魚?」のごとく、最高速度110㎞/hで"飛ばす飛ばす"これぞ真の特急!!
阪急 は 中津 と 天六 を" 茶屋町新線 "で結んで神戸線・京都線の一体運用を目指すべきでは...
《概要》大阪を取り巻く交通事情は変化し、少子高齢化境になっても京都・大阪・神戸主要3都市への3極集中?は加速されて、インターアーバン路線阪急電車の役割はますます大きくなっていくでしょう!


 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る