『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

首都圏 私鉄 調査班

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

首都圏をテリトリーとしている、株式公開されている完全民営交通事業者について、「こんなものだろう」「これで当たり前なんじゃない…」「仕方ないでしょう…」事柄について、解決策を模索したコラム集のトップカテゴリーページ。

スポンサード リンク

 

相鉄・海老名駅前は 203X年JR羽田空港アクセス線完成でオフィス街 へ大変貌!目ざとい事業者は既に...
《概要》長らく、神奈川県下・横浜都市圏のキャットウォーク(犬走り)を走り回ってきた?そうにゃんが、2019年11月に垣根を越えて相鉄新横浜線を "切り開いて"、東京まで"お散歩"できるようになったわけですが、いよいよ来年2022年度下期(10月以降)には、待ちに待った東急新横浜線開業で、帝都東京の中心地大手町(お堀端)までcatwalk?がつながる見通しとなり、"そうにゃん" のお家も「東京大都市圏交通」の"隣組"に入れそうになってきました!更に203X年には...
《明るい未来へ走り続ける流鉄 ライン!》流山市・野田市が都心直結を目指す(鉄)路はメトロ8号線だけではない!
《概要》流山市の強い熱意で"ほぞ細と生きながらえている"おらが町の鐡道"流鉄ラインですが...202X年に常磐東京ラインが開業出来れば、流鉄ラインは、一躍表舞台に躍り出れるかも!
東急が大井町線を見捨てて羽田空港に直通出来ない蒲蒲線プロジェクトに転線した理由とは...
《概要》限界に差し掛かっている、田園都市線のバイパスルートなら大岡山で"転線"して目黒から都営三田線に直通させてもらってもかまわなかったはずですが..." りんかい線 "直通を目指せば、少子高齢化で沿線利用客の低迷が懸念されている、多摩ニュータウンへ通じる田園都市線の路線価値が見直されて...
新京成 京成千葉線 千原線 が "21世紀を走り抜ける!" ためには LRT 路線への転線が...
《概要》新京成ラインは21世紀の大都市近郊ラインのお手本になるかも?戦前の日本陸軍鉄道部隊はなんと「素晴らしい先見の明がおありだったのでしょうか!」感服いたしました!京成千葉線、千原線を完全に新京成線に統合してリファイナンスで京成電車とは切り離して「新新京成LRTライン」として、再出発してみてはいかがでしょうか?
流山市・野田市の都心直結の夢はアーバンパークライン・千代田線直通が最も"安上がり!"で早期実現にも...
《概要》アーバンパークラインとJR常磐緩行線(千代田線)との間に渡り線が親切されれば、常磐緩行線・千代田線と直通運転が可能になり、座ったままで楽に通勤出来て(つくばエクスプレス乗り継ぎより)100円以上も安上がりになり、所要時間も分程度しか変わりません!将来的には常磐(新金・越中島)快速通勤ラインで日本のウォールストリートにより"短時間"で...
203X年 小田急 ロマンスカー が 相模線 茅ヶ崎 駅 から湘南ボーイを乗せて新宿 に ?...
2027年のリニア中央新幹線橋本駅開業で、湘南エリア・アクセス路線JR相模線が見直されて、玉突き効果で、多摩線・上溝延伸が実現して、同時に茅ヶ崎→小田急新宿間の直通運行も開始されることになるでしょう!
江ノ電の勝手踏切問題を解決するには廃線にして廃止する以外には...
《概要》"勝手踏切"問題は江ノ電だけではありませんが、尊い人命を失う「重大インシデント」を起こした以上は...沿線自治体が責任をもって対処すべきでは?『亡くなられた方のご冥福を祈り、ご遺族の方に心よりお見舞い申し上げます。』
西武新宿線の殺人的混雑解消は東京メトロ東西線延伸で実現できる
《概要》今まで(2021年7月)まで、『東京メトロ・都営地下鉄の事業統合が実現しない限りは、"一切の新線建設計画"には同意しません!』と言う姿勢を取り続けていた東京都(庁)が、同年7月15日に、『東京メトロ8号線建設と、仮称品川地下鉄(南北線⇔リニア中央新幹線品川駅延伸についての計画Scheme(企て!)を協力して推し進めたい!』と態度を急変させました!つまり東西線田無延伸も夢では!無くなりました。
京王線 沿線住人は 東京都 に 複々線化 を阻止されても 忍法" 京王ATC "のおかげで...
《概要》ハイテク(京王ATC)のおかげで「詰めれるだけ間を詰めて」先に進んでさえいれば、騒音公害より開かずの踏切のほうがまだまし!?というご理解ある沿線住人・利用者の方がたの暖かい声援に励まされて「のんびり走ってても」叱られません!でもリニア中央新幹線橋本駅が開業して、相模原市の"おじさん達"が緑区まで足を延ばさせてくれたら...東京都の"オバさん"も気が変わって...
鉄道友の会へ"シルキー・レール賞"制定の提案!《 首都圏Acces Watch》
乗り心地とレール重量(規格)は比例しない! これが私の得た結論で有る。小生にとっていつ乗っても"西武の乗り心地"はエクセレント!で有る。"良く手入れされた鉄路のお手本"である様に思う


 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る